ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > 分類でさがす > くらし・手続き > 防災 > 防災・避難 > 避難所における新型コロナウイルス感染症対策へのお願い
現在地 トップページ > 分類でさがす > 健康・福祉 > 医療・健康・福祉 > 感染症 > 避難所における新型コロナウイルス感染症対策へのお願い

本文

避難所における新型コロナウイルス感染症対策へのお願い

記事ID:0003570 更新日:2021年7月28日更新 印刷ページ表示

 災害時の避難所では、密集した環境下での集団生活などにより、ウイルス等による感染が拡大するリスクが高まります。
 避難所では、マスクの着用や、手洗い等の励行、せきエチケットなどを徹底するとともに、次の事項に留意して避難行動をとってください。
 また、避難時や避難所で生活を行う上で、体調に異変があった場合は、筑紫保健福祉環境事務所へ相談するか、避難所担当者へ申し出てください。

日常でできること

1 自宅での安全確保

 自宅での安全確保ができる場合は、感染リスクを負ってまで避難所に行く必要はありません。
 ハザードマップで、住んでいる地域が土砂災害警戒区域や浸水想定区域かなどを確認し、自宅で安全が確保できる人は在宅避難をお願いします。

2 避難所以外の避難の検討

 避難所が過密状態となり、感染リスクが高まる場合もあります。可能な場合は安全な地域にいる親戚や友人の家等、避難所以外への場所へ避難することも検討をお願いします。
※特に高齢者や乳幼児のいる家庭は、準備が必要です。

3 必要な物資等の持参

 避難時には、避難生活に必要なもののほか、感染防止や、健康状態の確認のため次の物資を準備し、持参してください。

持参する物資等

 マスク消毒液体温計、衛生用品(タオル、歯ブラシなど)、食糧、常備薬、寝具その他避難生活に必要なもの
※太字の物資は、新型コロナウイルス感染症対策に特に必要な物資です。

避難所での感染防止

4 避難所での健康確認

 避難所では、避難者の健康確認を行うため、避難所施設へ入る際、検温の協力をお願いします。
 また、避難所では、定期的な体温測定などの健康管理に努めてください。
 衛生面や感染リスク軽減のため、避難所へはできる限り体温計を持参してください。

 新型コロナウイルス感染症のまん延防止のためのお願い[PDFファイル/518KB]

電話相談

医療機関の受診に関する相談

  1. かかりつけ医等へ電話で相談する
  2. 相談する医療機関に迷ったら、下記の連絡先に相談する
 
保健所 電話番号 夜間・休日の連絡先
筑紫保健福祉環境事務所 092-707-0524

新型コロナウイルス感染症一般相談窓口

092-643-3288

 

Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)

皆さまのご意見をお聞かせください

お求めの情報が充分掲載されていましたでしょうか?
ページの構成や内容、表現はわかりやすかったでしょうか?
この情報をすぐに見つけられましたか?