ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

本文

学びをつなぐ講座

記事ID:0003656 更新日:2021年6月30日更新 印刷ページ表示

 新型コロナウイルス感染症の今後の状況により、講座が中止または延期など、内容が変更になる場合があります。最新情報はこのホームページでお知らせします。(受講者には個別にハガキなどで案内します)

ハートを手に持つつくしちゃんのイラスト みんなで学ぶ人権・同和問題講座「実践編」です。
 同和問題を中心に、さまざまな人権学習を通して人権感覚を豊かに育み、人権啓発を行い、人権が尊重され、希望を持って幸せを求めることができるような社会への道筋を少しでも身近なものとするための実践的な学びの場です。

内容

基本テーマ:双方から「壁」を越えて

令和3年度「学びをつなぐ講座」講座内容
日時 学習テーマ
1 令和3年6月24日(木曜日)(※)、10時から12時まで 「俺たちゃ人間の腹から生まれた!」
 絵本「いのちの花」にこめられた願い・思い~「言葉の」淵まで、押し上げられて~
2 7月15日(木曜日)、10時から12時まで 「日本社会のマジョリティとマイノリティ」
 「被差別部落」の源流をめぐって~古代社会からの国民の〔貴・良・賤〕~
3 9月16日(木曜日)、10時から12時まで 「芽から花を出し、大空から日輪を出す歓喜よ!」
 「賤民廃止令」から「水平社結成」へ
4 10月21日(木曜日)、10時から12時まで 「雀百まで踊り忘れず!」
 「学び」は人間解放へ前進するための糧、栄養
5 11月18日(木曜日)、10時から12時まで 「はじめて部落問題という言葉を!」
 部落差別解消推進法(2016)の意義
6 令和4年1月20日(木曜日)、10時から12時まで 「双方から“壁”を越えて(1)」
 現代の「部落問題」の課題
7 2月17日(木曜日)、10時から12時まで 「双方から“壁”を越えて(2)」
 「部落」と「非部落」の人間らしい関係の回復をめざして

(※)第1回目の日程が、6月17日から6月24日に変更になりました。(緊急事態宣言に伴う開催日延期)

場所

筑紫野市生涯学習センター3階 学習室5(1回目の6月24日のみ視聴覚室)

参加費

無料

教材費

1,000円(初回にお支払いください)

講師

園田久子(福岡県人権研究所副理事長)

対象・定員

成人・40人

申し込み方法

令和3年5月6日(木曜日)から受け付け。生涯学習課まで電話で申し込みください。(講座開講後も申し込みは随時受け付けます)

申し込み・問い合わせ先

筑紫野市生涯学習課「学びをつなぐ講座」係
Tel 092-918-3535(代表),Fax 092-923-0416

注意事項

  • 入館の際はマスク着用、手指消毒をお願いします。
  • 申し込みの際にいただいた個人情報は、本セミナーの連絡および新型コロナウイルス感染症の感染防止対策のみに利用します。

皆さまのご意見をお聞かせください

お求めの情報が充分掲載されていましたでしょうか?
ページの構成や内容、表現はわかりやすかったでしょうか?
この情報をすぐに見つけられましたか?