ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > 分類でさがす > 健康・福祉 > 保険・年金 > 国民健康保険 > 国民健康保険 > 国民健康保険の「はり・きゅう助成制度」について

本文

国民健康保険の「はり・きゅう助成制度」について

記事ID:0002583 更新日:2021年2月22日更新 印刷ページ表示

給付事業

はり・きゅうの助成制度

 国民健康保険に加入している人が、市指定のはり・きゅう院で治療を受けたとき、自己負担金の一部を助成します。
 申請により、「はり・きゅう受療証」を交付しますので、利用される方は国保年金課の窓口までおこしください。

はり、きゅう助成額の案内
助成額 1術(はり、またはきゅう) 650円
2術(はり、およびきゅう) 770円
※あんま・マッサージなどは対象となりません。
助成限度(回数) 1日1回、かつ1か月10回まで

申請に必要なもの

  • 窓口に来る人の本人確認書類

※代理人(別世帯の人)が手続きをする場合は、委任状と代理人自身の本人確認書類が必要です。

有効期限

 「はり・きゅう受療証」の有効期限は、毎年7月1日から翌年の6月30日までとなっています。有効期限が過ぎた受療証をお持ちの方は更新が必要ですので、申請してください。

皆さまのご意見をお聞かせください

お求めの情報が充分掲載されていましたでしょうか?
ページの構成や内容、表現はわかりやすかったでしょうか?
この情報をすぐに見つけられましたか?