ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > 分類でさがす > 健康・福祉 > 保険・年金 > 後期高齢者医療 > 「後期高齢者医療」の加入者が亡くなったときの手続きはどうすればいいですか?

本文

「後期高齢者医療」の加入者が亡くなったときの手続きはどうすればいいですか?

記事ID:0001105 更新日:2021年2月22日更新 印刷ページ表示

質問

後期高齢者医療の被保険者が亡くなったときの手続きはどうすればいいですか?

回答

亡くなった人の保険証返却手続きが必要です。
また、葬儀を行った場合は、葬祭費として喪主に3万円が支給されますので
国保年金課の窓口で申請してください。

必要な書類

  • 後期高齢者被保険者証(保険証)
  • 会葬御礼や葬儀の領収書または請求書、埋火葬許可書等を行ったことを確認できる書類
  • 振込先の通帳
  • 申請者の印鑑
  • 申請者または振込先口座名義人が喪主と異なる場合は委任状

※葬祭を行った日の翌日から2年間で時効になりますのでご注意ください。

皆さまのご意見をお聞かせください

お求めの情報が充分掲載されていましたでしょうか?
ページの構成や内容、表現はわかりやすかったでしょうか?
この情報をすぐに見つけられましたか?