ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > 分類でさがす > くらし・手続き > 環境・ペット > ペット・野良猫 > 狂犬病予防集団注射の実施について

本文

狂犬病予防集団注射の実施について

記事ID:0010533 更新日:2021年4月1日更新 印刷ページ表示

令和3年度 狂犬病予防集団注射を実施します 

※天候や新型コロナウイルス感染症の感染拡大状況によっては、中止や延期することがあります。その場合はこのページでお知らせしますので、来場する前にご確認ください。

新型コロナウイルス感染症の拡大防止のため、集団注射会場へ来場の際は次の項目にご協力ください。

  1. 風邪や熱の症状がある人は、来場をお控えください。
  2. 来場の際は、マスクの着用やせきエチケットにご協力ください。
  3. 列に並ぶ際は、注射会場に設置しているコーンの位置に立ち、前後の人と間隔を空けてください。
  4. 帰宅後は、手洗いうがいやアルコール等で消毒をしてください。
  5. 可能な限り少人数でご来場ください。
  6. 新型コロナウイルス接触確認アプリ「Cocoa」のインストールにご協力ください。
  7. 送付した通知文書の住所や電話番号の記載に変更・訂正がある場合は朱書きで修正して、注射会場までお持ちください。

狂犬病予防集団注射日程表 

※会場名をクリックすると会場周辺地図のページへ移動します。

令和3年度狂犬病予防集団注射日程(5月分)
月日 (曜日) 会場 時間

5月27日(木曜日)

馬市公民館 9時30分 から 9時40分
隈公民館 10時00分 から 10時15分
美しが丘北公民館 10時35分 から 11時05分
原田新町分館 11時25分 から 11時50分
美しが丘南公民館 13時20分 から 13時45分
筑紫南コミュニティセンター 14時05分 から 14時55分
 5月28日(金曜日) 北杉塚公民館 9時30分 から 9時40分
塔原公民館 10時00分 から 10時20分
天拝坂公民館 10時35分 から 11時25分
曙町公民館 13時00分 から 13時20分
京町児童センター 13時40分 から 14時00分
立明寺公民館 14時25分 から 14時40分
 5月31日(月曜日) 御笠コミュニティセンター 9時30分 から 10時10分
上阿志岐東公民館 10時30分 から 10時45分
天山公民館 11時05分 から 11時20分
牛島公民館 13時00分 から 13時30分
筑紫野市役所 13時50分 から 14時50分
令和3年度狂犬病予防集団注射日程(6月分)
月日 (曜日) 会場 時間
6月6日(日曜日) 生涯学習センター 9時00分 から 10時30分
6月11日(金曜日) 永岡隣保館 9時30分 から 10時00分
桜台公民館 10時20分 から 10時40分
岡田隣保館 11時00分 から 11時30分
筑紫コミュニティセンター 13時00分 から 13時40分
美咲隣保館 14時00分 から 14時10分
光が丘公民館 14時30分 から 15時00分
6月14日(月曜日) 宮の森公民館 9時30分 から 9時55分
葉光ヶ丘集会所 10時15分 から 10時40分
竜岩自然の家 11時00分 から 11時15分
山家1区公民館 13時00分 から 13時10分
山家コミュニティセンター 13時30分 から 14時00分
6月15日(火曜日) 平等寺公民館 9時30分 から 9時45分
山口区ふれあい広場 10時05分 から 10時25分
山口コミュニティセンター 10時45分 から 11時20分
むさしヶ丘公民館 13時00分 から 13時25分
上古賀公民館 13時45分 から 14時00分
生涯学習センター 14時15分 から 14時55分

手数料 

  • 新規 6,150円(登録されていない犬)
    内訳 (登録3,000円、注射2,600円、注射済票550円)
  • 継続 3,150円(登録をしている犬)
    内訳 ( 注射2,600円、注射済票550円)

※おつりが出ないよう、ご協力お願いします。

受付要領

  • すでに登録済の人は、犬の問診欄に記入のうえ、集団注射案内通知を持ってきてください。
  • 市外から転入した人は、会場では手続きができませんので、筑紫野市役所環境課窓口で登録事項変更の手続きをしてください。
  • 新規登録の人は、会場で登録の手続きをしてください。
  • 必ず首輪をしっかりと締め、丈夫なひも等でつないで、犬を押さえられる人がお越しください。
  • 当日、犬が下痢をしていたり、妊娠中や生理中であったり、発情していた場合は、会場に連れて来ても注射できません。また、体調が良くて会場に連れて来ても、犬を押さえられなかった場合は注射できませんので、後日必ず動物病院で受けてください
    ※その場合、料金が違いますので動物病院でご確認ください。

関連リンク 動物を飼育する方向けQ&A (厚生労働省)

動物を飼育する方向けQ&A<外部リンク>

狂犬病予防注射はなぜ必要?

 狂犬病は、現在も発生しており、世界で年間約6万人の人が死亡しています。日本でも、昨年の5月にフィリピンから来日した人が、フィリピンで狂犬病ウイルスに感染しており、国内で発症した後に死亡したことが確認されています。国内でもいつ発症するか分からない病気です。

 発症すればほぼ100%死に至る恐ろしい病気ですが予防することはできます。1年に1回、飼い犬に必ず狂犬病予防注射を受けさせましょう。

世界における狂犬病の発生状況(厚生労働省ホームページ)<外部リンク>

皆さまのご意見をお聞かせください

お求めの情報が充分掲載されていましたでしょうか?
ページの構成や内容、表現はわかりやすかったでしょうか?
この情報をすぐに見つけられましたか?