ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

本文

母子健康手帳の交付

記事ID:0003452 更新日:2021年4月2日更新 印刷ページ表示

母子健康手帳の交付についてコウノドリと赤ちゃんのイラストです。

 妊娠が分かったら、なるべく早めに市子育て支援課母子児童担当へ妊娠の届出をし、母子健康手帳の交付を受けてください。厚生労働省が推進している『健やか親子21』では、妊娠11週以下の届出が推奨されています。
 母子健康手帳は、妊娠の経過や出生後の子どもの発育や発達、予防接種の記録など、母子の健康状態を記録する大事なものです。大切に保管してください。

妊娠届出書に個人番号(マイナンバー)の記載と本人確認が必要となります。
届出の際は、手続きに必要なものを確認した上でお越しください。

 アンケートは妊婦さんご本人が記入しお持ちください。
 妊娠届出書は、妊娠の確定を行った医療機関から発行されます。遠方の医療機関などで市指定の様式がない場合は、印刷してご使用ください。

日時

母子手帳交付会
毎週火曜日(祝日・年末年始を除く)
9時30分から10時受付
※交付会に来れない場合や妊婦本人が来れない場合は、お問い合わせください。
 妊婦さんのための新型コロナウイルス感染症情報は、こちらをクリックしてください。(福岡県庁ホームページ)<外部リンク>

会場

筑紫野市役所 5階 504会議室

内容

  • 母子健康手帳や妊婦健康診査補助券の使い方の説明
  • 市の事業紹介
  • 妊娠中の生活についてのお話し
  • 個別面談

対象者

筑紫野市に住民票がある妊婦

持ってくるもの

本人が申請する場合

  1. 筆記用具
  2. 妊娠届出書(個人番号の記載が必要です。)
  3. 本人確認のために必要なもの(ア、イ、ウのいずれか)
    (ア)個人番号カード(1種類のみで可)
    (イ)個人番号通知カード、顔写真つき身分証明書1点(運転免許証、パスポート、在留カード、公的機関の交付する写真つき手帳 等)
    (ウ)個人番号通知カード、顔写真なし身分証明書2点(健康保険証、国民年金手帳、児童扶養手当証書等)

  ※個人番号通知カードは、氏名・住所に変更がない場合、または正しく変更手続きがとられている場合に限り有効

代理人が申請する場合

  1. 筆記用具
  2. 妊娠届出書(妊婦さんご本人が記入したもの。個人番号の記載が必要です。)
  3. ア、イ、ウのすべてを揃えて
    (ア)妊婦さんの個人番号カード(写し可)、または個人番号通知カード(写し可)
    (イ)代理人の顔写真つき身分証明書1点(個人番号カード・運転免許証・パスポート等)
    (ウ)委任状(任意の様式で結構ですが、必要な場合は上記よりダウンロードしてご使用ください)

  ※個人番号通知カードは、氏名・住所に変更がない場合、または正しく変更手続きがとられている場合に限り有効

Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)

皆さまのご意見をお聞かせください

お求めの情報が充分掲載されていましたでしょうか?
ページの構成や内容、表現はわかりやすかったでしょうか?
この情報をすぐに見つけられましたか?