ホーム担当部署から探す筑紫野市公共施設マップよくある質問Q&A申請書ダウンロード各課等メールアドレス
印刷用ページ
初めての方へサイトマップ翻訳(English Translation|Chinese Translation|Korean Translation)
文字のサイズ
縮小標準拡大
現在位置:HOMEの中の分類から探す(行政情報)の中の市長の部屋から藤田陽三 市長の動き(平成31年4月)
更新日: 2019年5月28日
 

市長の動き(平成31年4月)

今日をまもり、明日につないで、未来を創る、ひかり輝く筑紫野市」 のため、市長として日々活動しています。ここでは、市長の日々の活動の中から主なものを紹介します。

 過去の市長の動きを見る

4月29日(月曜日)  雨に薫る長者の藤・筑紫野市祭「二日市温泉藤まつり」を開催

二日市温泉藤まつりであいさつする藤田陽三市長
長者の藤と藤田陽三市長

 天拝公園・武蔵寺周辺で筑紫野市祭「二日市温泉藤まつり」を開催しました。あいにくの雨天となりましたが、水上ステージ出演者の皆さん、実行委員会を構成する筑紫野市観光協会、筑紫野市商工会をはじめとした関係機関の皆さんの熱意により、多くの人に来場いただき、楽しんでいただくことができました。心から感謝します。これからも、関係各位のご協力のもと、市民の皆さんに愛され親しまれる祭りとしていつまでも続けていきたいと願っています。
 満開の長者の藤は、雨を含んでしっとりと、風情のあるたたずまいを見せてくれました。思いがけず、いつもと違った表情の藤の花を堪能することができた藤まつりでした。

4月28日(日曜日)  新緑の竜岩自然の家へようこそ!~ドラゴンロックフェスタ~

 第19回ドラゴンロックフェスタであいさつする藤田陽三市長工作体験の子どもに話しかける藤田陽三市長 農産物コーナーのスタッフと談笑する藤田陽三市長

 竜岩自然の家において第19回ドラゴンロックフェスタを開催しました。天気にも恵まれ、また連休中ということもあり、たくさんの方に来場いただきました。プレイドームではクライミングやニュースポーツ、工作など豊富な体験メニューが展開され、屋外でもグラウンドゴルフや野鳥観察、地元農産物の販売など、子どもから大人まで、お楽しみが盛りだくさんのイベントとなりました。運営にご協力いただいたボランティアの皆さん、本当にありがとうございました。
 竜岩自然の家は今、新緑が美しい季節です。さまざまな講座も開催していますので皆さんのご利用をお待ちしています。

4月28日(日曜日)  スポーツを通じたコミュニティづくり~山家地区春季スポーツフェスタ大会~

山家地区春季スポーツフェスタであいさつする藤田陽三市長

 平成31年度山家地区春季スポーツフェスタ大会が開催され、私は諸田多目的グラウンドで行われた開会式で参加者に激励の言葉をおくりました。
 大会会長でもある山家コミュニティ運営協議会の安武会長はじめ、山家地区の皆さんが一丸となって実施しているこの大会は、健康維持と体力向上、親睦交流を目的に昭和52年からはじまり、今年で43回目を数えます。種目や会場を工夫しながら続けられているとのことで、地域の熱意と絆に深く感じ入るところです。皆さんのはつらつとした笑顔から山家地区の活力がしっかりと伝わってきました。

4月26日(金曜日) 第37回筑紫人権擁護委員協議会総会に出席しました。

筑紫人権擁護委員協議会総会にてあいさつする藤田陽三市長

 第37回筑紫人権擁護委員協議会総会が生涯学習センターで開催され、開催市の市長として出席しました。
 2016年に「部落差別解消推進法」など人権3法が施行され、差別のない明るい社会の実現のため、教育や啓発、相談体制の充実がうたわれました。しかし今もなお、差別事象や人権侵害は発生しています。法の理念を具体化していくため、人権擁護委員の皆さんの取り組みに一層期待するところです。市としても人権擁護委員の皆さんとともに、筑紫地区一丸となって人権教育、人権啓発に取り組んでいきます。

4月26日(金曜日) 「地域に健康の輪を広げよう」~健康は食から、地域から。

食生活改善推進会総会にてあいさつする藤田陽三市長

 カミーリヤで開催された、平成31年度筑紫野市食生活改善推進会総会に出席しました。
 食生活改善推進会(食進会)の皆さんは、「地域に健康の輪を広げよう」をスローガンに、地域における食生活改善の普及・啓発に積極的に取り組んでおられます。市の「食育推進計画」における、ライフステージに応じた食育推進施策の推進にあたっては、皆さんの協力が必要不可欠です。設立から30年にわたる活動の経験を活かし、明るく元気な健康づくりの担い手として、より一層の食育活動を展開していただきますよう、大いに期待しています。

4月25日(木曜日) 民生委員児童委員連合会全員協議会総会に出席しました。

民生委員児童委員連合会全員協議会総会であいさつする藤田陽三市長

 カミーリヤで開催された、平成31年度筑紫野市民生委員児童委員連合会全員協議会総会に来賓として出席し、ごあいさつしました。
 100年を超える歴史をもつ民生委員制度は、筑紫野市においても民生委員児童委員の皆さんの強い使命感と情熱に支えられ、市民の信頼も厚く地域に深く根付いたものとなっています。一方で、日々の生活の中でさまざまな悩みを持ち、支援を必要とする人は増え続けています。これからも、支援を必要とする人の声に耳を傾け、寄り添いながら、また地域福祉の充実のため、人と機関、人と制度、人と人をつなぐ架け橋として活動を続けていただきたいと思います。

4月25日(木曜日) 筑紫野市水田営農対策集落推進員会議に出席しました。

水田営農対策集落推進員に委嘱書を交付する藤田陽三市長

 平成31年度第1回筑紫野市水田営農対策集落推進員会議が生涯学習センターで開催され、今年度推進員となられた72人の皆さんを代表し、林さん(武蔵)に委嘱書を交付しました。昨年度は米の生産調整の目標配分が廃止されるなど大きな転換点となりましたが、推進員の皆さんのご協力により、これまでどおり計画的な需給調整ができました。
 これからも、皆さんとともに生産調整をはじめとした地域農業の課題に取り組み、農業経営の安定と安全でおいしい農産物の安定供給に向け努力していきます。

4月24日(水曜日) 筑紫保護区保護司会総会に出席しました。

筑紫保護区保護司会総会にてあいさつする藤田陽三市長

 生涯学習センターで開催された、平成31年度筑紫保護区保護司会総会に出席し、開催市の市長としてごあいさつしました。
 保護司の皆さんは、社会奉仕の崇高な精神のもと、犯罪や非行をした人の社会復帰や更正を助けるとともに、犯罪のない明るい社会づくりに貢献していただいています。犯罪や非行の防止のためには、地域社会の積極的な見守り活動や社会復帰に導くための正しい認識が必要不可欠だと考えます。市としましても、保護司の皆さんとともに更なる啓発活動に努めたいと思います。保護司の皆さんのそれぞれの知識と経験を生かした活動に敬意を表するとともに、筑紫保護区保護司会としての活動の更なる充実に期待します。

4月21日(日曜日) 筑紫野市子ども会育成会連絡協議会総会に出席しました。

子ども会育成会連絡協議会総会にてあいさつする藤田陽三市長

 生涯学習センターで開催された、平成31年度筑紫野市子ども会育成会連絡協議会総会に出席しました。高田会長をはじめ協議会役員の皆さん、また単位子ども会の皆さんには、日ごろから子どもたちの健全育成にご尽力いただいていることに心から感謝します。
 生活環境が多様化する中、子どもたちの「遊び」も姿を変えてきました。「地域ぐるみの子育て」の実践の場である子ども会は、異年齢集団で生まれる主体性・自主性、遊びのなかで磨かれる感性、想像力を引き出す、可能性にあふれた場だと思います。これからも、魅力的な子ども会活動で地域の笑顔が広がっていくことを願っています。

4月19日(金曜日) 筑紫野市消防団総会に出席しました。

消防団総会にてあいさつする藤田陽三市長

 平成31年度筑紫野市消防団総会に来賓として出席し、ごあいさつしました。
 山崎団長はじめ消防団員の皆さんには、お仕事のかたわら、訓練や啓発活動、消火活動や災害活動など市民の安全安心を守るため昼夜を問わずご尽力いただいていることに、心から感謝します。昨年度は7月の西日本豪雨により市内に大きな被害があったほか、今年3月には鎮火に十数時間を要する大規模火災も発生しています。災害から市民の生命、財産を守るため、地域に根ざした消防団は地域防災の要です。団員の皆さんには、団の結束のもと、これからも市民の安全安心を守っていただきますようお願いします。

4月17日(水曜日) 筑紫野市たばこ組合クリーンキャンペーンでごあいさつしました。

たばこ組合クリーンキャンペーン参加者の皆さんと藤田陽三市長

 筑紫野市たばこ組合のクリーンキャンペーンとして、高木組合長はじめ組合員の皆さんにJR天拝山駅から市庁舎までの環境美化事業を実施いただきました。
 たばこ組合の皆さんは、マナーアップ事業や年2回のクリーンアップキャンペーンなどの活動を実施しておられます。今後も活動を通じ、未成年者の喫煙防止や喫煙マナーの啓発・向上にご尽力いただきますようお願いします。早朝からの活動、お疲れさまでした。

4月15日(月曜日) 新規採用職員に伝えたいこと・・講話を行いました。

新規採用職員研修にて講話を行う藤田陽三市長

 筑紫野市では、新規採用職員を対象に5日間にわたり、「筑紫野市を知る」「市民視点を身につける」「同期の絆をつくる」をテーマに、研修を行っています。私も講義の1コマを受け持ち、職員としての心構えや望ましい職員の姿について話をしました。この5日間で、先輩職員たちが19人の新規採用職員にさまざまな分野の講義をします。研修を通じて、何を感じ、どう生かしていこうと思うか、どんな行動につなげるのか。期待をこめて、彼らの成長を見守っていきたいと思います。

4月13日(土曜日)  「第26回奉納おんな神輿」に声援をおくりました。

第26回おんな神輿であいさつする藤田陽三市長

 二日市八幡宮において春季大祭が行われ、4基の神輿を担いだ女性の皆さんが二日市のまちを元気に、そして華やかに練り歩きました。
 おんな神輿には、氏子の皆さんのほか、九州産業高校の生徒さんや地元企業・団体からも参加され、地域の祭を盛り上げていただいています。多くの人の関わりの中で、歴史や文化、そして人々の願いが受け継がれていることを大変うれしく思いました。「ソイヤ、ソイヤ」の掛け声が青空に響き渡りました。

4月12日(金曜日) 筑紫野市商工会青年部第48回通常総会に参加しました。

商工会青年部第48回通常総会にてあいさつする藤田陽三市長

 市内会場で開催された、筑紫野市商工会青年部の第48回通常総会に参加し、ごあいさつしました。
 商工会青年部の皆さんには、地域経済の中心的担い手として、組織の強化や若手経営者の育成などさまざまな取り組みを展開していただいています。市としましても、本市の特性を十分に活用し、地場産業の育成、地域経済活性化に向け、商工業の発展に努力をしてまいります。今後も、新たに就任された合田部長を中心に、若きリーダーとして地域商工業の振興に努めていただけるものと大いに期待しています。

4月12日(金曜日) 御笠シニアクラブ連合会総会に参加しました。

御笠シニアクラブ連合会総会にてあいさつする藤田陽三市長

 平成31年度御笠シニアクラブ連合会総会が御笠コミュニティセンターにて開催され、来賓としてごあいさつしました。
 御笠シニアクラブでは、伊藤会長はじめ会員の皆さんがシニアクラブ活動の振興と高齢者福祉の向上のため日々さまざまな活動に取り組んでおられます。誰もが笑顔で住み慣れた地域で暮らし続けることができるよう、皆さんには、豊富な人生経験を生かし、地域の担い手としてますます元気に、より一層ご活躍いただきますようお願いします。
 総会の中で、白寿・米寿を迎えられた8人の方が表彰されました。心からお祝い申し上げます。

4月12日(金曜日) 山家幼稚園の入園式を開催しました。

平成31年度山家幼稚園入園式にてあいさつする藤田陽三市長

 筑紫野市立山家幼稚園の第54回入園式を開催し、新入園児にお祝いをのべました。
 山家幼稚園では、「はじける笑顔・かがやく瞳・つながる心」を教育目標に掲げ、小河園長を中心に日々の教育・保育に取り組んでいます。たくさんの地域の方に見守られ、少し緊張しながらもうれしそうな14人のうさぎ組の子どもたち。これからの幼稚園生活は、豊かな自然とあたたかいまなざしに包まれて、輝きに満ちたものになることでしょう。

4月11日(木曜日) 旭東地区の新1年生歓迎会に参加しました。

 旭東地区新1年生歓迎会で参加者の皆さんと笑顔の藤田陽三市長

 旭東公民館において旭町・東町区合同で新一年生を祝う会が開催されました。私も参加し、11人の新1年生にお祝いをのべました。
 この会は、旭町区の行徳区長、東町区の豊福区長・井上前区長を中心に、地域のつながりをより強いものにしたいという願いから地域主催で行われています。小学校や家庭のみならず、地域の人にも祝ってもらった素晴らしい1日は、子どもたちにとって素敵な思い出として心に残ることと確信しています。
 元気な自己紹介ができていた子どもたち。地域の皆さんに名前を覚えてもらって、のびやかに成長していってほしいと心から願っています。

4月11日(木曜日) 小学校ご入学、おめでとうございます。

天拝小学校代18回入学式であいさつする藤田陽三市長 

 筑紫野市立小学校11校で、989人の新1年生を迎え、入学式を執り行いました。
 私は、天拝小学校の第18回入学式に出席し、47人のかわいらしい新入生にお祝いの言葉をのべました。みんなで机をならべて勉強したり、運動したり、地域の活動に参加したりと、いろんな初めてのことにチャレンジして、天拝小学校で取り組んでいる「考える汗」「思いやる汗」「健やかな汗」をしっかりとかいてほしいと思います。そして、先生や保護者の方、地域の皆さんに見守られながら、のびのびと健やかに小学校生活を送ることを心から望んでいます。
 天拝小学校の入学式では、6年生による寸劇形式の歓迎のことばもあり、新1年生が学校生活を楽しみに、期待をもって臨めるような工夫が凝らしてありました。学校を挙げた歓迎の気持ちが伝わってくる、大変心温まる入学式でした。

4月11日(木曜日) チャリティゴルフ大会で始球式を行いました。

チャリティゴルフ大会で始球式を行う藤田陽三市長 

 つくしライオンズクラブ主催の第31回チャリティゴルフ大会に参加し、中川会長とともに始球式の大役をつとめました。
 つくしライオンズクラブでは、地域社会への奉仕を目的にさまざまな活動に取り組まれています。今日のチャリティゴルフ大会での益金は、市内の福祉関係団体の支援のため贈呈されるということです。会場にお集まりの会員の皆さんと、早朝のすがすがしいひと時を過ごすことができました。

4月10日(水曜日) 筑紫野市農業委員会臨時総会に出席しました。

筑紫野市農業委員会臨時総会であいさつする藤田陽三市長 

 委員の改選に伴う筑紫野市農業委員会臨時総会に出席し、農業委員の皆さんに任命書を交付しました。
 現在の農業を取り巻く環境は、担い手不足や遊休農地の増加の問題に加え、諸外国との競争など非常に厳しい状況です。農業は産業の根幹を成すものであり、筑紫野市としても農業を守り育て、持続可能な産業として次世代へ繋いでいくことは重要なことであると考えています。神埼会長、熊野副会長をはじめ12人の委員の皆さんには、筑紫野市の農業振興に一層のご尽力を賜りますようお願いします。

4月10日(水曜日) 中学校ご入学、おめでとうございます。

第73回筑山中学校入学式に臨む藤田陽三市長 

 筑紫野市立中学校5校で、984人の新1年生を迎え、平成31年度入学式を執り行いました。
 私は、筑山中学校の第73回入学式に出席しました。中学生の時期は、皆さんが心身ともに大きく成長する大事な時期です。勉強や部活動のほか、学校行事や生徒会活動、地域行事やボランティア活動など、いろいろなことに積極的にチャレンジして、豊かな人になってほしいと思います。筑山中学校の生徒会スローガン「あじみそ(あいさつ・時間を守る・身だしなみ・掃除)」にもしっかり取り組み、人間力を磨いてください。
 少し大きな、真新しい制服を着た1年生。たくさんの可能性に満ちた中学校生活を大いに楽しんでいただきたいものです。 

4月8日(月曜日) 平成31年度健康づくり運動サポーターの会定期総会に出席しました。

筑紫野市健康サポーターの会定期総会であいさつする藤田陽三市長 

 カミーリヤを拠点に市内全域でさまざまな活動を展開している、筑紫野市健康づくり運動サポーターの会の定期総会に出席しました。
 平成22年4月の発足以来、市民の健康を多彩なメニューでサポートし続けておられる、総勢135人の会員の皆さん。昨年度は、のべ884回の活動で、市民の健康を支えてくださいました。私も移動市長室で皆さんとストレッチ体験をし、楽しみながら健康への意識を新たにしたところです。
 こうした長年の活動と市民主導の取り組みが高く評価され、平成311月に福岡県「健康運動推進実践グループ知事表彰 優秀賞」を、同2月には、スポーツ庁「体力つくり優秀組織表彰 文部科学大臣賞」を受賞されました。森会長はじめ会員の皆さんご自身もますます元気に、これからも「健康なまちづくり」に貢献いただきますようお願いします。

4月7日(日曜日) 各地区の自治会総会に参加しました。

旭ヶ丘自治会総会であいさつする藤田陽三市長東新町総会であいさつする藤田陽三市長 原自治会総会及び春籠りであいさつする藤田陽三市長

 新年度を迎え、各地区での自治会活動も始動しています。ご案内いただいた旭ヶ丘自治会(若葉団地区)、東新町自治会、原自治会の総会に参加しました。
 役員の交代があった自治会もありますが、それぞれの自治会で、着実な事業の継承が図られていました。
 自治公民館を核とした自治会活動は、地区ごとのコミュニティ活動と両輪をなすものです。これからも、市民の皆さんの一番身近な「共助」の拠点として、活動を発展させていただきますよう、よろしくお願いします。

<写真左> 旭ヶ丘自治会総会(若葉中原公民館)
<写真中> 東新町総会(東新町公民館)
<写真右> 原自治会総会および春籠り(アンビシャス多世代ふれあい館)


 

4月7日(日曜日) 平成31年度筑紫野市消防団辞令交付式に参加しました。

筑紫野市消防団辞令交付式であいさつする藤田陽三市長 

 平成31年度の筑紫野市消防団辞令交付式に参加し、新入団員の皆さんや昇任された団員に日頃の感謝と激励をのべました。
 山崎団長をはじめ、消防団の皆さんは日頃から、火災をはじめとする各種災害の警戒、防除に努めておられます。さまざまな災害が発生している中で、改めて地域の防災体制の強化が必要となっています。地域住民のもっとも身近な防災機関である消防団の皆さんには、市民の安全安心を守ることはもとより、各地域の自主防災活動も推進していただきたいと思います。
 団員の皆さんの地域を愛する心に感謝するとともに、ご自身の健康と安全に気をつけながら活動されることをお願いしました。 

4月6日(土曜日) 第37回若中クラブ通常総会に出席しました。

若中クラブ総会であいさつする藤田陽三市長 

 若葉中原公民館で行われた、第37回若中クラブ通常総会に出席しました。
 海口会長をはじめとした若中クラブの皆さまは、「仲間づくり、健康づくり、生きがいづくり」を活動の原点に、年間を通じ社会奉仕活動・教養講座開催などに取り組まれています。仲間とともに学んだことを社会に生かし、自らも楽しむ。皆さんの活動は、地域に笑顔と活力、うるおいをもたらしていると確信しています。
 筑紫野市では、地域包括ケアシステムの構築をはじめとしたさまざまな事業を展開、活性化していくことで、皆さまが安心して住み続けることができるまちづくりを進めています。市の取り組みが若中クラブの活動の後ろ支えとなり、いつまでもご壮健で活動を継続、発展されますことを心より祈念します。
 

4月6日(土曜日) 下見保育所第46回入所・進級式を行いました。

下見保育所入所・進級式であいさつする藤田陽三市長

 満開の桜の下で、下見保育所の第46回入所・進級式を行いました。
 園児の皆さん、入所・進級、おめでとうございます。今年は17人の新しいお友だちを迎え、にぎやかな入所・進級式となりました。下見保育所では、仲間を大切にする心を育んでいます。入所・進級した子どもたちが、「自分のことも、お友だちのことも大好き」と日々感じられるような保育を、所長はじめ職員全員で、そして保護者や地域の皆さんとともにつくり上げてほしいと願っています。子どもたちの誇らしげな笑顔が印象的な入所・進級式でした。

4月5日(金曜日) コミュニティセンター館長会議に出席しました。

コミュニティセンター館長会であいさつする藤田陽三市長

 平成31年度最初のコミュニティセンター館長会に出席しました。
 平成2612月に7つの地域全てでコミュニティ運営協議会が設立され、それぞれのまちづくり計画も平成3011月に全て策定が完了しています。地域の課題を具体的に解決していくコミュニティの活動がより一層重要性を増していく中、その活動を支えるコミュニティセンター館長をはじめとした職員のこれまで以上の絶大な支援が求められます。
 また、今年度は各コミュニティにおいて多くの役員が交代されます。館長会も、御笠・山家の2館で新任の館長を迎えてのスタートとなりました。歴代の役員・館長の地域に対する熱い思いと実績を次の世代に確実に継承し、市民の皆さんに「あってよかった」と実感してもらえるようなコミュニティの確立に向けた活動を進められるよう、お願いします。

4月5日(金曜日) 部課長会議で訓示を行いました。

部課長会議で訓示をのべる藤田陽三市長

 市の幹部職員に対し、新年度にあたっての訓示を行いました。
 平成31年度は、第6次総合計画の策定を進めていきます。また、働き方改革、待機児童対策、地域コミュニティの推進、地域包括ケアシステムの構築にも併せて取り組んでいきます。幹部職員には、これまでの知識と経験を生かして自らの職責をしっかりと果たしてもらいたいと思います。
 昇任した部課長がそれぞれに意気込みを述べましたが、私も幹部職員をはじめとした職員と一丸となって、笑顔あふれる筑紫野市のために奮闘していく考えです。平成の締めくくりに開庁した庁舎へ、新しい「令和」の時代に魂を入れていく決意を新たにしました。

4月3日(水曜日) 学校給食共同調理場の職員に訓示を行いました。

学校給食共同調理場の職員に訓示をのべる藤田陽三市長

 新年度の給食提供開始の前に、学校給食共同調理場の職員に対し訓示を行いました。
 私も子どもたちと一緒に給食を食べる機会がありますが、子どもたちが学校での給食を楽しみに、おいしく食べている様子をうれしく思っています。子どもたちの心も体も豊かにする給食、安全安心な給食をこれからも提供するため、調理員一人ひとりが衛生管理基準を遵守し、それぞれの業務を確実に遂行するよう訓示しました。

4月1日(月曜日) 福岡県市長会事務所開所式に出席しました。

福岡県市長会事務所開所式でテープカットをする藤田陽三市長

 福岡県自治会館(福岡市博多区)内に開設された福岡県市長会事務所の開所式に出席し、副会長としてテープカットを行いました。
 県市長会は県内全29市の市長で構成しています。新たな事務所を軸として、各市の連携がより緊密に、共通課題の解決に向けた活動が更に充実することを目指します。

4月1日(月曜日) 筑紫野市公立学校教職員赴任式に出席しました。

平成31年度筑紫野市公立学校教職員赴任式で歓迎のことばをのべる藤田陽三市長

 生涯学習センターで行われた平成31年度筑紫野市公立学校教職員赴任式に、市のマスコットキャラクターつくしちゃんと出席しました。
 筑紫野市では「自分が人からされたり、言われたりして、いやなことは自分は人にしない、言わない」をスローガンに、子どもたち一人ひとりを大事にし、また大事にされる教育を実践しています。あらたに赴任された119人の先生方には、筑紫野市の子どもたちのひかり輝く笑顔のため、力を尽くしていただくことを切にお願いします。

4月1日(月曜日) 一部事務組合の事務局長に辞令を交付しました。

一部事務組合職員に辞令を交付する藤田陽三市長

 管理者、企業長および組合長として、筑紫野・小郡・基山清掃組合、山神水道企業団、筑慈苑施設組合の平成31年度辞令交付式を行いました。
 いずれの一部事務組合も生活に欠かせない、重要な役割を担っています。事務局長を中心に一致団結し適切な事務の遂行に努め、市民生活のますますの向上に寄与してもらいたいと思います。

4月1日(月曜日) 新規採用職員に辞令を交付しました。

 平成31年度の新規採用職員18人に対し辞令を交付しました。
 いずれの職員も少し緊張した面持ちでしたが、私が辞令を手渡しながら「がんばってください」と声をかけると、「がんばります」「ありがとうございます」などの心強い返事とともに、希望とやる気に満ちた表情を見せてくれました。配属先のそれぞれの部署で、先輩職員に導かれながら、力を発揮してもらえることと期待しています。

4月1日(月曜日) 管理監督職員の異動・昇任者に辞令を交付しました。

管理監督職員の異動・昇任者へ訓示を行う藤田陽三市長

 平成3141日付人事異動に伴う辞令交付式を執り行いました。
 新庁舎での市政運営が始まり、はじめての人事異動です。地域コミュニティの推進、教育環境の充実、地域包括ケアシステムの構築など、さらなる市民サービスの向上を図るため、これまで以上に市民の皆さん一人ひとりの声を大切にしていかなければなりません。また、業務全般にわたり、市民の皆さんからの信頼される、意欲ある職員として業務に臨むよう、訓示しました。

4月1日(月曜日) 派遣職員に辞令を交付しました。

派遣職員へ辞令を交付する藤田陽三市長

 山神水道企業団、筑慈苑施設組合、福岡県自治振興組合(福岡県公文書館)、筑紫地区介護認定審査会などに派遣する職員へ辞令を交付しました。
 派遣される皆さんには、筑紫野市を代表して業務にあたるという意識を常に念頭におきながら、それぞれの職場の皆さんと切磋琢磨しあい、使命を全うしていただきたいと思います。

このページに関するお問い合わせ先

担当部署: 企画政策部 秘書広報課
電話番号: 092-923-1111
ファックス番号: 092-923-5391


一言アンケート (※氏名・住所・電話番号・メールアドレスといった「個人情報」は入力しないようにしてください。)

このページは役に立ちましたか?



 
※255文字を超えるご意見は受け取ることが出来ませんのでご注意ください。

サイトマップリンク集個人情報の取り扱いについて著作権・リンク等について各課等メールアドレス