ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > 分類でさがす > くらし・手続き > 上下水道 > 上下水道関連情報 > 鉛製給水管が使用されていても大丈夫なのですか。

本文

鉛製給水管が使用されていても大丈夫なのですか。

記事ID:0001145 更新日:2020年11月30日更新 印刷ページ表示

質問

鉛製給水管が使用されていても大丈夫なのですか。

回答

鉛製給水管が使用されているご家庭でも、通常お使いいただいている状態では国の水質基準に適合しており問題ありません。
しかし、朝一番や長い間留守にした後の最初の水は、給水管に長時間たまったままになっており、鉛の濃度が高くなったり、消毒に必要な残留塩素がなくなったりすることがありますので、念のため最初の水のバケツ一杯程度は飲み水以外にご使用ください。
また、家屋の建替えや改造などの計画がありましたら、鉛管を他の管種に取り替えられることをお勧めします。

皆さまのご意見をお聞かせください

お求めの情報が充分掲載されていましたでしょうか?
ページの構成や内容、表現はわかりやすかったでしょうか?
この情報をすぐに見つけられましたか?