ホーム担当部署から探す筑紫野市公共施設マップよくある質問Q&A申請書ダウンロード各課等メールアドレス
印刷用ページ
初めての方へサイトマップ翻訳(English Translation|Chinese Translation|Korean Translation)
文字のサイズ
縮小標準拡大
現在位置:HOMEの中の分類から探す(行政情報)の中の市長の部屋から第89回移動市長室(平成31年3月)
更新日: 2019年5月24日
 

移動市長室

【移動市長室とは】
 市長が自ら各地域へ出向き、市内で活動する団体やグループと身近なテーマについて対話を行うことで市の情勢や市民のニーズを把握し、今後の市政に生かすことを目的としており、月1回程度実施する予定です。

 過去の「移動市長室」を見る

第89回移動市長室

概要
日時 平成31年3月15日(金曜日)14時50分から16時20分
対象 健康づくり運動サポーターの会
懇談会の場所 カミーリヤ
内容 懇談60分、体験30分
懇談会の参加者 団体13人、市11人

 通算89回目となる移動市長室を開催しました。健康づくり運動サポーターの会と懇談を行い、森会長をはじめ13人の役員・運営委員の皆様に出席していただきました。
 サポーターの会は、健康推進課が実施する「運動サポーター養成講習会」修了者によって組織され、健康づくり運動を通して地域のまちづくりを応援する活動をしています。今年度、福岡県の「健康運動実践グループ知事表彰優秀賞」とスポーツ庁の体力つくり優秀組織表彰「文部科学大臣賞」を受賞しています。サポーターの会の皆様とは、平成25年2月に実施した第19回移動市長室において、健康体操などを体験し、活動の経緯や目的などの報告を受け、懇談をさせていただいたところです。

 今回は、「筑紫野市民を元気で笑顔にする運動サポーター活動」をテーマに懇談しました。まず、アイスブレーキングとして認知症予防の運動「コグニサイズ」を行い、活動紹介を受けました。
 平成18年度の養成講習会を終えたサポーター1期生10人が平成19年度から活動を始め、サポーターの会は平成22年4月に設立されました。養成講習会を修了した新たなサポーターが毎年加わり、平成30年度の会員数は135人(男性39人、女性96人)となっています。
 サポーターの会の特徴として挙げられるのが、毎年入会者がある、役員が定期的に交代する、男性会員が約3割と多い、常に新しい情報を共有している、の4点です。サポーター証の期限は2年のため、次の有効期限までの更新講習会受講が必要であり、活動を継続する上で必要な知識や技術を再度学ぶ場となっていること、また、毎月開催される情報提供会では会員同士の交流や情報交換、専門講師を招いての学習会を行い、学びと実践を深めていることの紹介がありました。
 以前はウォーキングイベントが多く開催されていたこともあり、ウォーキングが活動の中心でしたが、健康推進課と高齢者支援課が連携して実施している公民館での介護予防事業が中心となるなど、活動内容は大きく変化しました。高齢者が住み慣れた地域で安心して暮らせるまちづくりとして地域包括ケアシステムの構築が求められている現在、サポーターが継続的に支援する公民館での介護予防教室は、その一端を担うものであること、平成20年に2カ所からスタートした公民館での開催数は、サポーター支援数が37カ所になったこと、今後も公民館での教室を市内全域に広げて行き、全行政区での開催を目指し、元気な高齢者を増やしていくために活動を続けていきたいとの報告を受けました。
 その後、「365歩のマーチ」の曲に合わせてロコモ予防の筋力トレーニングを実施、サポーター手作りの道具を使ったレクリエーション「カベの向こうへ」を体験させていただき、みんなでこのように笑顔でストレッチやゲームをしながら、心身ともに健康づくりに努めてあることが素晴らしいと感じました。
 意見交換では、参加者の事例や公民館活動拡充、活動に参加しての感想などの発言がありました。「運動習慣ができ、散歩を欠かさずするようになられた」「病気後、運動の機会を求めて参加した人が皆勤で頑張られ、グラウンド・ゴルフに入会できるまでになった」「福祉委員としてサロンにかかわっていて、活用できればと考えていたが、何より自分の体が健康になる。継続的に運動を続けてもらえるように各サロンで教室を行った。地元にサポーターがいることで開催しやすくなる」「参加者が今日は来てよかった、サポーターの笑顔を見ると元気が出ると言ってくれる。喜ばれるその顔を見るのが私たちサポーターとしてうれしい」「たくさんの友だちができて、楽しく毎日過ごせている」などたくさんの意見を伺い、参加者で交流することができました。
 懇談の中でのご意見は、今後の市政に生かしてまいります。

移動市長室の様子その1
コグニサイズについて説明する様子
コグニサイズを行う様子
移動市長室の様子その2
ロコモ予防筋力トレーニングを行う様子
レクリエーション「カベの向こうへ」を行う様子
移動市長室の様子その3
移動市長室の様子その4
移動市長室の様子その5

移動市長室の様子その6
市長挨拶の動画

【市長の一言】
 
実際に体験もさせていただき、楽しかった、の一言に尽きます。皆さん方がいろいろ工夫をこらして道具を手作りされ、楽しく運動をしながら健康づくりに励んであることがよく理解できました。
 地域の公民館に持ち返って、そこで輪を広めていただいている、この運動サポーターの活動が、本市にとって非常に大きな健康づくりの原点になっているということをしっかりと聞かせていただき、ありがたく思いました。
 皆様、本当にありがとうございました。




【左は、移動市長室の市長あいさつの動画です。
(※音声が流れます)】

【議事録】
 懇談会の議事録はこちらからご覧ください。 (230kbyte)pdf

このページに関するお問い合わせ先

担当部署: 企画政策部 秘書広報課
電話番号: 092-923-1111
ファックス番号: 092-923-5391


一言アンケート (※氏名・住所・電話番号・メールアドレスといった「個人情報」は入力しないようにしてください。)

このページは役に立ちましたか?



 
※255文字を超えるご意見は受け取ることが出来ませんのでご注意ください。

サイトマップリンク集個人情報の取り扱いについて著作権・リンク等について各課等メールアドレス