ホーム担当部署から探す筑紫野市公共施設マップよくある質問Q&A申請書ダウンロード各課等メールアドレス
印刷用ページ
初めての方へサイトマップ翻訳(English Translation|Chinese Translation|Korean Translation)
文字のサイズ
縮小標準拡大
現在位置:HOMEの中の分類から探す(生活・環境)の中の消防・防災から避難所における新型コロナウイルス感染症対策へのお願い
更新日: 2020年6月16日
 

避難所における新型コロナウイルス感染症対策へのお願い

 災害時の避難所では、密集した環境下での集団生活などにより、ウイルス等による感染が拡大するリスクが高まります。
 避難所では、マスクの着用や、手洗い等の励行、せきエチケットなどを徹底していただくとともに、次の事項にご留意いただき避難行動をとっていただきますようお願いします。
 また、避難時や避難所で生活を行う上で、体調に異変があった場合は、筑紫保健福祉環境事務所へ相談いただくか、避難所担当者へ申し出ていただきますようお願いします。

日常でできること

1 自宅での安全確保

 ご自宅での安全確保ができる場合は、感染リスクを負ってまで避難所に行く必要はありません。
 ハザードマップで、住んでいる地域が土砂災害警戒区域や浸水想定区域かなどを確認し、ご自宅で安全が確保できる人は在宅避難をお願いします。

2 避難所以外の避難の検討

 避難所が過密状態となり、感染リスクが高まる場合もあります。可能な場合は安全な地域にいる親戚や友人の家等、避難所以外への場所へ避難することも検討をお願いします。
※特に高齢者や乳幼児のいるご家庭は、準備が必要です。

3 必要な物資等の持参

 避難時には、避難生活に必要なもののほか、感染防止や、健康状態の確認のため次の物資を準備し、持参してください。

持参していただきたい物資等

 マスク消毒液体温計、衛生用品(タオル、歯ブラシなど)、食糧、常備薬、寝具その他避難生活に必要なもの
※下線の物資は、新型コロナウイルス感染症対策に特に必要な物資です。

避難所での感染防止

4 避難所での健康確認

 避難所では、避難者の健康確認を行うため、避難所施設へ入る際、検温の協力をお願いします。
 また、避難所では、定期的な体温測定などの健康管理に努めてください。
 衛生面や感染リスク軽減のため、避難所へはできる限り体温計を持参してください

  新型コロナウイルス感染症のまん延防止のためのお願い(518kbyte)pdf

電話相談

帰国者・接触者相談センター(筑紫保健福祉環境事務所)

 電話番号 092-707-0524

夜間・休日の連絡先

 電話番号 092-471-0264

このページに関するお問い合わせ先

担当部署: 総務部 危機管理課
電話番号: 092-923-1111
ファックス番号: 092-923-5391


一言アンケート (※氏名・住所・電話番号・メールアドレスといった「個人情報」は入力しないようにしてください。)

このページは役に立ちましたか?



 
※255文字を超えるご意見は受け取ることが出来ませんのでご注意ください。

サイトマップリンク集個人情報の取り扱いについて著作権・リンク等について各課等メールアドレス