ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

本文

小児救急診療

記事ID:0003443 更新日:2021年3月17日更新 印刷ページ表示

新型コロナウイルス感染症の拡大防止のため、当番医が変更になっていないか、また、診療可能な症状かどうかを、予め必ず電話連絡を行ってから受診してください。

小児科の夜間・休日救急診療を行っています

 平日の夜間帯や休日などに子どもが急に発病するということは、多くの親が経験したことではないでしょうか。

 このような育児不安の解消を図り、より適切に小児患者に対応できるように、小児救急医療を行っています。

 筑紫地区(筑紫野市・太宰府市・大野城市・春日市・那珂川市)では、平成16年10月1日から筑紫医師会の支援により、福岡大学筑紫病院(筑紫野市)と福岡徳洲会病院(春日市)を小児救急医療機関とし、曜日別に分担して診療する体制が整っています。

 小児科救急診療は、筑紫医師会に所属する開業小児科医が、両病院に行き、病院スタッフと連携を取りながら行います。

小児科救急診療体制

当番病院を知りたい人は筑紫野太宰府消防本部のホームページへ<外部リンク>

小児科救急医療体制の表
曜日 診療時間 小児救急医療機関 住所・電話番号
月曜日
水曜日
金曜日
17時から21時30分
(祝日は9時から21時30分)
※受付終了は21時
福岡大学筑紫病院<外部リンク> 筑紫野市俗明院1-1-1
電話番号 092-921-1011
火曜日
木曜日
土曜日
日曜日
17時から21時30分
(日曜日・祝日は9時から21時30分)
※受付終了は21時
福岡徳洲会病院<外部リンク> 春日市須玖北4-5
電話番号 092-573-6622
  • 各曜日の受付終了後は、原則として小児科医ではなく救急診療部の医師が対応します。
  • 当番医が変更になっていないか、また、診療可能な症状かどうかを事前に医療機関に電話で確認してください。
  • 病院の状況により受付終了時間が早くなる場合があります。小児科においては、診療時間内でも、小児科医ではない救急診療部の医師が診察をする場合があります。

小児救急電話相談は福岡県医師会のホームページへ<外部リンク>

皆さまのご意見をお聞かせください

お求めの情報が充分掲載されていましたでしょうか?
ページの構成や内容、表現はわかりやすかったでしょうか?
この情報をすぐに見つけられましたか?