ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > 分類でさがす > くらし・手続き > 環境・ペット > 自然・生きもの > 犬の飼育状況が変わったときの手続き(転居、死亡など)

本文

犬の飼育状況が変わったときの手続き(転居、死亡など)

記事ID:0003581 更新日:2020年11月30日更新 印刷ページ表示

 飼い主や飼い犬の登録情報に変更がある場合は、市町村への届出が義務付けられています。

犬と飼い主のイラスト

転居(市内→市内)

市環境課で住居変更の手続きをしてください。

犬の登録事項変更届出書[PDFファイル/1.2MB]

※電子申請を利用したインターネットを通じての届出も可能です。

 電子申請を利用される人は「ふくおか電子申請サービス」<外部リンク>をクリックしてください。

 

転出(市内→市外)

 転出先の市町村で転入の手続きをしてください。

転入(市外→市内)

 前住所地での登録鑑札を持参して市環境課で手続きをしてください。新しく筑紫野市の鑑札と無償交換します。

 (登録鑑札を紛失した場合も、手続きは可能です。前住所地での登録が確認できるようなもの(集団注射の案内ハガキや封筒、注済票等)があれば持ってきてください)

譲渡

 市環境課に譲渡する・したことを連絡してください。また、登録鑑札と注射済票を新しい飼い主に渡し、登録を変更する必要があります。

引渡

 飼い犬は終生飼養が原則です。どうしても飼うことが難しくなった場合のみ、事前に保健所に相談してください。保健所へ飼い犬を引き渡したときは、登録鑑札および注射済票を市環境課に提出してください。

死亡

市環境課への死亡の届出と登録鑑札および狂犬病予防注射済票の提出が必要です。

犬の死亡届出書[Wordファイル/30KB]

※電子申請を利用したインターネットを通じての届出も可能です。

 電子申請を利用される人は「ふくおか電子申請サービス」をクリックしてください。<外部リンク>

 

鑑札・済票の紛失

 市環境課で再交付の手続きをしてください。(再交付手数料 鑑札1,600円・済票340円)登録鑑札・注射済票は犬に装着することが義務付けられています。

Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)

皆さまのご意見をお聞かせください

お求めの情報が充分掲載されていましたでしょうか?
ページの構成や内容、表現はわかりやすかったでしょうか?
この情報をすぐに見つけられましたか?