ホーム担当部署から探す筑紫野市公共施設マップよくある質問Q&A申請書ダウンロード各課等メールアドレス
印刷用ページ
初めての方へサイトマップ翻訳(English Translation|Chinese Translation|Korean Translation)
文字のサイズ
縮小標準拡大
現在位置:HOMEの中の分類から探す(行政情報)の中の市長の部屋から藤田陽三 市長の動き(令和元年12月)
更新日: 2020年1月20日
 

市長の動き(令和元年12月)

今日をまもり、明日につないで、未来を創る、ひかり輝く筑紫野市」 のため、市長として日々活動しています。ここでは、市長の日々の活動の中から主なものを紹介します。

 過去の市長の動きを見る

12月28(土曜日) 筑紫野市消防団年末特別警戒が行われました。

消防団年末特別警戒にて激励の言葉を送る藤田陽三市長

 今日から年末恒例の夜間特別警戒が始まりました。私も各消防団を訪問し、激励の言葉を送りました。
 今年を振り返ると、市内では3月と5月に建物を全焼する火災が発生しました。また、全国に目を向けると、7月に京都での火災、10月に沖縄の首里城が全焼するなど、大きな火災が起きています。山崎団長はじめ消防団の皆さんには、空気が乾燥し火災の起きやすいこの季節、年末特別警戒を通じて市民が安心して新年を迎えられるよう支えていただいていることにあらためて心から感謝します。寒い中大変ですが30日までよろしくお願いします。

12月27(金曜日) 1年の締めくくり・・仕事納め式を執り行いました。

筑紫野市仕事納め式にて訓示を行う藤田陽三市長

 今日は年内最後の開庁日、仕事納めの日です。仕事納め式を行い、職員に対し訓示を行いました。
 本年は新庁舎とともにスタートした年でした。また、私も市長として3期目の市政運営をスタートしました。コミュニティバス「つくし号」や御笠自治会バスの運行開始により交通の利便性が向上し、1キロにわたる高尾川地下河川築造工事もシールドマシンが現在675メートルまで進捗しています。新庁舎とあわせて、これら2期目の重点施策は大きく前進することができました。一方で、人口減少、少子高齢化社会にむけて、市として解決すべき課題、進めていく事業は数多くあります。今後もひかり輝く筑紫野市をつくるため、職員の力を結集し新たなステップをともに上っていきたいと思っています。1年間本当にお疲れさまでした。

12月26(木曜日) FUNKY’S ダンススタジオ の表敬訪問を受けました。

表敬訪問に来られたファンキーズダンススタジオの皆さんと藤田陽三市長

 市内岡田を拠点に活動しているFUNKY’S(ファンキーズ)ダンススタジオの皆さんが表敬訪問に来てくださいました。 所属するチームの「FG 5(エフジーファイブ)」の皆さんは4月に開催された芸王(げいわん)グランプリファイナル全国大会で優勝されたとのことです。また、「7 Beans(ナインビーンズ)は令和21月に開催されるALL JAPAN SUPER KIDSダンスコンテストファイナル全国大会に、またソロの部でもダンスや歌の全国大会に出場されるとのこと。多岐にわたって活動を展開されているFUNKY’Sダンススタジオの、今後の活動の一層の充実と、選手の皆さんの健闘を心からお祈りします。
※チーム名の表記はFGの後に星印が入ります。
※チーム名の表記は7の後にコロンが入ります。

12月25(水曜日) M K ONETWOKIDS の表敬訪問を受けました。

表敬訪問に来られたエムケーワンツーキッズの皆さんと藤田陽三市長

 市内でエアロビクス・ダンス等の活動をしているM K ONETWOKIDS(エム・ケー・ワン・ツー・キッズ)のみなさんが、121日に春日市で開催された「NAC JAPAN CUP」の優勝報告に来てくださいました。
 優勝された今回のメンバーの皆さんは、令和2年夏にアメリカ合衆国アリゾナ州で開催される世界大会に出場予定とのことです。切れのあるポーズを披露してくださった皆さん。今後ますますのご活躍を期待しています。
※団体名の表記は、MとKの間に星印が入ります。

12月23(月曜日) 事務事業外部評価委員会から答申を受けました。

事務事業評価委員会会長から答申を受ける藤田陽三市長

 筑紫野市事務事業外部評価委員会から、令和元年度の評価結果についての答申を受けました。
 事務事業外部評価委員会は、市が実施する事務事業について目的の妥当性、有効性および効率性を審議しています。今年は20の対象事業について審議を頂きました。この答申を受け、各事業についての見直しを進め、一層の行政資源の有効活用と意識改革の促進につなげていきたいと思います。

12月22(日曜日) 塔原自治会餅つき大会に参加しました。

塔原自治会餅つき大会であいさつする藤田陽三市長

 塔原公民館で行われた塔原自治会餅つき大会に参加しました。
 雨の中でしたが、公民館前の広場のテントには多くの人がひしめきあい、大にぎわいの餅つき大会でした。小気味よい掛け声や連携プレーに、日ごろからの自治会の強固なつながりがうかがえ、大変心強く思いました。前日の設営や、また当日は朝早くから餅の仕込みなどの準備をされた萩尾自治会長はじめ役員の皆さん、本当にお疲れさまでした。

12月22(日曜日) 地域の産物で年越しの準備が進められています。

みかさの朝市であいさつする藤田陽三市長

 御笠コミュニティセンターで開催された、御笠まちづくり協議会主催の第9回「みかさの朝市」を訪問しました。
 みかさの朝市は、生産者と消費者のふれあい、さらに生産者の顔が見える、当市が目指している地産地消の原点ともいえるものです。今日はあいにくの雨天でしたが、農家の皆さんが丹精こめて作られたお米や、新鮮な野菜、しめ縄や黒豆などの正月用品を求める人で大変にぎわっていました。八尋会長はじめ御笠まちづくり協議会の皆さんには、どうか今後とも素晴らしいまちづくりにご尽力いただきますよう、またご来場の皆さまには年越しの準備を万端に整えられ素晴らしい年を迎えられますよう祈念しています。

12月19(木曜日) 筑紫野市の国民健康保険事業の運営に関する協議会を開催しました。

筑紫野市の国民健康保険事業の運営に関する協議会であいさつする藤田陽三市長

 市役所において今年度第2回目の筑紫野市の国民健康保険事業の運営に関する協議会を開催しました。
 11月下旬に福岡県から令和2年度の仮算定による納付金額について通知があったところですが、この仮算定により、本市国保財政への影響が大変大きなものとなる見通しとなっています。委員の皆さまには、今後の安定的な国保財政運営を図るため、忌憚のないご意見とご審議をお願いします。

12月15(日曜日) 山口コミュニティのもちつき広場に参加しました。

山口コミュニティもちつき広場であいさつする藤田陽三市長
山口コミュニティもちつき広場で子どもたちと杵をふるう藤田陽三市長

 山口小学校で行われた、山口コミュニティ運営協議会の「もちつき広場」に参加しました。
 本日のもちつき広場では、山口小学校の5年生が総合学習の時間を活用して田植えから収穫までを行い、山口コミュニティ運営協議会に贈呈されたもち米が使われたとのことです。学校と地域が一体となって子どもたちの育成に関わる素晴らしい取り組みであり、本市が目指す開かれた学校づくりの姿を示すものであると感じています。
 私も子どもたちと一緒に杵をふるい、餅つきを楽しみました。本日のもちつき広場の開催に向けご尽力いただきました、荒瀬会長をはじめとする山口コミュニティ運営協議会の皆さんに心から感謝します。

12月14(土曜日) はーと&はーとクリスマス交流会、本人活動支援・クラブ作品展示会に出席しました。

はーとアンドはーとクリスマス交流会であいさつする藤田陽三市長

 市内会場で開催された、社会福祉法人はーと&はーとのクリスマス交流会に出席しました。
 展示されている作品からは利用者の皆さんが一生懸命に作られたことが伝わってきました。このような作品展、クリスマス交流会の開催は、障がいに対する理解を地域全体で深め、地域で支え合う意識づくり・仕組みづくりの礎になると思います。市としても障がいのある人が社会活動に参加し、自分らしく誇りをもって過ごすことができるまちづくりの実現に向けて努力していきますので、これまで以上のご理解、ご支援をいただきますようお願いします。

12月14(土曜日) 保育所慈生園の「ゆかいなこどもの音楽会」に出席しました。

保育所慈生園ゆかいなこどもの音楽会であいさつする藤田陽三市長

 保育所慈生園で開催された第40回ゆかいなこどもの音楽会に出席しました。
 音楽は人の心を豊かにすると同時に、人の心をつなぐものです。この「ゆかいなこどもの音楽会」は、生の演奏にこだわり、職員の皆さんと子どもたちが心をこめてつくりあげたものとお聞きしています。保育所慈生園の特色ある取り組みを通じ、子どもたちはより一層心豊かに、そして周りの人たちとのつながりを確かに感じることで、「ふるさとちくしの」を支える素晴らしい人へ育ってくれるものと大いに期待しています。

12月14(土曜日) 原田保育園の生活発表会に出席しました。

原田保育園生活発表会であいさつする藤田陽三市長

 原田保育園で開催された第44回生活発表会に出席しました。
 南野園長をはじめ、原田保育園の職員の皆さんには、子どもたちの無限の可能性を開花させるため、日々ご尽力いただいていることに感謝します。生活発表会は子どもたちがこれまでに取り組んできたこと、成長した姿を披露する大切な機会です。この生活発表会が、子どもたち、そして保護者の皆さんの心に残るすばらしい思い出となることを願っています。

12月13(金曜日) 弱視の子どもたちに読書の喜びを~第96回移動市長室「拡大写本うさぎ」~

藤田陽三市長が拡大写本うさぎの皆さんと行った移動市長室の様子

移動市長室にて拡大写本作業を見学する藤田陽三市長

 カミーリヤにて、今年度7回目、通算で第96回となる移動市長室を、ボランティアグループ「拡大写本うさぎ」の皆さんと開催しました。
 「拡大写本うさぎ」は、市立図書館で行われた拡大写本入門講座の受講生を中心に設立され、今年で活動20年を迎えられます。拡大写本とは、弱視の人のために文字や絵・レイアウトを読みやすい大きさに書き直し、製本したものです。主に市内にある福岡視覚特別支援学校と福岡高等視覚支援学校の弱視の幼児・児童・生徒さんを支援する活動のほか、入門講座や出前講座の開催、イベントでの写本紹介など、拡大写本を広めるための活動も精力的に行われています。実際の製本作業の様子も見せていただきましたが、大変な労力が必要な作業も、本を心待ちにしている子どもたちのため頑張っているとお聞きしました。
 「老若男女 明るく楽しく 無理をせず」が合言葉の皆さん。これからも多くの子どもたちに文字との出会いを届け、豊かな読書の世界へ誘っていただきますようお願いします。

12月12(木曜日) 民生委員児童委員連合会新旧委員懇談会に出席しました。

民生委員児童委員連合会新旧委員懇談会にてあいさつする藤田陽三市長

 市内会場で開催された、令和元年度民生委員児童委員連合会新旧委員懇談会に出席しました。
 今年は、民生委員児童委員一斉改選の年に当たり、新旧委員の皆さんが一堂に会した懇談会が開催されました。鬼木新会長をはじめとする総数128人の委員の皆さんには知識と経験をもとにご活躍いただき、また、退任された32人の皆さんにはこれからもよき先輩として民生委員児童委員活動に寄り添い支えていただき、地域の担い手として活動されますようお願いします。
 各地区協議会や連合会においても新役員が決定したとのことで、本日は大いに親睦を深め、今後の活動を円滑に進めていただくことを願います。

12月12(木曜日) 民生委員児童委員感謝状・委嘱状伝達式を行いました。

民生委員児童委員感謝状・委嘱状伝達式にてあいさつする藤田陽三市長

 市役所にて、令和元年度民生委員児童委員感謝状および委嘱状伝達式を行いました。
 この度、11月末日をもって32人の皆さんが民生委員・児童委員を退任されました。これまで各地域の福祉増進のためにご尽力いただいたことに、深く敬意を表します。委員の職を離れられても、地域における支え合いの担い手として、ご指導とご協力をいただくことを切に願います。
 また本日、128人の民生委員・児童委員の皆さんに委嘱状を伝達しました。見守りや相談支援など地域福祉の中心的役割を担う委員の皆さんのお力は、本市が目指す支えあう福祉のまちづくりに欠かすことができません。市としましても、市民の皆さんが主役となった地域づくり、地域福祉の推進に取り組んでいきますので、皆さんの一層のご協力をお願いします。

12月9(月曜日) 農業委員会意見交換会に出席しました。

農業委員会意見交換会であいさつする藤田陽三市長

 市内会場で開催された、令和元年筑紫野市農業委員会意見交換会に出席しました。
 農業委員・農地利用最適化推進委員の皆さんには、本年の4月から新体制としてスタートし、神崎会長とともに、農業委員会業務に邁進していただいていることに心から感謝します。農業を守り育て、持続可能なものとして、次の世代に繋いでいくことは重要な責務です。委員の皆さんには、引き続き、毎月の会議における審議をはじめ、農地パトロールや地域における農地利用の最適化推進活動などにご尽力いただきますようお願いします。本日は、委員改選後初めての意見交換会ということで、有意義な会となりますことを期待しています。

12月8(日曜日剣道連盟創立60周年記念剣道大会が開催されました。

剣道連盟創立60周年記念剣道大会にてあいさつする藤田陽三市長

 農業者トレーニングセンターにおいて、筑紫野市剣道連盟創立60周年を記念した第112回筑紫野市剣道大会ならびに第21回筑紫野剣道祭が開催されました。
 石川会長はじめ関係者の皆さんにおかれましては、永きにわたり、剣道を通じて青少年の健全育成、生涯スポーツの振興にご尽力いただき心から感謝します。また、選手の育成にも力を注がれ、今年の福岡県民体育大会において、青年男子ならびに男子の部で3位に入賞するなど輝かしい成績を残されています。市としても、指導者や選手の技術力の向上を支援するとともに、市民のだれもがいつでもどこでも、スポーツに親しみ、健康でいきいきと生活できる生涯スポーツ社会の実現をめざして諸施策を展開します。選手の皆さんのご健闘と、筑紫野市剣道連盟のご発展を祈念します。

12月6(金曜日) 小学生が高尾川・鷺田川河川改修工事の現場を見学しました。

高尾川地下河川築造工事現場を視察した中学生と藤田陽三市長

 高尾川の氾濫を防ぐため新たな水の流れをつくる、地下河川の築造工事が進んでいます。
 技術の結晶ともいえるこの工事の現場をぜひ見てほしいと、市内小中学生の見学会を行いました。各校から2人ずつ、2日には中学生、今日は小学生が、ビルの7階分、22メートルの地下まで降りて地下河川のトンネルを見学しました。今日は私も一緒に見学しましたが、説明を聞く真剣な表情や「わあ、すごい」という感嘆の声に、見てもらってよかったと心から思いました。この経験から、モノづくりや、防災に携わる仕事を志す子どもが出てくれたらこんなにうれしいことはありません。

12月4日(水曜日)日台友好筑紫野市議会議員連盟総会に出席しました。

日台友好筑紫野市議会議員連盟総会にてあいさつする藤田陽三市長
台北駐福岡経済文化弁事処 陳 忠正 処長の表敬をうける藤田陽三市長

 市役所で開催された令和元年度日台友好筑紫野市議会議員連盟総会に出席しました。
 議員の皆さんにおかれましては、日本と台湾の政治的・経済的・文化的な交流により、互いの絆を一層深められていることに、心から敬意を表します。これからも日台双方についての見識をより深めていただき、台湾との友好関係の一層の増進が図られることを期待します。
 総会の後には、本日の来賓であり、特別講演を行われた台北駐福岡経済文化弁事処 陳 忠正 処長とお話しする機会を得ました。日本への愛着と敬意を率直に話してくださいました。福岡が大好きだという陳処長、筑紫野市には初めて来られたとのことですが大変素敵な方でした。

12月4(水曜日) 二日市三日えびす祭りが開催されています。

二日市三日えびす祭りを訪れた藤田陽三市長

 日田街道の宿場町として栄えた二日市は古くから市が立ち、にぎやかな商業の町として栄えました。その二日市に、七福神のひとつであり、商売の神としても知られるえびす様がまつられています。
 123日から3日間行われる二日市三日えびす祭りには、師走の恒例行事としてたくさんの方が参拝にお見えになります。私も短い時間でしたが、皆さんと言葉を交わし、福を分けていただきました。古くからの伝統行事を守り続けている地域の皆さまに心から敬意を表します。

12月4(水曜日) 令和元年第5回筑紫野市議会定例会を招集しました。

令和元年第5回筑紫野市議会定例会に臨む藤田陽三市長

 令和元年第5回筑紫野市議会定例会を招集しました。
 会期は1220日までの17日間となります。本定例会には、条例4件、補正予算14件、人事案件15件、その他1件、計34件の議案を提案し、審議をお願いします。一般質問は17日(火曜日)、18日(水曜日)に行われる予定です。
 議員各位には、よろしくご審議いただきますようお願いします。

12月3(火曜日) みんなで築こう 人権の世紀~考えよう 相手の気持ち 未来へつなげよう 違いを認め合う心~

人権週間にともなう街頭啓発活動を行う藤田陽三市長

 12月4日から10日は人権週間です。わたしたちのまわりには、なくしていきたい差別、そしてさまざまな人権問題があります。改めて人権について考える機会とするため、街頭啓発を行いました。
 私は、西鉄二日市駅にて、二日市中学校と天拝中学校の生徒さんと一緒に、啓発活動を行いました。中学生のはきはきとした気持ちの良い声かけで、寒い中家路を急ぐ人もチラシを手に取ってくれていました。一緒に啓発活動をしてくれた中学生のまっすぐな願いを、みんながお互いを尊重しあい自分らしく生き生きと暮らす未来へつなげていきたいと強く思います。

12月3(火曜日) ケーブルステーション福岡と災害時における協定を締結しました。

ケーブルステーション福岡との災害時における情報伝達等に関する基本協定書の締結式に臨む藤田陽三市長

 市役所にて、九州テレ・コミュニケーションズ株式会社(ケーブルステーション福岡)太田賢一郎 代表取締役社長をはじめ、関係者の皆さんのご参加をいただき、災害時における情報伝達等に関する基本協定書の締結式を開催しました。
 いつどこで災害に見舞われるか予測がつかない中、情報発信手段の多重化が求められています。今回の協定の締結により、大規模災害時において、情報発信が円滑かつ的確に行えるようになるものと確信しています。これからも災害への備えと市民の皆さんの安全安心の確保による防災力向上に努めて参ります。

12月2(月曜日) 筑紫野市社会福祉協議会合同懇親会に出席しました。

社会福祉協議会合同懇親会であいさつする藤田陽三市長

 市内会場で開催された、令和元年筑紫野市社会福祉協議会合同懇親会に出席しました。
 岡部会長をはじめとする筑紫野市社会福祉協議会および関係者の皆さんにおかれましては、「みなさん一人ひとりが福祉の主役」の基本理念に基づき、地域の人びとが住み慣れたまちで安心して生活することができる「福祉のまちづくり」の実現をめざしさまざまな活動を展開されていることに、心からの感謝と敬意を表します。今後もより一層皆さんと連携を深め、地域福祉の充実に努めたいと思います。

12月2(月曜日) 九州の自立を考える会総会に出席しました。

藤田陽三市長が参加した九州の自立を考える会総会の様子

 福岡市内会場にて開催された、九州の自立を考える会令和元年総会に出席しました。
 九州の自立を考える会では、地方主権による九州の自立や地方行政と地方行政のあり方について、また災害に強い九州の構築についてなどを研究しその成果を広く公表することにより九州の自立を進める機運の醸成に資することを目的としています。今日の総会では平成30年度事業報告や令和元年度事業計画等について議題とし、いずれも可決されました。

12月2(月曜日) フィリピン共和国から学校の視察に来られました。

フィリピン共和国から学校視察に来られた皆さんと藤田陽三市長

 フィリピン共和国の教員の皆さんが市内の小中学校を見学されることに伴い、代表のロザリーノ アグパロさんほかの表敬を受けました。
 フィリピンの教育事情など、いろいろなお話をお聞きすることができました。視察では、授業の様子など教育の内容に加え、給食や建物についても参考にしたいとのことでした。この視察により、フィリピンでの教育現場に筑紫野市の教育の良さを持ち帰っていただくとともに、視察を受け入れた学校でも大いに学び、相互に有意義なものとなることを期待しています。

12月1(日曜日) みかさ台ワンコインパーティーに出席しました。

みかさ台ワンコインパーティーにてあいさつする藤田陽三市長

 みかさ台公民館で開催された第24回みかさ台ワンコインパーティーに出席しました。
 「地域活性化・絆を高め・助けあい・健康寿命延ばし」をテーマに掲げるこのパーティーでは、門崎代表をはじめとした有志の皆さんによる手料理で、おなかも心もいっぱいに、みかさ台区のさらなる活性化を目標とされています。わたしも毎回、このパーティーに参加し、実行委員や参加の皆さんから元気をもらうのを楽しみにしています。ワンコインパーティーをはじめとしたさまざまなイベントや工夫で、10年後を見据えたみかさ台区の活動のますますの発展、充実を楽しみにしています。

12月1(日曜日) 若葉・中原公民館 餅つき大会に参加しました。

若葉中原公民館餅つき会であいさつする藤田陽三市長

 若葉・中原公民館で開催された餅つき大会に参加しました。今年度初めて、令和初めての餅つき大会への参加です。
 公民館前広場は、餅をつく掛け声や、子どもたちの歓声で活気にあふれていました。こうした行事を通じて、地域の伝統が受け継がれ、地域の絆が育まれていくことを願ってやみません。

12月1(日曜日) 豊かな森を私たちが守る~森林ボランティア作業出発式~

森林ボランティア作業出発式であいさつする藤田陽三市長

 市役所前ふれあい広場にて、令和元年度ちくしの森林ボランティア作業出発式を行いました。
 昨年は7月豪雨災害に伴い活動を中止したことから、2年ぶりの開催となります。心配していた天候にも恵まれ、ちくしの森林ボランティア会員はじめ筑紫野市森林・林業・林産業活性化促進議員連盟から議員の皆さん、商工会青年部や山神水道企業団の皆さんなど、早朝から多くの参加をいただきました。今日は枝打ち作業を中心とした森林保全作業を行っていただきました。寒い中、本当にお疲れさまでした。

このページに関するお問い合わせ先

担当部署: 企画政策部 秘書広報課
電話番号: 092-923-1111
ファックス番号: 092-923-5391


一言アンケート (※氏名・住所・電話番号・メールアドレスといった「個人情報」は入力しないようにしてください。)

このページは役に立ちましたか?



 
※255文字を超えるご意見は受け取ることが出来ませんのでご注意ください。

サイトマップリンク集個人情報の取り扱いについて著作権・リンク等について各課等メールアドレス