ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > 分類でさがす > くらし・手続き > 土地・建築・交通 > 道路・駐車場・駐輪場 > 筑紫野市交通等バリアフリー基本構想について

本文

筑紫野市交通等バリアフリー基本構想について

記事ID:0001032 更新日:2020年11月30日更新 印刷ページ表示

安全で快適な都市施設の整備にむけて

つくしちゃんファミリー

筑紫野市では、高齢者や障害者のみならず、すべての人が円滑に移動できる社会(バリアフリー)を推進するために、バリアフリー新法に基づき、交通等のバリアフリー化の基本方針、整備計画、重点整備地区を定めた「筑紫野市交通等バリアフリー基本構想」を策定をしました。
 同基本構想では、短期・長期的な事業を含めて高齢者や障害者などが日常生活において利用する施設及びそれへの道路などのバリアフリー化を一体的・総合的に推進していくための基本的事項を定めています。

※重点整備地区:JR二日市駅ならびに西鉄二日市駅、西鉄二日市南新駅(仮称)およびその他の関連施設を包括的に含む範囲です。

筑紫野市交通等バリアフリー基本構想

筑紫野市交通等バリアフリー基本構想概要版はこちら[PDFファイル/513KB]

※ご覧になりたい項目をそれぞれクリックしてください。


交通等バリアフリー基本構想について詳しく知りたい方は→ 国土交通省ホームページへ<外部リンク>

 

Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)

皆さまのご意見をお聞かせください

お求めの情報が充分掲載されていましたでしょうか?
ページの構成や内容、表現はわかりやすかったでしょうか?
この情報をすぐに見つけられましたか?