ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > 分類でさがす > 市政情報 > 広報広聴 > 広聴 > 「市政への提案」筑紫野市独自の支援策について

本文

「市政への提案」筑紫野市独自の支援策について

記事ID:0003844 更新日:2021年3月17日更新 印刷ページ表示

 回答内容や回答部署は、ご意見やご提案をいただいた時点のものであり、その後の制度などの変更により、現在の状況と内容が異なることがあります。ご了承ください。

提案内容

 新型コロナウイルス感染症に対して筑紫野市独自の支援策はありませんか。自営業をしており、社員や会社、家族を守らないといけません。
 (令和2年4月受付)

回答

 ご提案ありがとうございます。
 新型コロナウイルス感染症にかかる支援策については、国の緊急支援策である特別定額給付金や子育て世帯臨時特別給付金に加え、本市独自の支援策として、売り上げが大きく減少した地場企業を支援するための補助金や市民の雇用を守る中小企業のための補助金、ひとり親世帯への特別給付金、小中学生の家庭学習支援のための図書カードの支給などの検討を進めているところです。
(企画政策部 企画政策課)

その後の対応

 中小企業の皆様に向けた市独自の緊急支援策として、中小企業等緊急支援金、雇用調整推進奨励金の交付などを実施しました。また、追加支援策として家賃軽減支援事業や地域活性化商品券補助事業などを行っています。さらに国の持続化給付金、福岡県の持続化緊急支援金の申請について、筑紫野市商工会と合同で相談窓口を設置しました。

皆さまのご意見をお聞かせください

お求めの情報が充分掲載されていましたでしょうか?
ページの構成や内容、表現はわかりやすかったでしょうか?
この情報をすぐに見つけられましたか?