ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > 分類でさがす > 市政情報 > 広報広聴 > 広聴 > 「市政への提案」住所の大字表記について

本文

「市政への提案」住所の大字表記について

記事ID:0003835 更新日:2021年3月17日更新 印刷ページ表示

 回答内容や回答部署は、ご意見やご提案をいただいた時点のものであり、その後の制度などの変更により、現在の状況と内容が異なることがあります。ご了承ください。

提案内容

 市内の住所に大字が付く付かない地域がありますが、統一させて大字を無くしてはどうでしょうか。国が発行する車検証も省略して記載されており、郵便も省略して問題ありません。省略されてしまうものなら、廃止して市内の住所表記を統一してはどうでしょうか。
 (令和2年5月受付)

回答

 ご提案ありがとうございます。
 大字は、明治22年の市町村合併以前の村・町の区域を引き継いできたものとされ、大字表記の廃止は、一般的に市町村合併や区画整理事業、住居表示の実施を契機として行われています。
 本市でも区画整理事業や住居表示事業を実施する際に廃止した経緯がありますが、現在も約1万3千世帯に表記しています。大字の表記については、本市のまちづくりの方向性を踏まえて検討していきたいと考えています。
(市民生活部 市民課)

皆さまのご意見をお聞かせください

お求めの情報が充分掲載されていましたでしょうか?
ページの構成や内容、表現はわかりやすかったでしょうか?
この情報をすぐに見つけられましたか?