ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > 分類でさがす > 健康・福祉 > 医療・健康・福祉 > 健診・予防接種 > 風しん予防接種の費用を助成します

本文

風しん予防接種の費用を助成します

記事ID:0003414 更新日:2021年3月17日更新 印刷ページ表示

妊婦、特に妊娠初期の女性が風しんにかかると、生まれてくる赤ちゃんが、目、耳、心臓などに病気を持つ「先天性風しん症候群」という病気にかかることがあります。筑紫野市では先天性風しん症候群の発生を予防するため、風しんの抗体価が低い人を対象に予防接種費用の助成を行います。

助成対象者

予防接種実施日時点で筑紫野市に住民票があり、風しん抗体検査の結果、抗体価が不十分であった人のうち、次の1から3いずれかに該当する人

  1. 妊娠希望者
  2. 妊娠希望者または妊婦の配偶者
  3. 妊娠希望者または妊婦の同居者(生活空間を同一にする頻度が高い家族など)

※対象者2または3の場合は、妊娠希望者または妊婦の抗体価が不十分な場合に限ります。

※「抗体価が不十分」とは、HI法による検査で32倍未満またはEIA法による検査で8.0未満などです。

注意事項

妊娠を希望する女性は、あらかじめ約1カ月間避妊した後にワクチンを接種しましょう。
また、ワクチン接種後2カ月間は避妊する必要があります。

助成対象となる予防接種

風しん予防接種または麻しん風しん混合予防接種

助成額

予防接種自己負担額(上限10,000円)

申請方法

筑紫野市健康推進課(カミーリヤ内)へ必要書類を提出してください(下記参照)。

申請に必要な書類

  1. 予防接種の領収書(接種者名や費用などがわかるもの)
  2. 風しん抗体検査の結果など、抗体価が不十分であることがわかるもの(対象者2または3は、妊娠希望者または妊婦の抗体検査結果を併せて提出)
  3. 振込口座がわかるもの
  4. 印鑑

申請期限

令和2年4月1日から令和3年3月31日までに接種した分

令和3年4月15日まで

令和3年4月1日から令和4年3月31日までに接種した分

令和4年4月15日まで

申請書様式

申請書および請求書は窓口にも設置しています。

Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)

皆さまのご意見をお聞かせください

お求めの情報が充分掲載されていましたでしょうか?
ページの構成や内容、表現はわかりやすかったでしょうか?
この情報をすぐに見つけられましたか?