ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > 分類でさがす > 健康・福祉 > 医療・健康・福祉 > 感染症 > 新型コロナウイルス感染症に関する市長メッセージ

本文

新型コロナウイルス感染症に関する市長メッセージ

記事ID:0003771 更新日:2021年9月11日更新 印刷ページ表示

緊急事態宣言の延長を受けての市長メッセージ

 福岡県を対象として発出された緊急事態宣言の期間が9月30日(木曜日)まで延長されることとなりました。県内における新規陽性者数は減少傾向にあり、病床使用率も改善の兆しが見受けられるものの、指標としては、いまだステージ4相当に留まっており、緊急事態宣言を解除できる段階には至っておりません。本市といたしましても、市公共施設の臨時休館などの感染防止対策に継続して取り組むこととしておりますので、市民の皆さまにはご不便をおかけしますが、引き続き、ご理解、ご協力くださいますようようお願い申し上げます。
​ 新型コロナウイルスワクチン接種につきましては、12歳以上の市民の約半数が接種を完了しています。現在は、希望するすべての人の予約を受け付けておりますので、早期に接種を完了できるよう、引き続き、全力を注いでまいります。
 また、感染症の影響を受けた皆さんを対象とした支援策として、自宅療養中の皆さんへの食料支援や飲食店の皆さんを対象とした家賃支援、テイクアウト支援等に継続して取り組むとともに、新たに観光関連事業者の皆さんへの支援策等を実施すべく市議会9月定例会に補正予算を提案しております。
 市民の皆さま、事業者の皆さまにおかれましては、ご自身とご家族、周りの大切な方を守るため、新型コロナウイルス感染症の拡大防止対策として、「マスクの着用」、「手洗い」、「適切な人との距離の確保」、「三密の回避」など、徹底した取り組みを改めてお願い申し上げます。


 緊急事態措置の延長について(福岡県)<外部リンク>
 

 令和3年9月11日

筑紫野市長 藤田 陽三

緊急事態宣言の福岡県への発令を受けて市長メッセージ

 令和3年8月17日、国の緊急事態宣言の対象区域に福岡県が加えられ、8月20日から9月12日までの間、緊急事態措置が講じられることとなりました。
 福岡県においては、感染力の強いインド由来の「デルタ株」への置き換わりが進み、感染が急拡大しております。感染拡大に歯止めをかけるため、本市といたしましても、市公共施設の臨時休館等の感染防止対策に引き続き取り組むこととしておりますので、しばらくの間、市民の皆さまにはご不便をおかけしますが、ご理解、ご協力いただきますようお願い申し上げます。
 また、新型コロナウイルスワクチン接種につきましては、7月末時点で、65歳以上については、約8割の人が接種を完了しています。ワクチン供給の見通しが不透明な状況ではありますが、希望される人への接種を早期に完了できるよう、引き続き、全力を注いでまいります。
 市民の皆さま、事業者の皆さまにおかれましては、ご自身とご家族、周りの大切な方を守るため、新型コロナウイルス感染症の拡大防止対策として、「マスクの着用」、「手洗い」、「適切な人との距離の確保」、「三密の回避」など、徹底した取り組みを改めてお願い申し上げます。

 緊急事態措置の実施について(福岡県)<外部リンク>
 

 令和3年8月18日

筑紫野市長 藤田 陽三

緊急事態宣言の福岡県への発令を受けて市長メッセージ

 5月7日付けで、国の緊急事態宣言の対象区域に福岡県が加えられ、福岡県においても5月12日から31日までの間、緊急事態措置が講じられることとなりました。

 県内の新規感染者数は高い水準で推移するとともに、感染力が高いといわれる変異株の陽性者も増加するなど、厳しい状況となっています。
 感染拡大に歯止めをかけ、医療提供体制に更なる負荷がかからないようにするためにも、福岡県知事が要請されている「緊急事態措置」の取り組みにご理解とご協力を賜りますようお願い申し上げます。

 本市としましても、福岡県知事の要請に伴い、5月12日から公共施設を原則として、閉館することとしています

 市民の皆さま、事業者の皆さまにおかれましては、引き続き、ご自身とご家族、周りの大切な方を守るため、「三密の回避」、「人との距離の確保」、「マスクの着用」、「手洗いなどの手指衛生」など基本的な感染対策を行っていただきますよう、改めてお願い申し上げます。

 緊急事態措置の実施について(福岡県)<外部リンク>

 令和3年5月10日


筑紫野市長 藤田 陽三

緊急事態宣言の解除を受けて市長メッセージ

 令和3年2月28日をもって福岡県を含む6府県は、緊急事態宣言の対象区域から解除されました。
 令和3年1月13日から約1カ月半の間、市民の皆さま、事業者の皆さまにおかれましては、福岡県知事が要請された「緊急事態措置」の取り組みにご理解とご協力をいただきまして、心から感謝申し上げます。
 福岡県においては、新規陽性者数の減少傾向が続き、病床使用率もピーク時に比べると大きく改善していますが、感染の再拡大(リバウンド)を防ぐためにも福岡県が要請されている「緊急事態措置の解除とその後の対応について」の取り組みに対し、引き続き、ご理解とご協力をいただきますようお願い申し上げます。
 市では、福岡県の要請に伴い公共施設の閉館時間を原則として21時とし、開館時間短縮を継続いたします。
 市民の皆さま、事業者の皆さまにおかれましては、引き続き、ご自身とご家族、周りの大切な方を守るため、「三密の回避」、「人との距離の確保」、「マスクの着用」、「手洗いなどの手指衛生」など基本的な感染対策を行っていただきますよう、改めてお願い申し上げます。

 新型コロナウイルス感染症の緊急事態措置の解除とその後の対応について(福岡県)<外部リンク>

 令和3年3月1日


筑紫野市長 藤田 陽三

緊急事態宣言の延長を受けて市長メッセージ

 令和3年2月2日付けで、福岡県を含む10都府県は、3月7日まで緊急事態宣言の期間が延長されました。
 令和3年1月13日に福岡県が緊急事態宣言の対象区域となって以降、市民の皆さま、事業者の皆さまにおかれましては、福岡県知事が要請されている「緊急事態措置」の取り組みにご理解とご協力をいただいておりますことに対し、心から感謝申し上げます。
 福岡県においては、新規陽性者数が減少する一方で、医療提供体制については依然として厳しい状況が続いております。このような状況を十分に認識していただき、一刻も早く事態の収束につなげるために、福岡県知事が要請されている「緊急事態措置」の取り組みを徹底していただきますようお願い申し上げます。
 市では、公共施設の開館時間短縮を継続しております。また、新型コロナウイルスワクチンは、現在、国において承認の是非の判断に向けた調整中であり、今後この決定を受けたワクチンの配布があれば、円滑にワクチン接種ができるよう準備を進めております。
 市民の皆さま、事業者の皆さまにおかれましては、引き続き、ご自身とご家族、周りの大切な方を守るため、「三密の回避」、「人との距離の確保」、「マスクの着用」、「手洗いなどの手指衛生」など基本的な感染対策を行っていただきますよう、改めてお願い申し上げます。
 新型コロナウイルス感染拡大に伴う緊急事態措置について(福岡県)<外部リンク>
 
 令和3年2月4日


筑紫野市長 藤田 陽三

緊急事態宣言の福岡県への発令を受けて市長メッセージ

 令和3年1月13日、国の緊急事態宣言の対象区域に福岡県を含む7府県が加えられ、1月14日から2月7日までの間、緊急事態措置が講じられることとなりました。
 感染拡大に歯止めをかけ、医療提供体制にさらなる負荷がかからないようにするためにも、福岡県知事が要請されている「緊急事態措置」の取り組みにご理解とご協力を賜りますようお願い申し上げます。
 本市としましても、福岡県知事の要請に伴い、1月15日から公共施設の開館時間を短縮し、原則として20時に閉館することとしています。
 市民の皆さま、事業者の皆さまにおかれましては、ご自身とご家族、周りの大切な方を守るため、新型コロナウイルス感染症の拡大防止対策として、「マスクの着用」、「手洗い」、「適切な人との距離の確保」、「三密の回避」など、徹底した取り組みを改めてお願い申し上げます。
 新型コロナウイルス感染拡大に伴う緊急事態措置について(福岡県)<外部リンク>
 

 令和3年1月15日

筑紫野市長 藤田 陽三

年末年始の新型コロナウイルス感染症対策について

 市民の皆様、事業者の皆様におかれましては、新型コロナウイルス感染症拡大防止のため、「マスクの着用」、「手洗い」、「適切な人との距離の確保」、「三密の回避」などの感染防止対策に取り組んでいただいておりますことに対し、深く感謝申し上げます。
 新型コロナウイルス感染症については、冬に入り、全国的に感染者数が高い水準で推移しており、福岡県においても令和2年12月12日に「福岡県コロナ警報」が再発動されるなど、未だに予断を許さない状況が続いております。
 これから、年末年始を迎え、帰省などで人の移動が増え、初詣など人が集まることが多くなる時期となります。ご自身とご家族、周りの大切な方を守るため、帰省は慎重にご検討いただくとともに混雑する時期や場所を避けていただくなど、できる限り「静かな年末年始」をお過ごしいただきますようお願い申し上げます。

 「静かな年末年始を」内閣官房新型コロナウイルス感染症対策<外部リンク>

 令和2年12月25日

筑紫野市長 藤田 陽三

再度の感染拡大防止のための取り組みのお願いについて

市民の皆様へ

 新型コロナウイルス感染症につきましては、再度の感染拡大がみられることから、福岡県では令和2年8月5日に「福岡コロナ警報」が発令されています。
 本市においても新型コロナウイルス感染症の陽性患者の確認が続いており、これまでに35人の方が罹患されている状況です(8月11日現在)。
 市民の皆さま、また事業者の皆さまには、さまざまな場面で感染拡大防止のため力を尽くしておられることと思います。ご自身やご家族、大切な方を守るため、「新たな生活様式」に基づく行動をお取りいただくことはもとより、福岡県からの要請につきましてもご協力いただきますよう、重ねてお願いいたします。

「福岡県コロナ警報」の発動と今後の対応について<外部リンク>

 令和2年8月12日

筑紫野市長 藤田 陽三

緊急事態宣言の延長および筑紫野市における支援策について

市民の皆様へ

 国は4日、緊急事態宣言を5月31日まで延長することを発表しました。
 市民の皆様には家庭の各場面において、また事業者の皆様には厳しい経営状況の中、新型コロナウイルス感染症感染拡大防止のため努力を重ねていただいていることに衷心から感謝いたします。緊急事態宣言の延長に伴い、ご不便をおかけいたしますが、一日も早い事態の収束のため、またこれまでの努力を水泡に帰さないためにも、引き続いての皆様のご理解、ご協力をお願いいたします。

 筑紫野市においても、感染拡大防止に引き続き全力で取り組んでまいります。市立幼稚園、小中学校については臨時休校の5月31日までの延長を決定しています。

 また、国・県が行う緊急支援策に加え、筑紫野市独自の支援策を講じています。独自支援策については、筑紫地区で協議を行い、一体的な取り組みを行うこととしました。

 本日開催した令和2年第2回筑紫野市議会臨時会において、これらの支援策を実施するための補正予算が可決されました。
 今、必要な人に、必要な支援を行うための施策です。手続等の詳細は決まり次第、ホームページなどで随時お知らせいたします。速やかに皆様のお手元にお届けできるよう取り組んでおりますので、皆様のご協力を賜りますようよろしくお願いいたします。
令和2年5月7日

筑紫野市長 藤田 陽三

緊急事態宣言を受けての市長メッセージ

市民の皆様へ

 政府は4月7日、新型コロナウイルス感染症のまん延のおそれが高いことから「緊急事態宣言」を発出し、対象区域に福岡県が指定されました。
 緊急事態宣言により、5月6日までの1カ月間、福岡県では緊急事態措置を実施していくことになります。
 筑紫野市としましても、新型コロナウイルス感染拡大防止のため、県内の市町村とともに福岡県に協力し、一日も早く日常を取り戻せるように終息に向け全力で取り組んでまいります。
 市民の皆様には、まずはご自身の健康状態にご留意いただくとともに、引き続き拡大防止・感染予防のため、これまで以上のご理解とご協力をお願いいたします。

 令和2年4月8日

筑紫野市長 藤田 陽三

新型コロナウイルス感染症の陽性患者が確認されたことについて

 市民の皆様へ

 本日、福岡県の報道発表のとおり、筑紫野市内で初めて新型コロナウイルス感染症の陽性患者が確認されましたのでお知らせします。

 はじめに、感染者ご本人に対しまして、心からお見舞い申し上げます。報道関係者、市民の皆さまにおかれましては、個人情報の保護について十分なご配慮をお願いいたします。

 県の発表のとおり、感染者は、20代の男性で、海外渡航歴はありません。4月3日に帰国者・接触者相談センターへ連絡し、医療機関を受診した結果、陽性が判明しました。現在は自宅待機中となっています。

 市民の皆様には、引き続き、感染予防および拡大防止のため、外出時のマスク着用、せきエチケットを心がけていただき、手洗い・うがいの徹底などの対策に努めていただきますようお願いいたします。

 また、国や県そして市が発信する情報を踏まえて、冷静に対応していただきますようお願いいたします。

 今後も、国や県と連携し、本感染症の拡大防止に向け、全力で取り組んでまいります。

 令和2年4月6日

筑紫野市長 藤田 陽三

 

 

このページに関するお問い合わせ先

新型コロナウイルス感染症対策本部

〒818-8686 福岡県筑紫野市石崎1-1-1

Tel:092-923-1111(代表) Fax:092-923-5391

皆さまのご意見をお聞かせください

お求めの情報が充分掲載されていましたでしょうか?
ページの構成や内容、表現はわかりやすかったでしょうか?
この情報をすぐに見つけられましたか?