ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > 組織でさがす > 健康福祉部 > 保育児童課 > 母子父子寡婦福祉資金貸付制度

本文

母子父子寡婦福祉資金貸付制度

記事ID:0491900 更新日:2021年4月1日更新 印刷ページ表示

 ひとり親家庭の生活資金、修学資金等を支援します!

 母子家庭や父子家庭、寡婦の経済的自立や生活意欲の助長、その子どもの福祉の増進をはかるため、各種資金の貸付制度があります。(所得制限があります)

1.貸付を受けられる人

  • 母子家庭の母、父子家庭の父で児童(20歳未満)を扶養している人
  • 母子家庭の母、父子家庭の父に扶養されている児童(20歳未満)
  • かつて母子家庭の母であった人(寡婦)
  • 寡婦に扶養されている子(20歳以上)
  • 配偶者と死別または離別した40歳以上の配偶者のない女性で、母子家庭の母および寡婦以外の人

2.留意事項

  • 借受人らの償還の意思や償還能力に応じて、貸付が可能かどうか決定します。
  • 申請時には、借受人や連帯保証人などと必ず面接を行います。

3.詳細

 この貸付は、福岡県の制度です。
 詳しくは、福岡県のホームページをご覧ください。

母子父子寡婦福祉資金貸付金について(福岡県ホームページ) <外部リンク>

皆さまのご意見をお聞かせください

お求めの情報が充分掲載されていましたでしょうか?
ページの構成や内容、表現はわかりやすかったでしょうか?
この情報をすぐに見つけられましたか?