ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > 分類でさがす > 健康・福祉 > 医療・健康・福祉 > 障がい者福祉 > 障がい者福祉 > 第3期筑紫野市障がい者福祉長期行動計画を策定しました

本文

第3期筑紫野市障がい者福祉長期行動計画を策定しました

記事ID:0003655 更新日:2021年5月19日更新 印刷ページ表示

1.計画策定の背景と趣旨

 本市では、平成21年3月に「第2期筑紫野市障害者福祉長期行動計画」、平成27年3月に「第4期筑紫野市障がい福祉計画」を策定し、障がいのある人もない人も健やかで安心して地域で暮らすことができるようにさまざまな支援を行ってきました。
 「第2期筑紫野市障がい者福祉長期行動計画」の計画期間が平成29年度をもって終了することから、本市の障がい者施策を計画的に推進するため、新たに平成30年度を初年度とした「第3期筑紫野市障がい者福祉長期行動計画」を策定しました。

2.計画の期間

平成30年度から令和5年度までの6年間

3.計画の基本理念

地域と支え合う共生社会のまちづくり ちくしの~だれもが安心して暮らせる福祉のまちづくり~

4.計画の基本目標

この計画は、以下の7つを基本的な目標として推進していきます。

  1. 相互に理解し、共に生き、支えあう地域福祉を推進する ~啓発・地域福祉活動~
  2. 自立生活を支援する福祉サービスを推進する ~福祉サービスの充実~
  3. すこやかな自立生活を支える暮らしを支援する ~保健・医療体制の充実~
  4. 子どものすこやかな発達を支援する ~療育・保育・教育の環境づくり~
  5. 地域での参加をうながす ~生涯学習の充実及び社会参加の充実~
  6. 個々の状況に応じた就労支援を行う ~雇用・就労の促進~
  7. 地域で安心して暮らせる環境づくりを支援する ~福祉のまちづくり~

【分割版】は、下記からご覧ください。

5.計画の進行管理

本計画は、「筑紫野市障害者施策推進協議会」に実施状況を報告し、同委員会の意見を求めながら、計画の進行管理および評価を行っています。
 また、市においては、庁内組織である「筑紫野市障害者施策検討委員会」において、施策事業の進捗状況などの整理・分析を行っています。

Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)

皆さまのご意見をお聞かせください

お求めの情報が充分掲載されていましたでしょうか?
ページの構成や内容、表現はわかりやすかったでしょうか?
この情報をすぐに見つけられましたか?