ホーム担当部署から探す筑紫野市公共施設マップよくある質問Q&A申請書ダウンロード各課等メールアドレス
印刷用ページ
初めての方へサイトマップ翻訳(English Translation|Chinese Translation|Korean Translation)
文字のサイズ
縮小標準拡大
現在位置:HOMEの中の分類から探す(行政情報)の中の市長の部屋から藤田陽三 市長の動き(令和元年5月)
更新日: 2020年1月20日
 

市長の動き(令和元年5月)

今日をまもり、明日につないで、未来を創る、ひかり輝く筑紫野市」 のため、市長として日々活動しています。ここでは、市長の日々の活動の中から主なものを紹介します。

 過去の市長の動きを見る

5月31(金曜日シルバー人材センター定時総会に参加しました。

シルバー人材センター定時総会にてあいさつする藤田陽三市長

 文化会館で開催された、筑紫野市シルバー人材センター令和元年度定時総会にてごあいさつしました。
 松原理事長をはじめとする約600人の会員の皆さんは、日頃から高齢者の生きがいの充実と福祉の増進を図ることを目的として、積極的に社会参加活動に取り組まれています。筑紫野市では、本年41日現在、65歳以上の人口が25,000人を超え、高齢化率は24.92%となっています。このような中、シルバー人材センターでは街頭啓発や入会説明会など会員拡大に努められるとともに、平成30年度からカミーリヤ内での売店事業も開始され、新たな就業機会の確保に努めておられるところです。
 98歳を筆頭に、大正、昭和、平成そして令和の時代を経験し、豊かな見識をお持ちの皆さん。地域社会の活性化の担い手として、一層のご活躍を期待しています。

5月29(水曜日筑紫野市土木協同組合総会に出席しました。

土木協同組合総会にてあいさつする藤田陽三市長

 市内会場にて開催された筑紫野市土木協同組合の総会に出席し、ごあいさつしました。
 今年も出水期が近づいてきました。昨年7月の豪雨災害も記憶に新しいところですが、災害復旧事業については、被害施設の早期復旧のため、迅速かつ正確な現地調査などの初動対応が求められます。本市では、土木協同組合と「災害時における応急対策業務等に関する協定書」を締結しています。インフラの長寿命化に関する施策や災害に強い安全安心のまちづくりを進めるため、皆さんの高い技術力と会員相互の連携が不可欠です。矢ヶ部会長を中心に組合の更なる発展を祈念します。

5月28(火曜日) 筑紫地区人権・同和行政推進協議会総会に出席しました。

筑紫地区人権・同和行政推進協議会総会に出席する藤田陽三市長

 太宰府市役所で開催された筑紫地区人権・同和行政推進協議会総会に出席しました。
 この協議会は、筑紫地区5市の市長を委員とし、筑紫地区における同和問題をはじめとするさまざまな人権問題の解決を図ることを目的として開催しています。今年も、同和問題啓発強調月間に向けた筑紫地区統一チラシの作成や、各種研修会の実施などを通し、筑紫地区一丸となって差別をなくすための取り組みを着実に進めていきます。

5月27(月曜日) 令和元年第2回筑紫野市議会臨時会を招集しました。

令和元年第2回筑紫野市議会臨時会にてあいさつする藤田陽三市長
新旧議長副議長の表敬をうける藤田陽三市長

 令和元年第2回筑紫野市議会臨時会を招集しました。先の市議会議員選挙で当選した議員の皆さんにとって初議会となります。本臨時会では専決処分の報告5件、その他2件、合計7件を提案し、全て承認・可決されました。
 また、第21代となる議長に高原 良視議員、副議長に辻本 美恵子議員が選任されました。臨時会終了後に、新旧議長、副議長の表敬を受けました。高原議長と辻本副議長のご活躍を祈念するとともに、ご退任された横尾 秋洋 元議長、上村 和男 元副議長のこれまでのご貢献に心からお礼を申し上げます。

5月25(土曜日筑紫地区建設コンサルタンツ協会総会懇親会に出席しました。

藤田陽三市長が出席した筑紫地区コンサルタンツ協会総会の様子

 市内会場で行われた、一般社団法人筑紫地区建設コンサルタンツ協会総会懇親会に出席しました。
 大和会長をはじめとする会員の皆さんは、日頃から筑紫地区の測量、調査、設計を通して、地区住民の生活基盤を支えていただいています。また、福祉用品の寄贈や清掃活動などのボランティア活動、そして筑紫地区自治体との災害時における連携などを通して、地域へ貢献いただいていることに、心より感謝します。
 昨年11月には協会設立30周年記念式典が盛大に挙行されました。今後とも、皆さんの高い技術力を結集いただき、災害に強い、市民の皆さんに住みたい、住み続けたいと思ってもらえるまちづくり、ひかり輝くまちづくりへのお力添えをいただきますようお願いします。

5月25(土曜日二日市コミュニティ運営協議会総会に参加しました。

二日市コミュニティ運営協議会総会にてあいさつする藤田陽三市長

 生涯学習センターで開催された、二日市コミュニティ運営協議会第6回定期総会に参加しました。
 二日市コミュニティ運営協議会(通称「二コ協」)では、昨年、当時の自治会長会議・消防後援会・二公連の3つの地縁団体を解消し、それぞれの機能を集約した「二コ協自治会公民館連絡協議会」を設立され、改めてコミュニティ運営協議会の主幹団体と位置づけられました。また、2月には、「コミュニティ主役の地域防災」と題し、全コミュニティ運営協議会と地域防災の要である消防団の全分団の皆さんが一堂に会する研修会を開催いただきました。
 市としましても、二コ協の目指す災害と福祉に強いまちづくりがしっかりと進められていくように、皆さんとの協働と支援に努めます。今年度も二コ協の防災をはじめとした各種取り組みに大いに期待しています。

5月25(土曜日各小学校で運動会を開催しています。

筑紫小学校体育会であいさつする藤田陽三市長

 市内各小学校では、この時期に運動会を開催しています。私は、筑紫小学校第141回体育会に参加し、子どもたちに声援を送りました。いきいきと競技に臨み、大きな声で仲間を応援する子どもたちの姿を見て、このひかり輝く子どもたちがつくる筑紫野市の未来を明るく確かなものに感じることができました。
 また、今年は、気象条件などから子どもたちの体調に配慮し、各学校で予定したプログラムを一部変更して運動会を開催しました。保護者の皆さんのご協力や、先生方のご尽力もあり、大きな混乱もなく、それぞれにすばらしい運動会ができたようです。本当にありがとうございました。

5月25(土曜日) 山家コミュニティ運営協議会総会に参加しました。

山家コミュニティ運営協議会総会であいさつする藤田陽三市長

 令和元年度の山家コミュニティ運営協議会総会が山家コミュニティセンターで開催されました。
 山家コミュニティ運営協議会は本市のコミュニティづくりのモデル地区として発足して、早くも9回目の総会を迎えられました。これまでにも、夏祭り、敬老会、体育祭、文化祭の4大事業を中心に、スポーツフェスタや成人式をコミュニティ運営協議会の事業として実施いただいており、また、「山家振興プラン」も策定されるなど、その活動は他地区の模範となるものです。
 安武会長を中心に、今後とも他の協議会の先導役として、ご活動いただきますようお願いします。

5月24(金曜日筑紫安全運転管理協議会定期総会懇親会に参加しました。

筑紫安全運転管理協議会定期総会懇親会であいさつする藤田陽三市長

 筑紫安全運転監理協議会定期総会懇親会が市内会場にて開催されました。
 宮原会長をはじめとする筑紫安全運転管理協議会の皆さんには、事業所における交通安全意識の高揚と、適切な安全運転の推進について研鑽をされ、交通事故防止に寄与されていることに感謝します。昨今、全国的に小さな子どもたちが犠牲となる悲しい事故が発生しています。このような事故を少しでも減らすため、市でも街頭啓発などの啓発活動や、交通安全指導員による通学路を中心とした街頭交通指導、市職員を対象とした安全運転研修などに引き続き取り組み、交通安全意識の高揚を図ります。今後とも、交通事故撲滅に向けて、協議会の皆さんとともに啓発事業を進めますので、一層のご協力をお願いします。

5月24(金曜日高尾川・鷺田川改修事業の早期完了にむけ、要望書を提出しました。

見坂県土整備部長に要望書を手渡しする藤田陽三市長

 高尾川・鷺田川改修期成促進会の皆さんとともに県庁を訪問し、高尾川・鷺田川改修事業の早期完了にむけ、要望書を見坂県土整備部長にお渡ししました。
 集中豪雨が発生すると、中心市街地を流れる高尾川、鷺田川は短時間で増水、溢水する状況です。浸水被害が発生することがない、住みよいまちになるため、地下河川の完成は地域の悲願です。高尾川・鷺田川改修期成促進会を中心とした地域の皆さんと一体となって事業の促進に取り組むとともに、福岡県をはじめとした関係機関への働きかけも引き続き行っていきます。

5月23日(木曜日90回移動市長室を開催しました。~はらっぱの会~

はらっぱの会の皆さんの説明を笑顔で聞く藤田陽三市長
はらっぱの会の読み聞かせで子どもたちに語りかける藤田陽三市長

 令和元年度の第1回、通算で第90回目となる移動市長室をはらっぱの会と筑紫南コミュニティセンターで開催しました。
 はらっぱの会の皆さんとは、先日はらっぱの会総会にてお会いしたばかりでしたが、あらためて会員のお一人おひとりから、活動についての思いや活動を通して感じたもの、得られたものをお聞きすることができました。
 無理なく、できるときに、楽しみながら・・が活動の秘訣とのこと。皆さんの活動内容もさることながら、素敵な笑顔にひかれて子どもも大人も図書室の扉を開けるのでしょう。

  <第90回移動市長室の詳しい内容はこちら>

5月22(水曜日) 筑紫野市商工会第60回通常総代会に出席しました。

筑紫野市商工会第60回通常総代会であいさつする藤田陽三市長

 市内会場で開催された筑紫野市商工会第60回通常総代会に出席しました。
 本市の商工業の中核を担う商工会の皆さんは、会員の組織率の向上と財政基盤の確立を柱として、市内事業者の経営相談、会員相互のネットワーク強化に積極的に取り組まれています。昨今の景気の動向について、さまざまな報道がありますが、市民が景気の回復を実感するには、商工会の皆さんの商工業者への献身的なサポートは必要不可欠です。今後も、地域経済の発展と振興にご尽力いただきますことを心からお願いします。

5月21(火曜日) 筑紫地区安全安心まちづくり推進協議会役員会に出席しました。

筑紫地区安全安心まちづくり協議会総会に臨む藤田陽三市長

 筑紫野・太宰府防犯協会定期総会に引き続き、大野城市まどかぴあにて開催された筑紫地区安全安心まちづくり推進協議会役員会に出席しました。
 筑紫地区において数値目標や活動方針を共有し、各市・団体等が取り組みを行うことで、犯罪・交通事故・災害の削減に努め、安全安心な筑紫地区の実現を目指しています。今年度事業計画に基づき、筑紫野市でも機関・団体と連携しながら事業に取り組んでいきます。

5月21(火曜日) 令和元年度筑紫野・太宰府防犯協会定期総会を開催しました。

筑紫野・太宰府防犯協会定期総会に臨む藤田陽三市長

 筑紫野・太宰府防犯協会定期総会が大野城市まどかぴあで開催され、役員改選により、令和元年度の会長職を担うことになりました。
 ニセ電話詐欺などの身近な犯罪の防止や子ども・女性の安全を守るための啓発・広報活動は、これからも継続した取り組みが必要です。防犯ボランティア団体や関係機関と連携し、筑紫野警察署管内の自主的な防犯活動を推進することで、安全・安心なまちづくりを進めていきます。

5月20(月曜日) 筑紫野市管工事協同組合第33回通常総会に出席しました。

管工事協同組合通常総会にてあいさつする藤田陽三市長

 市内会場で開催された筑紫野市管工事協同組合第33回通常総会に出席し、ごあいさつしました。
 堺理事長はじめ管工事協同組合の皆さんには、市内の水道漏水対応業務など24時間体制で取り組み水道の安定供給に多大な貢献をいただいていることに感謝します。今後も、市民生活のライフラインである水道・下水道の重要性を認識いただき、市民の暮らしを支えるための変わらぬご理解とご協力をお願いするとともに、組合のますますの発展を祈念します。

5月20(月曜日) さらなる収納率向上に向けて徴収強化に取り組みます。

筑紫県税事務所から派遣される職員にあいさつする藤田陽三市長

 筑紫県税事務所の筑紫地区特別対策班から派遣される4人の税務職員に対し、辞令を交付しました。
 県職員と共同で徴収業務にあたることにより、本市職員の滞納整理における法的な知識の向上や徴収のスキルアップを目指すものです。4人の県職員の皆さん、また本市担当職員も、ともに財政の根幹を担う自負と徴税吏員としての権限を自覚しながら、収納率向上と税収増加に努めてください。1年間どうぞよろしくお願いします。

5月19(日曜日) 筑紫野市民卓球大会が開催されました。

市民卓球大会にてあいさつする藤田陽三市長

 第16回筑紫野市民卓球大会が農業者トレーニングセンターで開催され、来賓としてごあいさつしました。
 卓球は老若男女を問わず親しまれているスポーツである一方、選手の技術と集中力がぶつかり合うスリリングな競技でもあります。今年4月にハンガリーで開催された世界卓球で日本チームは銀メダル2個、銅メダル1個という輝かしい成績を収め、来年に迫った東京オリンピック・パラリンピックに向けた卓球熱はますます高まっています。今日の参加者の皆さんにも、大会ではつらつとしたプレーを期待するとともに、試合後には互いをたたえあい、クラブや世代を超えた交流が一層深まることを期待します。

5月19(日曜日) 筑紫野市立中学校で体育会を開催しました。

二日市中学校体育会であいさつする藤田陽三市長筑紫野中学校体育会であいさつする藤田陽三市長筑山中学校体育会であいさつする藤田陽三市長 
筑紫野南中学校体育会にてあいさつする藤田陽三市長天拝中学校体育会であいさつする藤田陽三市長 

 筑紫野市立の5中学校で体育会を開催し、頑張る生徒さんたちにエールを送りました。
 心配していた天気は、時折小雨が降ったものの、競技に挑む生徒さんたちにとっては心地よいくらいのちょうどいい気候だったように思います。それぞれの学校で生徒会を中心に、知恵をしぼったスローガンのもと、工夫をこらした演出がなされていました。
 筑紫野中学校では、来賓プログラムに、生徒さんの手書きのメッセージカードとひまわりの種が添えられていました。おもてなしの気持ちと、スローガン「一輪」にこめた思いがよく伝わってきました。
 準備期間が短かかったにも関わらず、各校のそれぞれの持ち味がきらりと光るよい運動会だったと思います。生徒さんの可能性、コミュニティスクールの底力を大いに感じることができました。
<上左・二日市中学校> <上中・筑紫野中学校> <上右・筑山中学校>
<下左・筑紫野南中学校><下右・天拝中学校>

5月18(土曜日) 筑紫よかまち協議会代議員総会に出席しました。

筑紫よかまち協議会代議員総会にてあいさつする藤田陽三市長

 筑紫コミュニティセンターにて、筑紫よかまち協議会代議員総会が開催され、来賓としてごあいさつしました。
 筑紫よかまち協議会では、昨年、「子どもたちに誇れる よかまちづくり」をスローガンに掲げたまちづくり計画を策定されました。今年度は、その具現化にむけ、各部会で充実した取り組みを進められるものと、大いに期待しています。
 本日の総会を契機に、筑紫よかまち協議会が目指されるまちづくりが一層推進されていくことを祈念します。

5月18(土曜日) 警友会筑紫野支部定期定例会に出席しました。

警友会筑紫野支部定期定例会であいさつする藤田陽三市長

 警友会筑紫野支部定期定例会が市内会場にて開催され、出席しごあいさつしました。
 警友会筑紫野支部の皆さんには、日頃からそれぞれの地域、職域、立場から市政の各般にわたって、ご理解ご協力をいただいています。特に、筑紫野市・太宰府市・筑紫野警察署と連携し平成28年7月に設立された「警友会安全サポート隊」による警察活動への支援や協力を通して、地域の安全・安心と住みよいまちづくりのためにご尽力いただいていることに深く感謝します。皆さんの今後のご活躍と警友会筑紫野支部のご発展を心から祈念します。

5月18(土曜日) 御笠まちづくり協議会総会に出席しました。

御笠まちづくり協議会総会にてあいさつする藤田陽三市長

 令和元年度の御笠まちづくり協議会総会が御笠コミュニティセンターで開催されました。
 「御笠まちづくり推進計画」に基づくまちづくりの取り組みの中でも、特に、昨年度より最重点事業として取り組まれてきた「御笠自治会バスの運行」や地産地消を広く推進する「みかさの朝市」。また、誰もが安心できる地域づくりのための、「認知症支援訓練」や防災・防犯意識を高める「自然災害犠牲者追悼式ならびに学習会」など、他の地域の模範となる、先進的な取り組みを実施いただいていることに感謝の意を表します。皆さまには、これまでに取り組んでこられた先人の「御笠地区のために」という強く熱い想いを継承しながら、八尋会長のもと、住み良いまちづくりについて協議を重ねていただくことを切にお願いします。

5月17(金曜日) 8回筑紫野市総合教育会議を開催しました。

総合教育会議にてあいさつする藤田陽三市長

 市役所において第8回(令和元年度第1回)筑紫野市総合教育会議を開催しました。この会議は、子どもたちの健やかな成長のため、教育に関する課題を市長部局と教育委員会で共有し、地域の実態に即した教育行政を推進するため開催しています。
 昨年は児童虐待という悲しい事件が発生しましたが、学校や関係機関と連携を図ることで、最悪の事態を防ぐことができました。関係各位のご協力とご理解の賜物であると感謝するとともに、この総合教育会議の果たす役割の大きさを改めて痛感したところです。本日は、児童虐待の対応について、協議・調整を行い、また、近本教育委員からご自身の経験等を踏まえたお話を頂きました。本日の会議の内容を、事件の再発防止を含めた、今後の対応の充実へと、確実につなげていきます。

5月17(金曜日) JA筑紫年金友の会筑紫野地区大会に出席しました。

ジェイエイ筑紫年金友の会総会にてあいさつする藤田陽三市長

 筑紫野市文化会館で開催された、JA筑紫年金友の会筑紫野地区大会に出席しました。
 JA筑紫年金友の会は、会員相互の融和と親睦を図り、生きがいのある人生を送ることを目的に昭和54年に設立され、たゆまぬ組織活動の結果、現在は会員数19,491人で活動をされています。本市におきましても、健康寿命を延伸し、誰もが生きがいを持って心豊かに暮らせるまちづくりを進めています。会員の皆さんのますますのご活躍と会の発展を心から祈念します。

5月16日(木曜日)筑紫野市区長感謝状贈呈式・委嘱書交付式を行いました。

感謝状を交付する藤田陽三市長 区長委嘱書交付式であいさつする藤田陽三市長

 市役所において、筑紫野市区長感謝状贈呈式・委嘱書交付式を行いました。
 区長感謝状は、平成30年度をもって退任された区長の皆さんの中でも10年以上の長きにわたって区長を務められ市政の進展と住民福祉の向上に多大なる貢献をいただいた3人の方に贈呈させていただきました。
  ・林田 正義(はやしだ まさよし)さん  東新町区  区長在職22
  ・井上 國次(いのうえ くにつぐ)さん   東町区    区長在職14
  ・山口 章広(やまぐち あきひろ)さん  岡田区      区長在職10
 とりわけ、各コミュニティ運営協議会の設立や、自主防災組織の立ち上げなど、地域コミュニティによるまちづくりへの転換期に区長として献身的なご尽力をいただきました。深く感謝申し上げるとともに、今後もまちづくりのため、筑紫野市のため、変わらぬご指導ご支援をいただきますようお願いします。
 区長委嘱書交付式では、82人の区長の皆さんに委嘱書を交付しました。市政運営に対し、ご支援ご協力をいただきますようお願いします。

5月15(水曜日) 山口川水利組合委員総会に出席しました。

山口川水利組合委員総会にてあいさつする藤田陽三部長

 市内会場で開催された第62回山口川水利組合委員総会に出席し、ごあいさつしました。
 原野組合長はじめ山口川水利組合委員の皆さんには、本市農業の振興や水道用水の安定供給にご理解とご協力をいただいています。本市では昨年7月の豪雨により農業災害が多く発生し農作物にも被害がおよびました。被害にあわれた方にお見舞いを申し上げるとともに、引き続き災害復旧の早期完了に努めます。
 また、今年は少雨の影響で山神ダムの貯水率は近年例を見ないほどの低い水準となっています。これから迎える田植えの時期に向け、雨の恵みにより貯水率が回復し、農業用水、水道用水ともに安定的に確保できるよう祈念しています。 

5月15(水曜日) 環境衛生推進員の皆さんに委嘱書を交付しました。

環境衛生推進員に委嘱書を交付する藤田陽三市長

 市役所において、環境衛生推進員会議を行い、六反区の平野さんに委嘱書を代表交付しました。
 今年度も地域一斉清掃である「ごみゼロ運動」の実施や資源ごみの再利用など、ごみ減量の推進や地域環境の保全について皆さんとともに取り組みたいと思います。昨年12月に北海道で発生したスプレー缶の爆発事故は記憶に新しいところです。処理方法が複雑な製品が多く出回る中、皆さんの協力を得ながら適正な処理が実施されるよう努めます。
 環境衛生推進員の皆さんにおかれましては、良好な環境を守り将来につなげていくため、市と市民をつなぐパイプ役として連絡・調整を行うとともに、地域での環境衛生に関する実践や指導役として環境行政の推進にご協力をお願いします。

5月14(火曜日) 祈・健闘!!消防救助技術の訓練の成果を確認しました。

消防救助技術管理者展示訓練に臨む藤田陽三市長

 第45回福岡県消防救助技術指導会が524日に開催されることに伴い、筑紫野消防署で開催された管理者展示訓練に臨みました。
 風水害や地震等の自然災害の現場においても、消防に対する市民の期待は大変大きく、こうした期待に応えるには、日頃の訓練を通じ身体、技術、精神力を培うこと、中でも「人を助ける」という意識を高めることが重要です。そのためにも、この救助訓練は大変意義のある訓練として、特に若い隊員の育成には不可欠なものだと思います。
 これまでの厳しい訓練に耐え抜いてこられた、隊員の皆さんの努力に対し、感謝と敬意を表するとともに、指導会においても訓練の成果を遺憾なく発揮されることを大いに期待しています。 

5月13(月曜日) 筑紫野経済同友会通常総会が開催されました。

経済同友会総会にてあいさつする藤田陽三市長

 市内会場にて開催された第35回筑紫野経済同友会通常総会に出席してごあいさつしました。
 黒田会長をはじめとする経済同友会の皆さんには、本市の商工業を支えていただいていることはもとより、地域に密着した商店街づくりやさまざまな奉仕活動などに取り組んでいただいています。地域経済の活性化のため、皆さんとの連携は今後ますます重要なものとなると考えており、一層のご理解とご支援をお願いするものです。
 天拝公園周辺地域では、「シャクナゲ谷」が盛りの時期をそろそろ「アジサイ園」に譲る頃かと思います。皆さんが丹精こめて育てられたアジサイの花を今年も楽しみにしています。

5月13(月曜日) 47回天拝山ロードレース大会にむけ実行委員会を開催しました。

天拝山ロードレース大会実行委員会であいさつする藤田陽三市長

 秋のちくし路を彩る風物詩、天拝山ロードレース大会の開催に向けた今年度第1回目の実行委員会が生涯学習センターで開催され、名誉会長としてごあいさつしました。 伝統ある大会として県内外から参加者が集まるこの大会。昨年は小学生から一般の1,200人の市民ランナーが健脚を競いました。今年も、藤木実行委員会会長のもと着実に準備を進められ、市民、参加者の皆さんに喜んでいただける充実した大会となることを祈念します。

5月13(月曜日) 交通事故のない社会をめざして~春の交通安全県民運動出陣式~

春の交通安全県民運動出陣式であいさつする藤田陽三市長

 春の交通安全県民運動週間に伴う交通安全運動出陣式が生涯学習センターで行われました。
 筑紫野警察署や福岡県トラック協会ほか多くの関係機関団体の皆さんにご参加いただきました。痛ましい事故のニュースが相次いでいる中、交通安全は全ての人の願いです。官民一体となって実施した今日の出陣式を契機に、交通事故のない明るい社会、安心できる地域づくりに向けて、市民の皆さんと心を一つに取り組んでいきたいと思います。
 出陣式では、はなぞの保育園の園児の皆さんから参加者へ歌のプレゼントがありました。元気な歌声を聞きながら、この小さな命の輝きを大事に守り育てていきたいという願いをあらたにしました。

5月12(日曜日) 出会い、ふれあい、走りあい・・宝満つばきマラソン大会開催

宝満つばきマラソン大会にてあいさつする藤田陽三市長

 筑紫運動広場において開催された宝満つばきマラソン大会で、参加者の皆さんにごあいさつしました。
 この大会は、市教育委員会と一般社団法人筑紫野市体育協会の共催で筑紫野市生涯スポーツ推進事業と位置づけ開催しています。市民の誰もがいつでも、どこでも、主体的にスポーツに親しむことができる環境づくりの一環として、幅広い年齢層の皆さんが参加できるよう、さまざまな工夫をこらした種目を設けています。今日は、抜けるような青空の下、500人を超える参加者の皆さんに、大会を通して交流を深めていただきました。これからも、身近なスポーツイベントを通して、スポーツをする・観る・支える楽しさをお伝えしていきたいと思います。 

5月11(土曜日筑紫野市自治公民館連絡協議会定期総会に出席しました。

自治公民館連絡協議会総会にてあいさつする藤田陽三市長

 生涯学習センターで行われた筑紫野市自治公民館連絡協議会定期総会に出席し、ごあいさつしました。
 今年度から、「小地区公民館連絡協議会」の名称を「自治公民館連絡協議会」とされ、新たな一歩を踏み出された皆さん。87の自治公民館は、地域住民の学習やサークル活動、そして地域の特性を生かしたまちづくりの活動拠点であり、災害時には安心安全を守る自主避難所の役割も担っています。人々の暮らしを守り、豊かにする自治公民館の活動を、これからも積極的に支援してまいります。
 中野新会長を中心に、自治公民館連絡協議会の活動がますます充実、ご発展されることを祈念します。

5月11(土曜日) 令和元年度はらっぱの会総会に出席しました。

はらっぱの会総会にてあいさつする藤田陽三市長

 筑紫南コミュニティセンターにて行われたはらっぱの会総会にてごあいさつしました。
 原代表をはじめとするはらっぱの会の皆さんは、同コミュニティセンター図書室の運営や、地域と連携した読書活動の推進のためのさまざまな活動に長年取り組んでおらます。昨年度は、活動の功績が認められ、「福岡県青少年育成対策推進本部長顕彰」「福岡県教育文化表彰」を受賞されました。読書のすばらしさや本を通じた子どもとの関わり方を発信し続けている皆さん。小さな図書室から広がる豊かな世界をこれからも多くの子どもたちに届けてください。

5月10(金曜日) 136回福岡県市長会理事会・総会・研修会に出席しました。

福岡県市長会集合写真に臨む藤田陽三市長 福岡県市長会総会で発言する藤田陽三市長 

 九州芸文館(筑後市)を会場に、第136回福岡県市長会理事会・総会・研修会が開催され、福岡県市長会副会長として出席しました。福岡県市長会は県内29市の市長で構成し、都市の共通の課題の解決に向けた取り組みを行っています。
 総会では災害対応をはじめとした課題についての取り組みを確認することができました。
 研修会では、筑後商工会議所会頭・タマホーム()代表取締役会長の玉木康裕さんによるパワフルかつ示唆に富んだ講義を聞き、企業トップとしての気概に感銘を受けました。
 また、小川洋福岡県知事による今後の県政についての講義では、住み慣れた地域で働く・暮らす・育てるため、地方創生の取り組みの重要性を再確認することができました。
 総会・研修会ともに充実した内容で、会場の施設もすばらしく、大いに刺激を受けた1日でした。

5月7(火曜日) 高尾川鷺田川改修の促進に向けて

高尾川・鷺田川改修促進期成会の要望書を受け取る藤田陽三市長

 高尾川・鷺田川改修促進期成会の林田会長から、高尾川・鷺田川改修事業の推進についての要望書をいただきました。
 昨年は、シールドマシンの発進式が行われ、地下トンネル掘削工事が着手されました。地下河川の完成に向けた着実な歩みが進められています。今後も、豪雨による浸水被害などがない住みよいまち、安全・安心のまちづくりのため、期成会の皆さんとともに関係機関へ積極的な働きかけを行います。

このページに関するお問い合わせ先

担当部署: 企画政策部 秘書広報課
電話番号: 092-923-1111
ファックス番号: 092-923-5391


一言アンケート (※氏名・住所・電話番号・メールアドレスといった「個人情報」は入力しないようにしてください。)

このページは役に立ちましたか?



 
※255文字を超えるご意見は受け取ることが出来ませんのでご注意ください。

サイトマップリンク集個人情報の取り扱いについて著作権・リンク等について各課等メールアドレス