ホーム担当部署から探す筑紫野市公共施設マップよくある質問Q&A申請書ダウンロード各課等メールアドレス
印刷用ページ
初めての方へサイトマップ翻訳(English Translation|Chinese Translation|Korean Translation)
文字のサイズ
縮小標準拡大
現在位置:HOMEの中の分類から探す(行政情報)の中の市長の部屋から藤田陽三 市長の動き(令和2年4月)
更新日: 2020年4月30日
 

市長の動き(令和2年4月)

今日をまもり、明日につないで、未来を創る、ひかり輝く筑紫野市」 のため、市長として日々活動しています。ここでは、市長の日々の活動の中から主なものを紹介します。

 過去の市長の動きを見る

4月20日(月曜日)新規採用職員に思いを伝えました。

新規採用職員に講話を行う藤田市長

 本年度、筑紫野市では一部事務組合を含めた新規採用職員に対して、「市の組織と業務内容」「筑紫野市総合計画・重点施策について」「市の防災計画」「人権学習」などをテーマに研修が行われ、私もその一環として講話を行い、職員としての姿勢、望ましい職員像について伝えました。
 まだ入庁して1か月足らずの職員たちは、研修でも緊張した面持ちではありましたが、真剣なまなざしで私の思いをしっかりと受け止めてくれました。
 この研修を受けた職員が、これからの筑紫野市を支える立派な職員に成長してくれることを心から期待しています。

4月15日(水曜日)筑紫野市固定審査評価委員会委員に辞令を交付しました。

委員に辞令を交付する藤田市長

 筑紫野市固定資産評価審査委員会委員辞令交付式を開催し、令和23月議会で同意を受けた2名の委員に辞令を交付しました。
 筑紫野市固定資産評価審査委員会は、地方税法の規定により、固定資産課税台帳に登録された価格についての不服申出を審査決定するための委員会で、市の基幹税である固定資産税の評価業務のより一層の適正公正を期するため、中立・独立した第三者機関として設置、運営されています。
 この度就任された委員の皆様の今後のご活躍を期待いたします。

4月14日(火曜日)各校の校長先生に訓示を行いました。

校長先生たちに挨拶する藤田市長

 今年度最初となる臨時校長会に出席し、市内の小・中学校の校長先生ならびに山家幼稚園の園長先生に訓示を行いました。
 各校においては、新型コロナウイルス感染症対策として、始業式の延期、学校での児童生徒の預かりや新年度の教科書配布など対応されていますことに感謝いたします。
 これからも校長、園長先生を中心に教職員一丸となってご尽力いただくこと、一日も早く学び舎に笑顔が戻りますことを心から祈念します。

4月14日(火曜日)市役所にビニールカーテンを設置しました。

ビニールカーテン設置を確認する藤田市長

 新型コロナウイルス感染症の拡大防止のため、筑紫野市役所内の各窓口にビニールカーテンを設置する様子を確認いたしました。
 来庁者の皆様にはご不便をおかけいたしますが、飛沫感染防止のためご協力をいただきますようお願いいたします。今後も、国や県と連携し、本感染症の拡大防止に向け、全力で取り組んでいきます。

4月10日(金曜日)コミュニティセンター館長会に出席しました。

コミュニティセンター館長に向けて挨拶する藤田市長

 令和2年度最初のコミュニティセンター館長会に出席しました。
 全国的に高齢化率が上昇していく中、これからは「自助」、「共助」のまちづくりによる地域防災や地域包括ケアシステムの構築など、地域の課題を具体的に解決し、市民の皆様にあってよかったと思っていただけるコミュニティづくりを進めていかなければなりません。
 各コミュニティセンターの館長におかれましては、7つのコミュニティの発展のため一層の尽力を期待します。

4月8日(水曜日) 令和2年度筑紫野市青少年指導員委嘱書交付式を開催しました。

青少年指導員に移植書を交付する藤田市長

 令和2年度から青少年指導員を務められる皆さんに委嘱状を交付しました。
 この度委嘱を受けた指導員の皆さんは54名、令和33月までの任期で活動をいただきます。青少年指導員の皆様には、これまでご尽力をいただいた先輩方が築いてこられた伝統を引き継ぎ、本市の青少年の健全育成のためご活躍をいただきますよう祈念いたします。

4月8日(水曜日) コミュニティ連絡会に出席しました。

コミュニティ連絡会で挨拶する藤田市長

 本市内7つのコミュニティの会長が集まるコミュニティ連絡会に出席しました。
 各コミュニティの会長をはじめとするそれぞれのコミュニティでは、多様化する市民ニーズに対応するために、各地域の特色を生かした活動に取り組んでいただいています。
 今後とも共助社会という目標に向け、7つのコミュニティ会長の皆様を中心として、各コミュニティが活発に、そして安定的に運営されるよう支援に努めてまいりますので、皆様のご協力をお願いいたします。

4月6(月曜日) 筑紫野市新型コロナウイルス感染症対策本部会議を開催しました。

筑紫野市新型コロナウイルス感染症対策本部会議で挨拶する藤田市長

 筑紫野市新型コロナウイルス感染症対策本部会議を開催しました。
 迅速かつ適切な対策を講じるため、関係部局間の情報共有を図りつつ、関係機関等とも連携を強め、感染予防および感染拡大の防止に努めるよう指示しました。

4月3(金曜日) 学校給食共同調理場の職員に訓示を行いました。

共同調理場職員たちに訓示を行う藤田市長

 学校給食共同調理場にて、職員の皆さんに訓示を行いました。新型コロナウイルスの影響で臨時休校中ではありますが、学校給食の再開を心待ちにしている皆さんの期待に応えるため、一人ひとりがそれぞれの業務を確実に実行し、今まで以上に気を引き締めて、安全安心な給食の提供に努めるよう訓示しました。

4月3(金曜日) 部課長会議で訓示を行いました。

部課長たちに訓示を行う藤田市長

 市の幹部職員に対し、新年度にあたっての訓示を行いました。
 今年度からスタートした第六次総合計画に基づき、筑紫駅西口の土地区画整理事業、AIやRPA等のICT技術を活用した業務の効率化、待機児童対策、地域コミュニティの推進、地域包括ケアシステムの構築に取り組んでいきます。幹部職員には、これまでの知識と経験を生かして自らの職責をしっかりと果たしてもらいたいと思います。
 昇任した部課長がそれぞれに意気込みを述べましたが、私も幹部職員をはじめとした職員と一丸となって、笑顔あふれる筑紫野市のために奮闘していく考えです。

4月1日(水曜日) 消防団長に辞令を交付しました。

消防団長に辞令を交付する藤田市長

 筑紫野市消防団の山崎団長に辞令を交付しました。これまで12年を務められ、この度2期目となられる山崎団長におかれましては、団長以下313名となる消防団の組織体制の強化、団員の育成、消防署や行政との連携などの課題に対し、市民が安心して生活できるよう、さらなるご尽力をいただきたいと思います。

※山崎団長の崎の字は「たつざき」です。

4月1日(水曜日) 一部事務組合の職員に辞令を交付しました。

一部事務組合職員に訓示を行う藤田市長

 管理者、企業長および組合長として、筑紫野・小郡・基山清掃組合、筑紫野太宰府消防組合、山神水道企業団、筑慈苑施設組合の令和2年度辞令交付式を行いました。
 いずれの一部事務組合も生活に欠かせない、重要な役割を担っています。職員の皆さんが一致団結し適切な事務の遂行に努め、市民生活のますますの向上に寄与してもらいたいと思います。

4月1日(水曜日) 新規採用職員に辞令を交付しました。

新規採用職員に辞令を交付する藤田市長

 令和2年度の新規採用職員14人に対し辞令を交付しました。
 いずれの職員も少し緊張した面持ちでしたが、熱のこもったまなざしで、希望とやる気に満ちた表情を見せてくれました。これから配属先のそれぞれの部署で、先輩職員に導かれながら、将来の筑紫野市を支える職員として、力を発揮してもらえることと期待しています。

4月1日(水曜日) 派遣職員に辞令を交付しました。

派遣職員に辞令を交付する藤田市長

 山神水道企業団、筑紫野・小郡・基山清掃施設組合、筑慈苑施設組合、福岡県後期高齢者医療広域連合などに派遣する職員へ辞令を交付しました。
 派遣される皆さんには、筑紫野市を代表して業務にあたるという意識を常に念頭におきながら、それぞれの職場の皆さんと切磋琢磨しあい、使命を全うしていただきたいと思います。

4月1日(水曜日) 管理監督職員の異動・昇任者に辞令を交付しました。

異動する管理職職員に訓示を行う藤田市長

 令和241日付人事異動に伴う辞令交付式を執り行いました。
 現在、本市が直面している少子高齢化や人口減少への対応、地域経済の活性化、さらに昨年度末から発生している新型コロナウイルス感染症対策など重要な課題に、全職員一丸となって取り組んでいきます。
 また、市民の安全安心を守る河川改修や地域コミュニティの深化などの、本市の未来に直結する事業を一層推し進め、「筑紫野市に住んでよかった」と思っていただけるよう、誇りをもって頑張っていくことを訓示しました。


4月1日(水曜日) 平嶋新副市長に辞令を交付しました。

副市長に辞令を交付する藤田市長

 令和2年3月議会定例会で議会の同意をいただきました、平嶋義伸新副市長に辞令を交付しました。平嶋氏は平成25年まで本市職員として勤務されたのち、令和23月まで筑紫野・小郡・基山清掃施設組合の事務局長を務められ、この度、副市長に選任されました。平嶋副市長におかれましては、豊富な経験と実績を活かして、「ひかり輝く筑紫野市づくり」に尽力をいただきたいと思います。

このページに関するお問い合わせ先

担当部署: 企画政策部 秘書広報課
電話番号: 092-923-1111
ファックス番号: 092-923-5391


一言アンケート (※氏名・住所・電話番号・メールアドレスといった「個人情報」は入力しないようにしてください。)

このページは役に立ちましたか?



 
※255文字を超えるご意見は受け取ることが出来ませんのでご注意ください。

サイトマップリンク集個人情報の取り扱いについて著作権・リンク等について各課等メールアドレス