ホーム担当部署から探す筑紫野市公共施設マップよくある質問Q&A申請書ダウンロード各課等メールアドレス
印刷用ページ
初めての方へサイトマップ翻訳(English Translation|Chinese Translation|Korean Translation)
文字のサイズ
縮小標準拡大
現在位置:HOMEの中の分類から探す(行政情報)の中の市長の部屋から藤田陽三 市長の動き(平成31年3月)
更新日: 2019年4月3日
 

市長の動き(平成31年3月)

今日をまもり、明日につないで、未来を創る、ひかり輝く筑紫野市」 のため、市長として日々活動しています。ここでは、市長の日々の活動の中から主なものを紹介します。

 過去の市長の動きを見る

3月29日(金曜日) 退職辞令を交付しました。

退職辞令を交付する藤田陽三市長1退職辞令を交付する藤田陽三市長2 

 退職辞令交付式を執り行いました。
 本年度は、職員が12人、再任用職員11人が定年や諸事情により退職されました。皆さん、本当に長い間お疲れ様でした。皆さんは、長きにわたって市職員の職責を全うされ、筑紫野市の発展に大いに貢献していただきました。皆さんのこれまでの功績とご尽力に、改めて感謝の意を表するとともに、本日からスタートする新たな人生が、充実したものとなりますことを祈念します。

3月28日(木曜日) 長年消防団でご精励いただきました皆様に、謹んで伝達させていただきました。

消防伝達式に臨む藤田陽三市長1消防伝達式に臨む藤田陽三市長2 

 筑紫野太宰府消防本部において、平成30年度消防功労者消防庁長官及び第71回日本消防協会定例表彰伝達式に出席しました。
 最初に、山﨑博団長が受章された消防庁長官表彰永年勤続功労章の報告が行われた後、日本消防協会の精績章を松田晃本部分団長に、同じく勤続章を吉村博文二日市東分団長に、謹んで伝達させていただきました。受章者の皆さん、誠におめでとうございます。このたびの受章は、本市としても大変栄誉に感じております。これからも、地域防災の要である消防団活動にご尽力いただきますようお願いします。

3月26日(火曜日) 天拝交番が開設されました。

天拝交番落成式に出席する藤田陽三市長

 天拝交番の落成式に出席しました。朝倉街道駅近くに針摺交番がありましたが、この度の移転とともに、名前を天拝交番に改めたものです。交番は、地域住民に寄り添い、地域防犯活動を推進する、最も身近な警察の象徴です。これからも住民、警察、行政が協働して安全安心のまちづくりを進めるとともに、天拝交番が、末永く地域住民から親しまれ、地域を支える拠点となりますことを祈念します。

3月24日(日曜日) 第7回桜まつりに出席しました。

第7回桜まつりに出席した藤田陽三市長

 暖かな日差しがそそぐ中、俗明院区の第7回桜まつりに出席しました。会場では、小学生の日本舞踊など各種演芸が行われ、集まった住民の皆さんを大いに楽しませていました。開催にご尽力いただきました、萩尾区長、阿部実行委員長をはじめとする関係者の皆様に、感謝します。住民の皆さんの笑顔が溢れ、子どもたちが楽しんでいる様子から、素晴らしいまちづくりが感じられました。そのことに改めて感謝するとともに、市も活力あるまちづくりのため、各種施策に取り組んでまいりますので、ご協力をお願いいたします。

3月23日(土曜日) 保育所慈生園の平成30年度修了・卒園式に出席しました。

保育所慈生園の平成30年度修了・卒園式に出席した藤田陽三市長

 保育所慈生園の平成30年度修了・卒園式に出席し、園児の皆さんにお祝いの言葉を送りました。園児の皆さん、ご卒園おめでとうございます。慈生園で学んだことをしっかり活かして、小学校でも様々なことに挑戦し、友達をたくさん作って、大きく成長してください。慈生園の森田園長はじめ保育士の皆さんには、日頃からマーチングなど音楽を通じて、子どもたちの健全育成にご尽力いただき、感謝申し上げます。市としましても、子どもたちがすくすくと成長できるよう、各種施策に取り組んでまいりますので、引き続きご協力をお願いいたします。

3月23日(土曜日) 第12回天拝少年剣道錬成大会に出席しました。

第12回天拝少年剣道練成大会に出席した藤田陽三市長

 第12回天拝少年剣道錬成大会が、農業者トレーニングセンターで行われました。会場には、700名を超える少年・少女剣士が集まり、日頃の練習の成果を発揮すべく、熱戦が繰り広げられました。大会開催にご尽力いただいた、山口剣友会の荒瀬会長をはじめ関係者の皆様に、感謝申し上げます。剣士の皆さんには、これからも剣道を通じて成長していただき、勝負だけにこだわらず、礼に始まり礼に終わる精神をしっかり学んでいただきたいと思います。

3月16日(土曜日) 恒例の春の蔵開きに出席しました。

恒例の春の蔵開きに出席した藤田陽三市長

 大賀酒造の春の蔵開きに出席しました。
 春の恒例イベントとなっている蔵開きには、新酒を求めるお客さんが大勢来場し、今年の新酒の出来栄えに舌鼓を打っていました。また、大賀酒造そばの二日市中央通商店街では、「春の二日の市」「ほろ酔いストリート」が開催されており、お客さんが歓声や笑い声をあげながら、春のイベントを大いに楽しんでいました。

3月16日(土曜日) 健やかに成長した園児たちの門出を祝いました。

街道保育所卒園式を祝った藤田陽三市長

 筑紫野市立4保育所から、総勢96人の園児たちが卒園しました。私は街道保育所第43回卒園式に出席し、園児にお祝いの言葉を贈りました。園児の皆さん、卒園おめでとうございます。小学生になっても優しい心を持ち続け、色々なことに挑戦しながら、大きく成長してくれることを願っています。保護者並びに地域の皆様には、本日までのご尽力に感謝するとともに、これからも、子どもたちの健やかな成長を支えていただきますよう、お願い申しあげます。

3月15日(金曜日) 第89回移動市長室を開催しました。

第89回移動市長室を開催した藤田陽三市長1第89回移動市長室を開催した藤田陽三市長2 第89回移動市長室を開催した藤田陽三市長3 

 通算89回目となる移動市長室を開催しました。
 健康づくり運動サポーターの会と懇談を行い、13人の皆様に出席していただきました。懇談では、「筑紫野市民を元気で笑顔にする運動サポーター活動」をテーマに、活動紹介を受け、ロコモ予防体操などを実施し、意見交換を行いました。実際に体験もさせていただき、楽しかった、の一言に尽きます。
 皆さん方がいろいろ工夫をこらして道具を手作りされ、楽しく運動をしながら健康づくりに励んであることがよく理解できました。地域の公民館に持ち返って、そこで輪を広めていただいている、この運動サポーターの活動が、本市にとって非常に大きな健康づくりの原点になっているということをしっかりと聞かせていただき、ありがたく思いました。
 皆様、本当にありがとうございました。

3月15日(金曜日) 心地よい春風が舞う中、卒業する児童たちを祝いました。

山口小学校卒業式に出席した藤田陽三市長

 筑紫野市立11小学校で卒業証書授与式が行われ、総勢1,036人の児童が卒業しました。私は山口小学校の卒業証書授与式に出席し、52人の卒業生にお祝いの言葉を贈りました。
 卒業生の皆さん、卒業おめでとうございます。小学校に入学して6年間、自らの勉強・運動だけでなく、仲間や家族、先生、地域の皆様の真心に見守られて、心身ともに成長してきました。中学生になっても、その方たちへの感謝の気持ちを忘れず、その方たちを支えられる人へと大きく成長することを願っています。皆さんの活躍を期待しています。

3月13日(水曜日) 直径5mの地下河川は、非常に大きなものでした。

地下河川築造工事を見学する藤田陽三市長1 地下河川築造工事を見学する藤田陽三市長2 地下河川築造工事を見学する藤田陽三市長3
地下河川築造工事を見学する藤田陽三市長4 地下河川築造工事を見学する藤田陽三市長5 地下河川築造工事を見学する藤田陽三市長6
 

 平成293月に着手した高尾川地下河川築造工事は、昨年8月のシールドマシン発進式から半年が経過し、順調にトンネル掘削工事が進んでいます。今回は、事業者である福岡県から進捗状況を伺うとともに、工事の様子を見学させていただきました。
 地下20mまで掘り下げられた発進立坑からトンネル部に入り、トンネル最先端のシールドマシンのそばまで近づくことができました。この工事は、高尾川の形状に合わせ、地下河川も左右に蛇行するという、大変難しい工事ということですが、安全に工事が進んでいることが確認できたところです。これからも福岡県と連携し、進捗状況を確認しながら、1日も早く工事が完了するよう、働きかけてまいります。

3月12日(火曜日) 大規模災害への備えのため、佐川急便株式会社、三友通商株式会社、ヤマト運輸株式会社と協定を締結しました。

大規模災害への備えとして物流3社との協定締結を行った藤田陽三市長

 市役所において、上記3社と「災害時における支援物資の受入及び配送等に関する協定」を締結しました。市は本年14日に、新たな防災拠点として新庁舎を稼動させるなど、災害への備えを進めております。物流のスペシャリストである3社との協定締結は、支援物資の円滑な受入れ、管理、輸送の体制が確保され、被災者に、迅速かつ確実に物資が供給できるようになります。災害への備えとして、市民の安心確保にご協力いただいた3社に感謝申し上げるとともに、市は防災力向上のため、これからも各種事業に取り組んでまいります。

3月11日(月曜日) 自然災害犠牲者追悼行事に出席しました。

自然災害犠牲者追悼行事に出席した藤田陽三市長

 御笠コミュニティセンターで行われた、御笠まちづくり協議会主催の自然災害犠牲者追悼行事に出席しました。ステージには、子どもたちが作った灯篭が置かれ、灯篭の優しい光を見つめながら、参加者全員で犠牲者を偲びました。その後、筑紫野消防署署員による防災学習会が行われ、危機管理の重要性を学んだところです。八尋会長代行をはじめ御笠まちづくり協議会の皆様には、日頃から学習会等を通じて、地域で防災意識を共有していただいていることに感謝するとともに、今後も、地域の防災力向上にご協力をお願いします。

3月11日(月曜日) 東日本大震災筑紫野市追悼式・復興祈念式を執り行いました。

東日本大震災筑紫野市追悼式・復興祈念式を執り行う藤田陽三市長1 東日本大震災筑紫野市追悼式・復興祈念式を執り行う藤田陽三市長2

 市役所ふれあい広場において、平成30年度東日本大震災筑紫野市追悼式・復興祈念式を執り行いました。
 式には、市議会、コミュニティ運営協議会、市消防団、市職員が参列し、震災で犠牲となられた方々へ哀悼の意を表すると共に、被災地の一日も早い復旧復興を祈りました。また、筑紫野太宰府消防組合の山上司令補から、震災直後の現場の状況や救助活動が報告され、改めて震災被害の凄まじさ、備えの重要性を痛感したところです。震災から8年が経過しましたが、記憶を風化させること無く、教訓として未来へ伝えることが大切であると感じました。
 現在は、各行政区での防災訓練、コミュニティ運営協議会による防災活動など、「自らの命は自分で守る。自らの地域は皆で守る。」という自助・共助の取組みが実施されており、新庁舎の開庁により、行政機能を停止させずに公助を行う体制も整ってきたところです。市は、市議会、コミュニテイィ運営協議会、市消防団と連携し、地域防災力の向上に一層注力してまいりますので、皆様のご協力をお願いいたします。

3月10日(日曜日) 本年春に、自衛隊へ入隊及び入校する20人を激励しました。

自衛隊入隊入校予定者激励会に出席する藤田陽三市長

 文化会館で行われた平成31年筑紫野市自衛隊入隊・入校予定者激励会に出席しました。自衛官は、日本の平和を守るため、日夜厳しい訓練に耐え、肉体と精神を鍛えています。また、東日本大震災や九州北部豪雨などの災害時には、人命救助及び物資輸送などに従事し、国民を守るため懸命に活動します。20人の皆さんには、ご自身の職務に誇りを持っていただき、1日も早く立派な自衛官になられることを期待しています。

3月10日(日曜日) 第44回筑紫野南野球連盟開幕式に出席しました。

第44回筑紫野南野球連盟開幕式に出席した藤田陽三市長

 小郡市で行われた第44回筑紫野南野球連盟開幕式に出席しました。小栁理事長をはじめとする筑紫野南野球連盟の皆様には、野球を通じて健康の維持増進、生涯スポーツの普及振興にご尽力いただき、感謝します。開幕式は、あいにくの雨天となってしまいましたが、今年1年の闘志溢れるプレーや素晴らしい試合を期待しています。筑紫野南野球連盟の皆様には本年も、野球を通じた郷土「筑紫野」の活性化及び、生きがいや心の豊かさ作りにご貢献いただきますようお願いいたします。

3月9日(土曜日) 原田保育園第43回卒園式に出席しました。

原田保育園第43回卒園式に出席した藤田陽三市長

 原田保育園第43回卒園式に出席しました。大勢の保護者が見守る中、1人ずつ園長先生から保育証が授与され、その様子から、子どもたちが立派に成長したことを感じました。園児・保護者の皆さん、ご卒園おめでとうございます。小学生になっても、色々なことに挑戦し、更に大きく成長してください。期待しています。南野園長をはじめ原田保育園の皆様には、今日まで、子どもの健やかな成長へご尽力いただき感謝いたします。これからも市が取り組む、子どもたちの笑顔が続くまちづくりために、ご理解とご協力をお願いいたします。

3月8日(金曜日) 卒業生971人の門出を祝いました。

卒業証書授与式(二日市中学校)に出席する藤田陽三市長

 筑紫野市立5中学校で卒業証書授与式が行われ、総勢971人の生徒が卒業しました。私は二日市中学校の卒業証書授与式に出席し、264人の卒業生にお祝いの言葉を述べました。卒業生の皆さん、卒業おめでとうございます。皆さんはこれから、様々なことを経験し、時には苦難に遭うかもしれませんが、努力を続け、仲間と励ましあいながら、乗り越えてください。また、周囲の人へ感謝の気持ちを忘れず、夢と希望を持ち続けてください。皆さんの活躍を期待しています。

3月7日(木曜日) 筑紫野市教育委員会委員の辞令交付を行いました。

筑紫野市教育委員会委員の辞令交付を行う藤田陽三市長

 3月1日本会議において、市議会同意を受けた田代邦夫氏に、筑紫野市教育委員会委員任命の辞令を交付しました。教育委員は、教育行政の重要事項や基本方針を決める役割を担い、総合教育会議で課題の協議・調整を行うとともに、様々な問題に対して効率的に取り組みます。田代教育委員には、これまでの2期で培っていただいた経験を十分に活かしていただき、今後も教育行政の推進にご尽力いただきますようお願いします。

3月2日(土曜日) 文化・芸術の更なる広がりを期待しています。

ちくしの芸術祭に出席する藤田陽三市長

 文化会館で開催された、筑紫野市文化協会「第34回ちくしの芸術祭2019」に出席しました。ステージ上では、舞踊や吟詠などが披露され、その他の部屋では、写真や華道、盆栽などが展示され、多くの市民が訪れていました。芸術祭開催に当たりご尽力いただいた、河津会長はじめ文化協会の皆様に、日頃の本市の文化・芸術の振興へのご尽力とともに、重ねて感謝申し上げます。市としましても、ひかり輝く筑紫野市を目指し、文化芸術に関する施策を推進してまいりますので、文化協会の皆様には引き続き、ご理解とご協力をお願いいたします。

3月1日(金曜日) 市民の皆様におかれましては、火の取り扱いにご注意ください。

春季火災予防週間に伴う防火パレードにでる藤田陽三市長

 市役所ふれあい広場において、平成31年春季火災予防週間に伴う消防団防火パトロール出発式に出席しました。この時期は、空気の乾燥に加え風の強い日が多いことから、毎年31日から7日までを春の火災予防週間として、火災予防を重点的に呼びかけています。山﨑団長をはじめとする筑紫野市消防団の皆様には、日頃の消防防災活動とともに、夜間パトロールにご協力いただき、感謝申し上げます。今後とも市民の安全安心のため、各種防災予防活動に、ご尽力いただきますようお願いします。

3月1日(金曜日) 平成31年第1回筑紫野市議会定例会を招集しました。

平成31年第1回筑紫野市議会定例会を招集した藤田陽三市長

 新庁舎で初となる、平成31年第1回筑紫野市議会定例会を招集しました。
 本定例会では、一般会計暫定予算を含む新年度予算12件、補正予算7件、条例4件、人事案件15件、その他2件、合計40件の議案を提案しました。会期は322日まで、一般質問は318日・19日の予定です。議員各位には、よろしくご審議いただきますようお願いいたします。
 なお、私の市長としての三期目の施政方針は、6月議会で披瀝する予定です。
 「施政方針・議会提出議案」ページへのリンク

このページに関するお問い合わせ先

担当部署: 企画政策部 秘書広報課
電話番号: 092-923-1111
ファックス番号: 092-923-5391


一言アンケート (※氏名・住所・電話番号・メールアドレスといった「個人情報」は入力しないようにしてください。)

このページは役に立ちましたか?



 
※255文字を超えるご意見は受け取ることが出来ませんのでご注意ください。

サイトマップリンク集個人情報の取り扱いについて著作権・リンク等について各課等メールアドレス