ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

本文

地区計画の届出について

記事ID:0002588 更新日:2020年11月30日更新 印刷ページ表示

手続きの流れ

地区計画の区域で建築等の工事を行うときは、工事に着手する日の30日前までに、設計図書などに所定の届出書と誓約書を添えて、筑紫野市に届け出てください。なお、建築確認申請を伴う場合は、確認申請前に届け出の手続きを行ってください。この届出は、地区計画で定めた内容に適合しているか確認を受けることになります。また、届出の内容を変更する場合も、同じ手続きが必要です。

手続きの流れ 画像

  1. 別途、開発等の協議が必要な場合があります。
  2. 筑紫野市の場合、地区計画の届出と建築確認申請の同時受付は行っていません。

届出に必要な書類(提出部数は2部)

※地区計画の内容に応じて、その他必要な資料を求めることがあります。

届出内容を変更するために必要な書類(提出部数は2部)

※地区計画の内容(面積や意匠など)を変更した場合も、再度届出の手続きが必要です。

前のページに戻る「地区計画制度」メイン画面へ移動します。

Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)

皆さまのご意見をお聞かせください

お求めの情報が充分掲載されていましたでしょうか?
ページの構成や内容、表現はわかりやすかったでしょうか?
この情報をすぐに見つけられましたか?