ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > 分類でさがす > 健康・福祉 > 保険・年金 > 国民年金 > 退職して、厚生年金(共済年金)の資格を喪失したときの国民年金の手続きについて知りたい

本文

退職して、厚生年金(共済年金)の資格を喪失したときの国民年金の手続きについて知りたい

記事ID:0001115 更新日:2021年2月22日更新 印刷ページ表示

質問

会社を退職して、厚生年金(共済年金)の資格を喪失したときの手続きについて知りたい。

回答

 厚生年金(共済年金)の資格喪失日付で国民年金加入手続きが必要です。
なお、扶養している配偶者がいる場合には第3号被保険者から第1号被保険者への種別変更手続きも必要です。
 手続き後約1ヵ月で日本年金機構より国民年金保険料納付書が送付されます。
 銀行・郵便局・コンビニエンスストアなどでお支払いください。
 経済的な理由でお支払いが難しい場合は、国民年金保険料免除制度をご利用ください。

手続き先

 国保年金課医療年金担当窓口・年金事務所

手続きに必要なもの

  • 年金手帳(または運転免許証などの身分証)
  • 認印
  • 離職日の確認できる書類(離職票など)

 ※本人以外が代わりに手続きをする際には、委任状が必要な場合があります。

関連リンク

皆さまのご意見をお聞かせください

お求めの情報が充分掲載されていましたでしょうか?
ページの構成や内容、表現はわかりやすかったでしょうか?
この情報をすぐに見つけられましたか?