ホーム担当部署から探す筑紫野市公共施設マップよくある質問Q&A申請書ダウンロード各課等メールアドレス
印刷用ページ
初めての方へサイトマップ翻訳(English Translation|Chinese Translation|Korean Translation)
文字のサイズ
縮小標準拡大
現在位置:HOMEの中の分類から探す(行政情報)の中の市長の部屋から第80回移動市長室(平成30年5月)
更新日: 2018年6月19日
 

移動市長室

【移動市長室とは】
 市長が自ら各地域へ出向き、市内で活動する団体やグループと身近なテーマについて対話を行うことで市の情勢や市民のニーズを把握し、今後の市政に生かすことを目的としており、月1回程度実施する予定です。

 過去の「移動市長室」を見る

第80回移動市長室

概要
日時 平成30年5月23日(水曜日)19時から20時30分
対象 筑紫野市スポーツ推進委員会
懇談会の場所 生涯学習センター
内容 懇談90分
懇談会の参加者 団体22人、市8人

 通算80回目となる移動市長室を開催しました。筑紫野市スポーツ推進委員会と懇談を行い、力久委員長をはじめ22人の皆様に出席していただきました。
 校区(地区)体育振興会や関係団体からの推薦を受け、市教育委員会が委嘱した25人(平成30年5月現在)のスポーツ推進委員は、生涯スポーツの視野に立ち、スポーツ推進事業の連絡・調整などを行うコーディネーターとして活動をしています。推進委員によって組織される委員会は、相互の連絡調整や資質向上を図り、スポーツ振興に寄与することを目的にしています。

 懇談では、「スポーツを通じて、人と人をつなぐ」をテーマに、推進委員の役割や主な活動内容、今後の活動方針についての報告を受け、意見交換を行いました。
 昭和36年スポーツ振興法の制定により体育指導委員が設けられ、昭和37年に筑紫野市体育指導委員を設置、主に実技の指導・助言を行っていたこと、その後、平成23年スポーツ基本法の制定によって体育指導委員からスポーツ推進委員へと名称変更、以降は、従来の役割に加え、スポーツの推進のためスポーツイベントの企画運営から地域や関係団体および行政との連絡調整が重要視されるようになったことの紹介がありました。
 主な活動として、小学校区ごとに推進委員が企画運営の中心となり自治会や体育振興会と連携しながら運動会形式またはスポーツフェスタ形式で市民体育祭を実施していること、スポレクフェスタと同時開催で毎年実施しているペタンク大会は今年で13回を迎えること、スポーツ参加人口の拡大を図る目的でニュースポーツを展開していること、また、筑紫野市民水泳大会、天拝山ロードレース大会、筑紫野市駅伝大会、宝満つばきマラソン大会といった市などの事業へ協力をしていることの報告がありました。
 また、派遣事業として、小学校のスポーツテスト支援や老人クラブなど団体の講習会や大会に参加していること、市民体育祭とは別に小学校区で地域独自に自治会や体育振興会との共同開催によるスポーツに関するイベントに携わり地域交流を推進していることなどの説明がありました。
 その後、これから力を入れていきたい今後の活動方針を3点お聞きし、参加者で議論を深めました。
 週1回以上スポーツを実施している成人の割合は年々増加傾向ですが、世代別にみると20~40代の働き盛りの世代では低くなっており、その要因として仕事、家事、子育てで忙しく時間が取れない、きっかけがないなどの調査結果があります。このような現状を踏まえ、各自のライフスタイルやライフステージにあった内容で、身近な場所、身近なスポーツを市民に提供することが必要であり、スポーツ未実施者や中高年層へ働きかけていきたいと考えています。
 そのための仕掛けの一つでもある「いきいきニュースポーツ広場」は、平成26年度から市内小学校で順番に開催しています。ニュースポーツは、サッカーや野球のように、ある程度の練習を必要とし、競争原理が強く働くスポーツとは違い、誰でも気軽にすぐに楽しむことができ、勝敗にこだわらずレクリエーションの一環として気軽に楽しむことを目的とした身体運動です。年代や障がいのある人など、さまざまな環境に応じて適した種目があり、例えばソフトバレーボールやアジャタ(スポーツ玉入れ)、ドッヂビー(ドッジボールのボールを柔らかいディスクに置き換えた競技)、卓球バレーなど、いろいろなスポーツが形を変えています。誰にでも楽しみながらできるニュースポーツの普及を目指しています。
 このような活動を担う推進委員の認知度をより一層向上していくため、黄緑色の目立つユニフォームを着用しながら、地域の実情に合ったニーズの把握、地域の関係者や組織同士の連携、また、イベントの企画立案の段階からの関わりなどを積み重ねていくことで、その存在と役割を市民に知っていただきたいとの報告がありました。
 出席者からはさまざまな発言をいただき、交流をすることができました。懇談の中でのご意見は、今後の市政に生かしてまいります。

移動市長室の様子その1
移動市長室の様子その2
移動市長室の様子その3
移動市長室の様子その4
移動市長室の様子その5
移動市長室の様子その6
移動市長室の様子その7
移動市長室の様子その8
移動市長室の様子その9

移動市長室の様子その10
市長あいさつの動画

【市長の一言】
 私もいろいろと地域を回る機会がありますが、地域密着型の活動をまず自分がやっていらっしゃる方ばかりで、皆さん方の顔はよくお見かけしますし、頑張っていらっしゃるなという実感があります。スポーツを通して健康寿命の延伸や子どもたちの健全育成をはじめとした地域づくりをしていただいており、活動に対する皆さんの意気込みが伝わってまいりました。ひかり輝く筑紫野市づくりへの大いなる力となる活動だと感じました。
 本当に今日はどうもありがとうございました。


【左は、移動市長室の市長あいさつの動画です。
(※音声が流れます)】

【議事録】
 懇談会の議事録はこちらからご覧ください。(279kbyte)pdf

このページに関するお問い合わせ先

担当部署: 企画政策部 秘書広報課
電話番号: 092-923-1111
ファックス番号: 092-923-5391


一言アンケート (※氏名・住所・電話番号・メールアドレスといった「個人情報」は入力しないようにしてください。)

このページは役に立ちましたか?



 
※255文字を超えるご意見は受け取ることが出来ませんのでご注意ください。

サイトマップリンク集個人情報の取り扱いについて著作権・リンク等について各課等メールアドレス