ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > 分類でさがす > くらし・手続き > 防犯・安全 > 交通安全 > 夏の交通安全県民運動

本文

夏の交通安全県民運動

記事ID:0036182 更新日:2024年7月10日更新 印刷ページ表示

夏の交通安全県民運動が実施されます。

まなっぷくんの画像

実施期間

令和6年7月10日(水曜日)から19日(金曜日)まで

運動の目的

 夏の交通安全県民運動では、交通安全知識を普及し、交通安全思想の高揚を図るとともに、正しい交通ルールと交通マナーの実践を習慣づけ、交通事故防止の徹底を図ります。

夏の交通安全県民運動啓発リーフレット [PDFファイル/428KB]

運動の重点

飲酒運転の撲滅

 福岡県下の令和6年4月末現在の飲酒運転交通事故は41件(前年比+12件)で、そのうち飲酒運転による死亡事故は1件(前年比-1件)、死者数1名(前年比-1名)と、筑紫野市内の令和6年4月末現在の飲酒運転交通事故は2件(前年比+2件)で、そのうち飲酒運転による死亡事故は0件(前年比±0件)、死者数0名(前年比±0名)と、福岡県下および筑紫野市内の事故発生件数は、ともに増加傾向にあります。

 また、福岡県下の飲酒運転での逮捕者が令和6年4月中だけで37名、3月中と比較すると7名(+19%)増加しており、飲酒運転の撲滅には程遠い状況です。

 交通安全県民運動の機会を通じ、「福岡県飲酒運転撲滅条例」の更なる周知と、「飲酒運転は絶対しない、させない、許さない、そして見逃さない」飲酒運転は110番、という県民意識の一層の向上と定着を図り、県民総ぐるみで飲酒運転の撲滅に向けた取り組みを展開する必要があります。

福岡県飲酒運転撲滅運動の推進に関する条例<外部リンク>(福岡県)

こどもと高齢者の交通事故防止~横断歩道マナーアップ運動の推進~

 筑紫野市では、交通安全教室などを実施し交通安全教育の推進に努めています。しかし、夏休み期間中の子どもは、一般的に開放的になりやすく、交通事故の被害者になる危険性が増大します。夏休み期間に入る前に、子ども自身や子どもを誘導する人に対して、交通事故防止についての啓発を強化する必要があります。

 また、福岡県下の令和6年4月末現在の交通事故死者数30名に占める高齢者の死者数17名の割合は、約56.7%を占めており、県下の交通事故抑止対策を図る上で喫緊の課題となっています。高齢者の交通事故防止についての啓発を強化する必要があります。

横断歩道マナーアップ

道路を横断するときは、止まって見て合図を出して待って渡る

安全な場所に「止まって」

左右をよく見て「見て」

手で「合図を出して」横断する意思を相手に伝えて

車が確実に停止するのを「待って渡る」

自転車・特定小型原動機付自転車利用時のヘルメット着用と交通ルールの遵守

 本年4月末現在の自転車関連事故の発生件数は、福岡県内および筑紫野市内ともに昨年より減少しています。しかし危険・迷惑走行などに対する県民の批判の声が後を絶たず、自転車利用者の交通ルール遵守の意識が十分浸透しているとは言えない状況にあります。

 また、本年3月下旬から福岡市内を中心に特定小型原動機付自転車のシェアリングサービスが開始され、今後、特定小型原動機付自転車利用者による交通事故の増加も心配されます。

 令和5年4月施行の改正道路交通法により、すべての自転車利用者に対して乗車用ヘルメットの着用が努力義務化されました。自転車利用に対する県民の意識が高まっていることから、自転車利用者に対して、乗車用ヘルメットの着用を始めとした自転車の安全利用についての啓発を強化するとともに、特定小型原動機付自転車に関する正しい知識の普及と交通ルールの浸透を図る必要があります。

自転車安全利用五則

1  車道が原則、左側を通行 歩道は例外、歩行者を優先

2  交差点では信号機と一時停止を守って、安全確認

3  夜間はライトを点灯

4  飲酒運転は禁止

5  ヘルメットを着用

特定小型原動機付自転車とは

主な交通ルールと保安基準に適合

1 車道通行の原則

2 右折の方法

 どのような交差点でも、いわゆる「二段階右折」をしなければなりません。また、ウインカーでの合図が必要です。

3 信号・標識に従う義務

4 その他のルール

 16歳未満の者の運転禁止、飲酒運転の禁止、スマートフォンなどのながら運転の禁止、二人乗りの禁止、自賠責保険への加入義務、乗車用ヘルメットの着用(努力義務)

5 保安基準に適合

 道路運送車両の保安基準(ヘッドライト、クラクション、ウインカー、テールランプ、ブレーキランプ、ブレーキ、最高速度表示灯(緑色)、後部反射器)に適合していなければなりません。

「特例」特定小型原動機付自転車とは

特定小型原動機付自転車の中でも、

1  歩道などを通行する間、最高速度表示灯(緑色)を点滅させていること

2 歩道通行中、車体の構造上、6km/hを超える速度を出すことができないものであること

などの要件を満たす車両は「特例特定小型原動機付自転車」といい、道路標識などにより歩道を通行することができます。ただし、歩道を通行するときは、歩行者が優先です。

筑紫野市の取り組み

のぼり旗、立看板の設置

令和6年7月10日(水曜日)から7月19日(金曜日)

セーフティステーション

令和6年7月10日(水曜日)14時から15時 筑紫野ベレッサ

自転車安全利用啓発

令和6年7月17日(水曜日)18時から19時 西鉄朝倉街道駅

その他

青色パトロール車による広報活動を実施します。

Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)

皆さまのご意見をお聞かせください

お求めの情報が充分掲載されていましたでしょうか?
ページの構成や内容、表現はわかりやすかったでしょうか?
この情報をすぐに見つけられましたか?