ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > 分類でさがす > くらし・手続き > 環境・ペット > ペット・野良猫 > 犬やネコが行方不明になったときは

本文

犬やネコが行方不明になったときは

記事ID:0001811 更新日:2021年4月1日更新 印刷ページ表示

行方不明になったときは

 飼っている犬やネコがいなくなったときは、すぐに次のところへ連絡してください。

 [連絡先・問い合わせ先]

 筑紫野市役所 環境課環境保全担当 電話092-923-1111(代表)

 筑紫保健福祉環境事務所 保健衛生課生活衛生係 電話092-513-5599(直通)

 筑紫野警察署 電話092-929-0110(代表)

 ※公益財団法人福岡県動物愛護センターのホームページ<外部リンク>で、福岡県内の保健所で保護している犬ネコの情報を確認することができます。また、犬やネコを「探している」「保護している」情報を投稿することもできます。

行方不明にならないためには

 毎年、多くの犬やネコが収容されますが、迷子札等を装着していないため、飼い主が見つからないことがたくさんあります。

 飼っている犬やネコには必ず登録鑑札・注射済票(犬の場合)、連絡先を記した迷子札、マイクロチップなどを着けて、所有者明示をしておきましょう。

 飼い犬は、市への登録と狂犬病予防注射(年1回)が必要です。また、登録時に交付される鑑札、狂犬病予防注射接種時に交付される注射済票は、首輪などに常に装着することが義務付けられています。

保護したときには

 犬やネコを保護したときには、すぐに市環境課と筑紫保健福祉環境事務所(筑紫保健所)、筑紫野警察署に連絡してください。

泣いている犬泣いているネコ

皆さまのご意見をお聞かせください

お求めの情報が充分掲載されていましたでしょうか?
ページの構成や内容、表現はわかりやすかったでしょうか?
この情報をすぐに見つけられましたか?