ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

本文

筑紫野市病児保育事業

記事ID:0492456 更新日:2021年4月1日更新 印刷ページ表示

病児保育とは

子どもが、当面症状の急変は認められず、医療機関による入院の必要はないが、他の児童との集団生活が困難な場合で、保育所や幼稚園、小学校に通うことが困難な子どもを一時的に保育する事業です。

預けられる子どもの年齢

生後90日から小学校6年生まで

利用できる時間

平日 8時30分から17時30分まで
土曜日、日曜日、祝日、お盆、年末年始、医院休診日はお休みです。

利用定員

病児保育実施施設ごとに1日あたり4人まで

利用料金

子ども一人につき、1日2,000円です。
ただし、証明書を提出すれば提出した月の利用料金から、生活保護世帯は無料、市民税非課税世帯は1,000円になります。

  • 症状の急変により医療行為を行うことがあります。その場合の医療費は、利用料金に含みません。
  • 1月から6月は前年1月1日現在、7月から12月は本年1月1日現在で筑紫野市に住民登録のある世帯については、証明書を省略できる場合があるので利用施設にご相談ください。
  • 該当年度の所得が未申告の場合、利用料金は2,000円になります。申告や更正により所得状況が変更になった場合も遡って利用料金を返金することはできません。

利用の手続きについて

1.事前登録

利用を希望する場合は、施設ごとに事前登録が必要です(複数登録できます)。登録申込書を施設ごと、子どもごとに記入して、病児保育実施施設もしくは市保育児童課まで提出してください。

2.かかりつけの病院を受診

かかりつけの病院を受診し、病名および病状について医師連絡票を記入してもらってください。利用時に利用施設へ提出が必要です。

3.予約と申し込み

原則として、利用前日(8時から18時)までに利用施設に電話にて空き状況を確認し予約してください。
利用当日は利用申込書が必要です。また、利用時に投薬を依頼したい場合は併せて投薬依頼書を提出してください。
利用者が多い時や病気の内容によっては、お断りする場合があります。

その他、利用時にお持ちいただくもの

子どもの年齢により異なりますが、次のものをご用意ください。

保険証、子ども医療証、母子手帳、バスタオル、タオル、おしぼり、ビニール袋、着替え(下着含む)、食事用エプロン、投薬されている薬、お薬手帳、ミルク・哺乳瓶、おむつ、おしり拭き、昼食、おやつ、飲み物(水筒またはペットボトル)など。
その他詳細については、各病児保育実施施設へお問い合わせください。

病児保育実施施設・実施医院

病児保育実施施設一覧
施設名 電話番号 定員 住所 実施医院および電話番号
キッズケア二日市[PDFファイル/3.6MB] 092-924-2288 4人 筑紫野市二日市北2-1-3 山田小児科医院
電話番号 092-922-2665
ちくしのキッズデイケアハウス[PDFファイル/3.4MB] 092-402-2251 4人 筑紫野市美しが丘南7-7-2 もり小児科医院
電話番号 092-926-8155
  • 電話での申し込みやお問い合わせについては、病児保育実施施設におかけください。
    病児保育実施施設に電話がかからない場合は、実施医院にご連絡をお願いします。
  • 上記の施設名の部分をクリックすると、各施設のパンフレットが表示されます。

Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)

皆さまのご意見をお聞かせください

お求めの情報が充分掲載されていましたでしょうか?
ページの構成や内容、表現はわかりやすかったでしょうか?
この情報をすぐに見つけられましたか?