ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

本文

社会資本総合整備計画

記事ID:0003862 更新日:2020年11月30日更新 印刷ページ表示

 筑紫野市では、以下の社会資本総合整備計画を作成し国土交通大臣に提出しています。
 また、社会資本総合整備計画事業を実施するにあたり、目標の妥当性や計画の効果・効率性、計画の実現可能性についての検証を行うため、事前評価を実施しました。
 なお、社会資本総合整備計画の最終年度終了後には、事業の進捗状況および事業効果の発現状況等の事後評価を行っています。

計画一覧
計画の名称 計画期間 整備計画 事前評価 事後評価
安全で住みよい拠点地域整備によるまちづくり 平成25年から
平成29年度
整備計画[PDFファイル/81KB] 事前評価書[PDFファイル/42KB] 事後評価書[PDFファイル/1.3MB]
安全で住みよい未来をつくるまちづくり
(第2回変更)
平成30年から
令和4年度
整備計画[PDFファイル/200KB] 事前評価書[PDFファイル/42KB]

Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)

皆さまのご意見をお聞かせください

お求めの情報が充分掲載されていましたでしょうか?
ページの構成や内容、表現はわかりやすかったでしょうか?
この情報をすぐに見つけられましたか?

筑紫野市内の土地区画整理事業