ホーム担当部署から探す筑紫野市公共施設マップよくある質問Q&A申請書ダウンロード各課等メールアドレス
印刷用ページ
初めての方へサイトマップ翻訳(English Translation|Chinese Translation|Korean Translation)
文字のサイズ
縮小標準拡大
現在位置:HOMEの中の分類から探す(行政情報)の中の市長の部屋から第87回移動市長室(平成31年2月)
更新日: 2019年3月14日
 

移動市長室

【移動市長室とは】
 市長が自ら各地域へ出向き、市内で活動する団体やグループと身近なテーマについて対話を行うことで市の情勢や市民のニーズを把握し、今後の市政に生かすことを目的としており、月1回程度実施する予定です。

 過去の「移動市長室」を見る

第87回移動市長室

概要
日時 平成31年2月8日(金曜日)18時55分から20時05分
対象 筑紫野市内五中学校PTA役員(さくらの会)
懇談会の場所 二日市コミュニティセンター
内容 懇談70分
懇談会の参加者 団体20人、市9人

 通算87回目となる移動市長室を開催し、筑紫野市内五中学校PTA役員と懇談を行いました。今年度幹事校である筑山中学校PTAの佐々木会長をはじめ、各校の皆様20人に出席していただきました。
 市内五中学校のPTA本部役員の集まりである「さくらの会」は、情報交換をはじめ、活動の活性化や生徒の健全育成、課題解決に向けた取り組みを連携して実施しています。過去に実施した移動市長室では、PTA活動の魅力、活動で得たやりがいやよさなどについての懇談をさせていただいたところです。

 今回は、「子どもを笑顔にするPTA活動って?」をテーマとしました。事前に活動内容や課題、課題に対する取り組みなどへのアンケートを実施、子どもの笑顔のためという目的は同じでも手段は異なることから、各校の特徴的な取り組みについて報告をいただき、交流を行いました。
 筑山中学校PTAからは、構内美化活動についての報告がありました。従来から体育祭前や夏休みの草刈り・花壇整備などを実施しているが、本当にそれだけだろうかという視点で子どもたちが落ち着いて授業に臨める環境を手伝うことができないかと話し合ったこと、校舎が古くてもきれいな学校であってほしいし、それが子どもの笑顔や精神的安定、学習意欲の向上につながるということ、教室の環境整備はさまざまな手が打たれているが、それ以外の箇所は賛同してくれるボランティアで整備しようという発案で、トイレ清掃を実施したり、廊下の壁のペンキ塗りを計画したりしていることなどの発言がありました。
 二日市中学校PTAからは、継続的な改善についての報告がありました。はたして皆が参加できるような活動内容になっているか?と今までの活動の慣習を再度見直し、無理のない活動であるか、人員配置は適当であるか、活動に沿ったものかなど一つ一つを考え、できるだけ多くの保護者に少しの役でも構わないので関わっていただくようにしていること、やれる人がやれるときに無理をせず、お互いにサポートすることで活動の負担を減らし、運営効率もよくなっていることなどの発言と事例紹介がありました。
 天拝中学校PTAからは、地域にふれあい、地域に感謝し、根付かせる取り組みとして積極的に取り組んでいる地域貢献活動についての報告がありました。1年目は何をしていいか生徒任せ・地域任せで困惑もあったが、年数を重ねる中でお互いに接し方を学習し、よい形で活動ができるようになったこと、コミュニティ・スクール開始から4年目の今年度は保護者にもイベント係として一人一役を設け子どもたちと共有してもらいたいと実施したところ好評であったこと、今後は防災・防犯活動の手伝いができないか検討していることなどの発言がありました。
 筑紫野中学校PTAからは、広報の充実や工夫についての報告がありました。PTA新聞では主に子どもたちの活動報告を掲載していたが、理解を促すためにはPTA活動も掲載してはどうかと検討したこと、ただ、自分の子どもが載っているのを楽しみに見る場合もあるため五分五分にしたこと、大人たちの笑顔を生み出すものとして体育会競技にPTAが参加、大縄跳びと部活対抗リレー、フォークダンスなどにより子どもも大人も笑顔の様子を掲載できたこと、また、ホームページアドレスを掲載して紙媒体だけではない情報発信を行ったことなどの発言がありました。
 筑紫野南中学校PTAからは、筑南コミュニティ文化祭について報告がありました。中学校の文化祭・部活動バザーと筑紫南コミュニティ運営協議会の文化祭をコミュニティ・スクールの一環として一緒にできないかという声が昨年度からあり今年度初めて取り組んだこと、運営主体は協議会で、1日目は中学校、2日目はコミュニティセンターを会場として開催したこと、物販の方法が各々異なり調整を要したこと、初開催による課題を調整し、お互いの理解が深まった来年度はよりよいものになると感じているなどの発言がありました。
 各校からの報告を受け、私からは感想やPTA会長経験者としてのメッセージ、教育施策への思いを述べさせていただきました。「PTAというのは、やればやるほど仕事はあるし、きつい思いをした人はやりたくないなというのも出てきます。しかし、皆で分かち合って楽しくという姿勢は大事であり、子どもの笑顔のみならず大人が笑顔にならないといけないと私も経験から思います。また、どの学校もコミュニティ・スクールの中で中学生たちが夏祭りをはじめ地域に非常に貢献してくれていて、地域から頼りにされ、それを喜びとして活躍しています。筑南文化祭では私も生徒たちのいきいきとした姿を目にし、画期的な地域貢献であったと感じました」
 さまざまな意見交換をしながら、参加者で認識を深めることができました。懇談の中でのご意見は、今後の市政に生かしてまいります。 

移動市長室の様子その1
移動市長室の様子その2
移動市長室の様子その3
移動市長室の様子その4
移動市長室の様子その5
移動市長室の様子その6
移動市長室の様子その7
移動市長室の様子その8
移動市長室の様子その9
移動市長室の様子その10
移動市長室の様子その11



移動市長室の様子その12
市長あいさつの動画

【市長の一言】
 子どもを笑顔にするというテーマで本日は懇談させていただきました。これが皆さん方の本来の思いであろうと思います。と同時に、活動内容をお聞きしても、さくらの会の皆さんがそれぞれの学校を思いやって、それぞれの協力体制の中で、筑紫野市の五中の生徒たちを笑顔にしようと、そして、自分たちもその仲間として、ともに手をつなぎながらつくり上げていこうという営みがよくわかりました。
 和やかな中に有意義な意見交換をさせていただきました。五中学校PTA役員の皆様、本日はどうもありがとうございました。


【左は、移動市長室の市長あいさつの動画です。
(※音声が流れます)】

【議事録】
 懇談会の議事録はこちらからご覧ください。(235kbyte)pdf

このページに関するお問い合わせ先

担当部署: 企画政策部 秘書広報課
電話番号: 092-923-1111
ファックス番号: 092-923-5391


一言アンケート (※氏名・住所・電話番号・メールアドレスといった「個人情報」は入力しないようにしてください。)

このページは役に立ちましたか?



 
※255文字を超えるご意見は受け取ることが出来ませんのでご注意ください。

サイトマップリンク集個人情報の取り扱いについて著作権・リンク等について各課等メールアドレス