ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

本文

日常生活用具の給付

記事ID:0002892 更新日:2020年11月30日更新 印刷ページ表示

日常生活の援助

日常生活用具の給付

重度の障がい児・者が日常生活を送るうえで支障がある場合、それを解消するための生活用具を購入する際の費用の支給を行います。

基準額内で費用の1割が自己負担となりますが、所得に応じて自己負担上限額が定められています。(基準額を超過する場合、超過分についても自己負担となります。)

※商品を購入する前に申請が必要です。購入後の商品に対する、現金での給付はできませんので購入前にご相談ください。

※種目によって、介護保険対象者は、介護保険が優先となります。詳細については、お問い合わせください。

対象者

購入を希望する商品で必要となる、身体障害者手帳の障がい名・等級の要件を満たす人
※本制度は、商品の購入前に申請が必要です。

対象品目

種目 品目
介護・訓練支援用具 特殊寝台、訓練用ベット(児童のみ)、特殊マット、特殊尿器、入浴担架、体位変換器、移動用リフト、訓練いす(児童のみ)
自立生活支援用具 入浴補助用具、便器、歩行補助つえ、移動・移乗支援用具、頭部保護帽、特殊便器、火災警報器、自動消火器、電磁調理器、聴覚障害者用屋内信号装置
在宅療養等支援用具 透析液加温器、ネブライザー(吸入器)、電気式たん吸引器、動脈血中酸素飽和度測定器(パルスオキシメーター)、酸素ボンベ運搬車、盲人用体温計、盲人用体重計
情報・意思疎通支援用具 携帯用会話補助装置、情報・通信支援用具、点字ディスプレイ、点字器、点字タイプライター、視覚障害者用ポータブルレコーダー(録音再生機)、視覚障害者用ポータブルレコーダー(再生専用機)、視覚障害者用活字文書読上げ装置、視覚障害者用拡大読書器、盲人用時計、聴覚障害者用通信装置、聴覚障害者用情報受信装置、人工喉頭、点字図書
排せつ管理用具 ストマ用装具(蓄便袋・蓄尿袋)、紙おむつ、収尿器
住宅改修費 居宅生活動作補助用具

申請手続

下記の書類を添えて、生活福祉課障がい者福祉担当へ申請してください。

  1. 日常生活用具費支給申請書(窓口にあります。)
  2. 業者が作成した商品見積書
  3. 商品のパンフレット(コピー可)など、用品が確認できるもの

※品目によっては、医師の意見書等が必要になりますので、お電話でお問い合わせいただくか、生活福祉課障がい者福祉担当までお越しください。

皆さまのご意見をお聞かせください

お求めの情報が充分掲載されていましたでしょうか?
ページの構成や内容、表現はわかりやすかったでしょうか?
この情報をすぐに見つけられましたか?