ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > 分類でさがす > 市政情報 > 広報広聴 > 広聴 > 「市政への提案」インフルエンザワクチン接種の補助について

本文

「市政への提案」インフルエンザワクチン接種の補助について

記事ID:0003836 更新日:2021年3月17日更新 印刷ページ表示

 回答内容や回答部署は、ご意見やご提案をいただいた時点のものであり、その後の制度などの変更により、現在の状況と内容が異なることがあります。ご了承ください。

提案内容

 インフルエンザワクチンについては、現在は65歳以上の人などに補助がありますが、集団生活を行う子どもたちにも補助を広げることを提案します。
 (令和2年7月受付)

回答

 ご提案ありがとうございます。
 インフルエンザワクチンは、予防接種法の定期接種として、65歳以上の人や60歳以上65歳未満で、心臓や腎臓、呼吸器の機能に障がいがあり、身の回りの生活を極度に制限される人、ヒト免疫不全ウイルスによる免疫の機能に障がいがあり、日常生活がほとんど不可能な人を対象に、予防接種にかかる費用の助成を行っています。インフルエンザは発病後、多くの人は1週間程度で回復しますが、高齢者や基礎疾患のある人は重症化する可能性が高く、その予防のために実施しています。
 筑紫野市では予防接種法に基づいて、定期接種として規定される対象疾病・対象者への予防接種を確実に実施しており、対象の拡大は困難と考えています。
 (健康福祉部 子育て支援課)

皆さまのご意見をお聞かせください

お求めの情報が充分掲載されていましたでしょうか?
ページの構成や内容、表現はわかりやすかったでしょうか?
この情報をすぐに見つけられましたか?