ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > 分類でさがす > 子育て・教育 > 妊娠・出産・子育て > 手当・医療費助成 > 子育て世帯生活支援特別給付金(ひとり親世帯以外分)
現在地 トップページ > 分類でさがす > 子育て・教育 > 妊娠・出産・子育て > 子育て支援 > 子育て世帯生活支援特別給付金(ひとり親世帯以外分)

本文

子育て世帯生活支援特別給付金(ひとり親世帯以外分)

記事ID:0014037 更新日:2021年7月21日更新 印刷ページ表示

子育て世帯生活支援特別給付金とは?

 新型コロナウイルス感染症による影響が長期化する中で、低所得の子育て世帯に対し、その実情を踏まえた生活の支援を行う観点から、子育て世帯生活支援特別給付金を支給します。
 このページでは、ひとり親世帯以外の低所得の子育て世帯についての内容を記載しています。

 なお、ひとり親世帯以外の場合、市民税(均等割)が非課税の人が主な対象となります。申告が済んでいない人、収入がなかったため申告をしていない人などは、市民税の申告をしてください。市民税の申告がされていない場合、未申告の扱いとなり、子育て世帯生活支援特別給付金(ひとり親世帯以外分)を速やかに支給できない可能性があります。

(主な更新情報)
 6月25日 3.給付金の支給手続き、4.申請方法について追加しました。
 7月21日 4.申請方法について詳細を追加しました。

1.対象者(ひとり親世帯以外)

 次の両方に当てはまる人

  1. 令和3年3月31日時点で18歳未満の児童(障がい児の場合は20歳未満)を養育する父母等
    ※令和4年2月末までに生まれた新生児等も対象となります。
  2. 令和3年度分の市民税(均等割)が非課税の人
     または
    令和3年1月1日以降の収入が急変し、市民税非課税相当の収入となった人(家計急変者)

 ただし、子育て世帯生活支援特別給付金(ひとり親世帯分)を既に受給した人は対象外です。

給付金(ひとり親世帯以外分)チラシ表給付金(ひとり親世帯以外分)チラシ裏
周知用チラシ(制度の概要) [PDFファイル/167KB]

2.給付額

 対象児童1人あたり一律5万円

3.給付金の支給手続き(ひとり親世帯以外)

(1)令和3年4月分の児童手当または特別児童扶養手当の受給者で、市民税(均等割)が非課税の人

  • 申請は不要です。
  • 対象者には通知を発送し、児童手当または特別児童扶養手当を支給している口座に振込をします。受給を希望しない場合には届出が必要です。
    (通知:令和3年7月1日付で発送、支給日:7月21日)
    なお、令和3年4月分の児童手当または特別児童扶養手当が遡って認定された人については、個別にお知らせする予定です。

(2)令和3年5月以降の新規児童手当等受給者で、市民税(均等割)が非課税の人

  • 申請は不要です。
  • 対象者は、4月以降の新生児等を養育する人です。
  • 対象者には、令和3年8月以降を目途に順次通知を発送し、児童手当または特別児童扶養手当を支給する口座に振込をします。受給を希望しない場合には届出が必要です。

(3)上記以外で、市民税(均等割)が非課税の人

  • 受給するためには申請が必要です。
  • 対象者は、児童手当対象外の児童(15歳年度末経過後の児童)を養育する人や児童手当受給者(公務員の人)などです。

(4)家計急変者

  • 受給するためには申請が必要です。
  • 対象者は次の(ア)(イ)に当てはまる人です。
    (ア)令和3年3月31日時点で18歳未満の児童(障がい児の場合は20歳未満)を養育する人
    (イ)新型コロナウイルス感染症の影響を受けて、令和3年1月1日以降の収入が急変し、市民税非課税相当の収入となった人
非課税相当限度額
世帯の人数 構成例 非課税相当収入限度額 非課税所得限度額
2人 夫(婦)子1人 146.9万円 91.9万円
3人 夫婦子1人 187.7万円 123.4万円
4人 夫婦子2人 232.7万円 154.9万円
5人 夫婦子3人 277.7万円 186.4万円
6人 夫婦子4人 322.7万円 217.9万円

4.申請方法

申請受付期間

 令和3年7月26日(月曜日)から令和4年2月28日(月曜日)まで

申請先

 筑紫野市健康福祉部保育児童課(市役所1階4番窓口)
 092-923-1111(内線412、413、414、415)
 〒818-8686 筑紫野市石崎1丁目1番1号

申請書類および必要書類

 申請書類の様式は、市役所窓口での配布またはダウンロードを利用ください。

  1. 本人確認書類の写し(運転免許証など)
  2. 受取口座を確認できる書類の写し(通帳やキャッシュカードなど)
  3. 申請者の世帯の状況を確認できる書類の写し(戸籍謄本、住民票など)※筑紫野市内で同居の子を養育している場合は不要

 家計急変者の場合は、申請書とともに以下のいずれかを提出ください。※令和3年度市民税(均等割)が非課税の場合は提出不要
 収入で条件を満たさない場合でも、所得では条件を満たす場合があります。

  1. 収入額または所得額がわかる書類(給与明細書や年金振込通知書など)

記入要領

関連情報

厚生労働省ホームページ<外部リンク>

周知用チラシ(高校生のお子さんがいる方) [PDFファイル/648KB]
周知用チラシ(離婚・離婚協議中・DV避難の方) [PDFファイル/938KB]
周知用チラシ(公務員の方) [PDFファイル/141KB]

「子育て世帯生活支援特別給付金」に対する「振り込め詐欺」や「個人情報の搾取」にご注意ください!!

 ご自宅などに市町村から問い合わせを行うことがありますが、ATM(現金自動支払機)の操作をお願いすることや、支給のための手数料などの振り込みを求めることは絶対にありません。
 もし、不審な電話がかかってきた場合はすぐにお住まいの市町村や最寄りの警察署にご連絡ください。

Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)

皆さまのご意見をお聞かせください

お求めの情報が充分掲載されていましたでしょうか?
ページの構成や内容、表現はわかりやすかったでしょうか?
この情報をすぐに見つけられましたか?