ホーム担当部署から探す筑紫野市公共施設マップよくある質問Q&A申請書ダウンロード各課等メールアドレス
印刷用ページ
初めての方へサイトマップ翻訳(English Translation|Chinese Translation|Korean Translation)
文字のサイズ
縮小標準拡大
現在位置:HOMEの中の分類から探す(行政情報)の中の市長の部屋から市長からのメッセージ
更新日: 2018年9月1日
 

市長からのメッセージ

今日をまもり、明日につないで、未来を創る、ひかり輝く筑紫野市


 市長の部屋へようこそお越しくださいました。
 筑紫野市長の藤田陽三です。

 筑紫野市は古来より人、物、情報が行きかう場所として栄えてきました。近世史を彩った長崎街道や日田街道、薩摩街道の追分でもあったように、現在でも、JR、西鉄、九州自動車道、国道3号など主要な幹線が通る交通の要衝としての優位性を有しています。
 また、1300年の歴史をもつといわれる二日市温泉や武蔵寺、菅原道真公ゆかりの天拝山、400年以上続いている山家岩戸神楽(市指定無形民俗文化財、毎年10月17日奉納)など、歴史・文化の薫るまちでもあります。
 天拝山麓の天拝公園で開催される市祭「二日市温泉と天拝山観月会」では、秋の名月と花火を一緒に楽しむことができ、昔から市民の皆さんに親しまれています。

 交通の利便性や快適な生活環境が自然・歴史・文化と相まって、定住の地、子育ての地として選んでいただいている人も増えています。
 筑紫野市は、高齢者や障がい者にやさしい人権尊重のまちを目指しています。地域で誰もが安心して暮らしていけるよう、互いの個性や違いを認めあい、自分らしく誇りや生きがいをもって心豊かに暮らせるまちづくりを展開していきます。
 
 「自然と街との共生都市 ひかり輝くふるさと ちくしの」の実現に向け、誠心誠意務めていく所存です。今後ともご支援ご協力を賜りますようお願いいたします。 








≪平成30年度 施政方針より≫

市長写真

筑紫野市長

藤田 陽三


 市としては、国の社会経済政策に焦点を合わせ、さまざまな情報を収集するとともに、有益なものについては、積極的な活用を図りながら、市長就任以来の公約である「行財政改革」、「産業・雇用をつくる」、「生活をまもる」、「共助社会づくり」、「未来をつくる」、この5つを政策の柱とした第五次総合計画を、着実に進めることが大切であると考えています。
 また、就任2期目の重点施策として掲げた「市庁舎建設」、「高尾川・鷺田川の浸水対策」、「地域コミュニティづくり」、「地域交通対策」、そして「筑紫駅西口土地区画整理事業」は、我が市にとって悲願とも言える長年の懸案事項であり、「ひかり輝くちくしの」づくりの礎となる重要な取り組みです。
 先人の思いを引き継ぎ、次の世代につなぐためにも、今後とも自らが先頭に立ち、進むべき道筋を示しながら、職員一丸となって全力で取り組んでいきます。

(1)行財政改革

  • 市庁舎建設については、本年11月の竣工に向け、行政サービスの拠点、防災の拠点、市民が集えるコンパクトな庁舎づくりを進めます。
  • 窓口業務のワンストップ化に向けた検討を進めるとともに、平成31年当初からの業務開始を目指し、移転に向けた取り組みを進めます。
  • 第二次財政計画に基づき、更なる歳入の確保と歳出の適正化に努めます。
  • 公共施設を計画的に維持管理するための個別施設計画の策定を進めます。

(2)産業・雇用をつくる

  • 住宅改修事業や地域活性化商品券への助成を継続します。
  • 商工会などとの連携による経営支援、創業支援に取り組みます。
  • 企業誘致などの情報収集に努め、有益なものについては積極的に検討を行います。
  • 多面的な機能を持つ農地の有効活用や担い手の育成を支援します。
  • 天拝公園一帯の観光需要に応えるため、公園周辺の道路整備に向けた用地取得を進めていきます。

(3)生活をまもる

  • 高尾川・鷺田川の浸水対策については、高尾川床上浸水対策特別緊急事業が順調に進み、今年度は現地にシールドマシンが搬入され、地下河川の掘削工事が始まります。今後も国への要望活動を継続し、平成31年度の完成に向けて取り組んでいきます。
  • 高齢者の暮らしを支え、見守る地域づくりに向けたものわすれ・あんしんサポートチームや生活支援コーディネーターなどの取り組みを継続します。
  • 筑紫医師会との在宅医療介護連携の推進など、地域包括ケアシステムの構築への取り組みをさらに進めます。
  • 消費生活相談や被害事例などの啓発・教育に努め、安全な消費生活が送られるよう取り組みます。
  • 新たに策定する「障がい者福祉長期行動計画」に基づき各種事業を推進していきます。
  • 部落差別解消推進法の理念を踏まえ、同和問題の解決に向けた取り組みを進めます。

(4)共助社会づくり

  • 地域コミュニティによる地域まちづくり計画の策定を継続して支援します。
  • 消防団の組織を見直し、各地域コミュニティと本部からなる8分団制へと移行します。
  • 地域コミュニティと小地区公民館連絡協議会との組織の一体化を進めます。
  • 広報紙、ホームページ、SNSによる情報発信の充実と報道機関への情報提供を通して、開かれた市政を目指します。
  • 移動市長室は、市民の皆様の活動を直に拝見し、ご意見を伺うことができる貴重な場ですので、今後とも充実を図っていきます。

(5)未来をつくる

  • 地域公共交通会議での意見を伺いながら、新たな交通手段であるコミュニティバスの運行実現に向けた取り組みを進めます。
  • 公共交通網形成計画のためには、地域コミュニティとの連携が重要だと考えますので、協働による事業展開についても検討を進めていきます。
  • 筑紫駅西口土地区画整理事業は、前畑遺跡の「土塁」発見により協議調整に時間を要しましたが、県から方針が示されましたので、記録保存調査を行い、一日も早い事業完了に向けて取り組みます。
  • 待機児童の解消に向け、認可保育所の増改築を支援し、入所定員が増加する見込みです。
  • 病後児保育事業を病気療養中の保育も可能な病児保育へと拡充します。
  • 教育施設の改修や地域に開かれた学校づくりのためのコミュニティ・スクールなどの取り組みを引き続き進めます。
  • 不登校対策専任指導員などの配置を見直し、相談体制の強化を図ることで、不登校児童生徒対策やいじめの予防に努めます。
  • 太宰府市とも連携しながら、国指定史跡である宝満山の保存と活用に向けた検討を進めていきます。

このページに関するお問い合わせ先

担当部署: 企画政策部 秘書広報課
電話番号: 092-923-1111
ファックス番号: 092-923-5391


一言アンケート (※氏名・住所・電話番号・メールアドレスといった「個人情報」は入力しないようにしてください。)

このページは役に立ちましたか?



 
※255文字を超えるご意見は受け取ることが出来ませんのでご注意ください。

サイトマップリンク集個人情報の取り扱いについて著作権・リンク等について各課等メールアドレス