ホーム担当部署から探す筑紫野市公共施設マップよくある質問Q&A申請書ダウンロード各課等メールアドレス
印刷用ページ
初めての方へサイトマップ翻訳(English Translation|Chinese Translation|Korean Translation)
文字のサイズ
縮小標準拡大
現在位置:HOMEの中の分類から探す(行政情報)の中の市長の部屋から第83回移動市長室(平成30年9月)
更新日: 2018年10月22日
 

移動市長室

【移動市長室とは】
 市長が自ら各地域へ出向き、市内で活動する団体やグループと身近なテーマについて対話を行うことで市の情勢や市民のニーズを把握し、今後の市政に生かすことを目的としており、月1回程度実施する予定です。

 過去の「移動市長室」を見る

第83回移動市長室

概要
日時 平成30年9月25日(火曜日)15時35分から17時05分
対象 筑紫野南中学校生徒会
懇談会の場所 筑紫野南中学校図書館
内容 懇談90分
懇談会の参加者 団体9人、市9人

 通算83回目となる移動市長室を開催しました。筑紫野南中学校生徒会と懇談を行い、古城会長をはじめ9人の生徒会執行部の皆さんに出席していただきました。
 筑紫野南中学校の生徒は701人、校訓「自学 友愛 健康」のもと、生徒会を中心に「自主運営」ができる体育会や文化祭などの学校行事に取り組み、「市民性“育成”プロジェクト」など地域でのボランティア活動やふれあいを進めています。「優~互いに思いやり、笑顔がつながる関係を築こう~」を第26期生徒会スローガンとして、執行部以下、各専門委員会、部活動など日々の活動を行っています。

 懇談は、二部構成とし、生徒会からの活動報告では、学校紹介をはじめ、今期スローガンの設定理由、主な生徒会活動、ボランティア活動についての話があり、それらを受けての意見交換を行いました。その後、筑紫野市からの説明および意見交換を行いました。
 今期のスローガンは、相手に対する優しさ、思いやりを全員が持ち、それを行動に移すことで相手に対する笑顔が生まれ、互いの関係が深まってほしい。さらに相手を思いやることで、学校生活が楽しくなり、笑顔がつながっていくような充実した生活が送れるようになると考え、設定。これを軸としてさまざまな活動を行っています。
 具体的には、今年度から生徒昇降口前に「思いやり箱」を設置、友達の思いやりのある行動を投稿してもらい、昼の放送で全校生徒に向け紹介を行っていること、これにより思いやりのある行動が広がっていると実感できていること、「膝つき黙々清掃」として全員で静かな環境の中、自分たちがいつも使っている場所に感謝の気持ちを持ちながら、ほうきと雑巾での掃除をしていること、「給食での残食0」をめざし、点検表のチェックなどによって意識が向上し、残食を減らすことができたことが報告されました。相手に誠意や思いやりの心を伝えるための「立ち止まりあいさつ」は、「自分から、大きな声で、かかとをつけて、あいさつの後に礼」というポイントをあげており、これを生徒の中に広げていくため、4つのポイントを意識したあいさつができたかを点検し合い、できたら木に花を貼り付けるという取り組み「あいさつりー」を実施、日に日に花が増えていくことで思いやりの心も同時に増えていくように感じたという報告がありました。
 生徒会活動に対して、どの程度意識を持ってできているかというアンケート結果について紹介があり、まだまだ改善の余地があったことから、執行部がさらに呼びかけを行ったり、一緒に活動できるようなイベントや環境づくりに励みたいとの話がありました。
 最後に、昨年の九州北部豪雨での朝倉市への支援として空き缶を集めて募金活動をしたことや昨年発足した五中連合体でのボランティアの取り組みについても報告がありました。
 意見交換では、生徒会活動に関わってよかったことや自分自身が成長したと思えることを尋ねると、「自分のことより周りのことを気にするようになり、学校生活がより楽しくなった」、「周りの人とつながる大切さを学んだ」、「貴重な体験をさせてもらい、やりがいを感じている」などの発言がありました。あいさつりーは、あいさつを主体的にしたくなるように、また、頑張ったことを1つの作品にしたいと発案したこと、思いやり箱やあいさつなどの取り組みによって温かい関係ができ、笑顔がつながり、誰もが過ごしやすい学校になって、いじめや不登校がなくなっていくと考えていること、体育会などの行事を通して、先輩は後輩に指導をし、後輩は先輩の姿を見て自分たちでやろうとする意識を持つことによって自主運営ができていくなど、たくさんの思いをお聞きし、交流を行いました。
 市からは、市役所の具体的な仕事内容、本年度予算、第五次総合計画などを説明し、質疑応答を行いました。計画や制度をつくっていくときに大切にしていることを問われ、災害が多発する中、災害に対応できる市民の安全・安心が守れるような政策が今は大事だと考えていると回答しました。総合計画で中学生に求めるものや私たちに期待することは?という質問に対し、よく勉強し、豊かな心と頑強な体をつくる「知育・徳育・体育」を大切にしており、筑南中で学んだこと、そして、先生方や地域の皆さん、いろいろな人たちに支えられ大きくなってきたことを忘れず、恩返し、感謝の気持ちを持ち続けて成長してほしいと話させていただきました。
 懇談の中でのご意見は、今後の市政に生かしてまいります。

移動市長室の様子その1
移動市長室の様子その2
移動市長室の様子その3
移動市長室の様子その4
移動市長室の様子その5
移動市長室の様子その6
移動市長室の様子その7
移動市長室の様子その8
移動市長室の様子その9
立ち止まりあいさつをする生徒たち
立ち止まりあいさつをする生徒たち

移動市長室の様子その10
市長あいさつの動画

【市長の一言】
 生徒会のスローガン「優」を達成していくため自分たちの活動をやり遂げようとする姿、そして、優しさと思いやりからたくさんの笑顔がつながる中で学校生活をいきいきと過ごしている姿、自主運営ができつつある姿を感じることができ、大変うれしく思いました。
 9人の皆さんがそれぞれに生徒会活動を通して感じた貴重な意見をお聞きしながら、和やかで楽しく意見交換ができ、有意義な時間を過ごさせていただきました。
 本日はどうもありがとうございました。 



【左は、移動市長室の市長あいさつの動画です。
(※音声が流れます)】

【議事録】
 懇談会の議事録はこちらからご覧ください。(259kbyte)pdf

このページに関するお問い合わせ先

担当部署: 企画政策部 秘書広報課
電話番号: 092-923-1111
ファックス番号: 092-923-5391


一言アンケート (※氏名・住所・電話番号・メールアドレスといった「個人情報」は入力しないようにしてください。)

このページは役に立ちましたか?



 
※255文字を超えるご意見は受け取ることが出来ませんのでご注意ください。

サイトマップリンク集個人情報の取り扱いについて著作権・リンク等について各課等メールアドレス