ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > 分類でさがす > 観光・文化・スポーツ > 文化・スポーツ > 歴史博物館 > 市制施行50周年記念 冬の展示「筑紫野市のうつりかわり-街の変化と文化財-」展を開催します

本文

市制施行50周年記念 冬の展示「筑紫野市のうつりかわり-街の変化と文化財-」展を開催します

記事ID:0025525 更新日:2023年1月7日更新 印刷ページ表示

当館では、市制施行50周年を記念し、「本市の発展」をコンセプトに年間を通じて展示を行ってきました。本展はこれを締めくくる記念展示です。本市のうつりかわりを、宅地化や商業施設の建設などの開発に伴う遺跡の発掘調査をキーポイントに発掘調査で出土した遺物とともに紹介します。

併せて、甕棺墓を発見した様子を詳細に記録した江戸時代後期の文書 『鉾之記』初公開します!本物を見ることができる貴重な機会をぜひお見逃しなく!

各コーナーのご紹介

街の変化と文化財

地図で見る本市の発展

朝倉軌道

昔のくらし

吉木国民学校の資料からみる御笠村

 

写真
      企画展ポスター       

展示の様子

 小ケース展示の様子

「鉾之記」
  鉾之記

場所

歴史博物館 1階 企画展示室

会期

令和5年1月7日(土曜日)から3月31日(金曜日)
ただし、毎週月曜日は休館(月曜日が祝日の場合は開館し、翌平日が休館)

開館時間

9時から17時(入館は16時30分まで)

皆さまのご意見をお聞かせください

お求めの情報が充分掲載されていましたでしょうか?
ページの構成や内容、表現はわかりやすかったでしょうか?
この情報をすぐに見つけられましたか?