ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > 分類でさがす > くらし・手続き > 税金(個人) > 所得・課税証明書 > 新年度の所得・課税証明書の発行開始日

本文

新年度の所得・課税証明書の発行開始日

記事ID:0013003 更新日:2021年5月7日更新 印刷ページ表示

令和3年度(令和2年中の所得に関する)所得・課税証明書の発行開始日は以下のとおり確定しました。

新年度の税額が給与から天引き(特別徴収)される人

令和3年5月7日(金曜日)から発行できます。

ただし、次の条件すべてに該当する人に限ります。

  • 1月1日時点で筑紫野市に住所を有している。
    (1月2日以降に転入した人は前住所地の市区町村にお問い合わせください。)
     
  • 給与支払報告書や確定申告書など、住民税算定の根拠となる資料が申告期限日までに受理されている。
     
  • 4月13日までに、給与支払者(勤務先)から新年度の住民税を天引きする旨の届出がされている。
     
  • 新年度の住民税が全額給与から天引きされる。
    (給与以外の所得があり、それらに係る税額を自分で納付する方法を選択した人は当てはまりません。)

 

上記以外の人

令和3年6月8日(火曜日)から発行できます。

  • 1月1日時点で筑紫野市に住所を有する人しか発行できません。1月2日以降に転入した人は前住所地の市区町村にお問い合わせください。
     
  • 申告期限日までに根拠資料が受理されていない人や、住民票の住所と実際の住所が違う人などはただちに証明書が発行できないことがあります。

 

証明書を取得する際の注意事項

  • 証明書を本人以外が取得する場合は、原則として委任状が必要です。窓口での申請手続きに必要なものをご確認のうえご来庁ください。
     
  • 郵便で証明書を取得する場合は、税務証明の郵便申請についてをご確認ください。
     
  • 証明書が発行可能となった直後は窓口が大変混みあいます。時間に余裕をもってお越しください。
     

皆さまのご意見をお聞かせください

お求めの情報が充分掲載されていましたでしょうか?
ページの構成や内容、表現はわかりやすかったでしょうか?
この情報をすぐに見つけられましたか?