ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > 分類でさがす > 子育て・教育 > 学校・教育 > 生涯学習 > 令和4年度以降の筑紫野市成人式の対象年齢について

本文

令和4年度以降の筑紫野市成人式の対象年齢について

記事ID:0014046 更新日:2021年6月16日更新 印刷ページ表示

 令和4年度以降の成人式は今までどおり「20歳の人」を対象に開催します。

参考

 令和4年度(令和5年1月開催予定)成人式対象者  
 平成14年4月2日から平成15年4月1日生まれ

主な理由

  • 成年年齢となる18歳を対象とした場合、対象者の多くが大学受験や就職準備など、将来に向けての進路選択にかかる重要な時期にあたり、時間的、精神的、経済的に余裕が少ない時期であることが考えられるため。
  • 飲酒や喫煙などは対象年齢が20歳であり、18歳ですべての権利が現在の成人と同等ではなく、引き続き20歳が重要な節目であると考えられるため。
  • 成人式の対象を現行どおり20歳とすることにより、進学や就職などで地元を離れた人が、成人式を機会に帰省し、同窓生や地域ボランティア等と交流することで、故郷の良さを再確認し、Uターン就職等の向上や地域活性化につながると考えられるため。

 

成年年齢引き下げ特設ウェブサイト「大人への道しるべ」について

 令和4年4月1日からの成年年齢の引き下げに伴い、法務省では、成年年齢引き下げ後に成年に達する学生・生徒等の若者を対象として、成年年齢の意義、契約やクレジットカードの仕組み、お酒やSNSとの適切な付き合い方など、「大人になるまでに知っておくべきこと」をマンガやクイズを通じて楽しく学べる成年年齢引き下げ特設ウェブサイト「大人への道しるべ」を開設しております。
 成年年齢引き下げ後に成年に達する学生の皆さんはぜひご覧ください。

大人になるために知っておきたい6つのこと

Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)

皆さまのご意見をお聞かせください

お求めの情報が充分掲載されていましたでしょうか?
ページの構成や内容、表現はわかりやすかったでしょうか?
この情報をすぐに見つけられましたか?