ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

本文

赤ちゃんの駅

記事ID:0003136 更新日:2021年7月11日更新 印刷ページ表示

1.赤ちゃんの駅とは

 「赤ちゃんの駅」とは、子どもを連れた保護者が、「授乳」や「オムツ替え」を行えるスペースの愛称です。
 無料で、気軽に立ち寄ることができます。

 筑紫野市「赤ちゃんの駅」ガイドライン [PDFファイル/66KB]

2.赤ちゃんの駅登録について

 筑紫野市では、乳幼児を連れた保護者が安心して外出できるように、「赤ちゃんの駅」登録事業を実施しています。
 登録を希望する場合は、赤ちゃんの駅登録承諾書のご提出をお願いします。
 なお、公共施設だけではなく、民間施設にも登録をしていただき、登録が完了した施設は、広報ちくしのや市ホームページにおいて公表しています。       

 筑紫野市「赤ちゃんの駅」登録承諾書 [PDFファイル/276KB]

3.赤ちゃんの駅の施設内容について

  1. 授乳の場の提供
  2. オムツ替えの場の提供
  3. ミルク用のお湯の提供

※紙おむつなどのゴミはお持ち帰りください。
※1から2のいずれかを提供、3は可能な場合に提供します。

筑紫野市役所では、庁舎棟1階(子育て支援課横)に設置しており、上記の1から3のすべてをご利用できます。

4.赤ちゃんの駅登録施設について

 各施設で設置状況や利用状況が異なるため、利用する際は、管理者が示す条件のもとで、指示に従ってください。
 現在登録が完了している施設は、次の登録施設一覧に掲載しています。外出の際は、気軽にご利用ください。

    「赤ちゃんの駅」登録施設 [PDFファイル/162KB]

5.赤ちゃんの駅シンボルマーク

 「赤ちゃんの駅」に登録した施設には、目印となるようシンボルマーク入りのステッカーなどを掲示します。

 「赤ちゃんの駅」シンボルマーク [PDFファイル/139KB]

   
     「赤ちゃんの駅」シンボルマーク

 

Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)

皆さまのご意見をお聞かせください

お求めの情報が充分掲載されていましたでしょうか?
ページの構成や内容、表現はわかりやすかったでしょうか?
この情報をすぐに見つけられましたか?