ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > 分類でさがす > 子育て・教育 > 妊娠・出産・子育て > 子どもの健診・予防接種 > 四種混合ワクチンについてのお知らせ

本文

四種混合ワクチンについてのお知らせ

記事ID:0003017 更新日:2020年11月30日更新 印刷ページ表示

 現在、一部の四種混合ワクチンの自主回収が行われています。
 該当するワクチンを接種された方で、抗体検査を希望される方は抗体検査(無料)を受けることができます。

 四種混合ワクチンには4種類の疾病(百日せき、ジフテリア、破傷風、ポリオ)に対する抗体が獲得できる有効成分が含まれており、この度、そのうちポリオの有効成分の抗原量が有効期間内に承認規格を下回ったため、製品の自主回収が行われています。該当のワクチンに関して、現時点で安全性に影響があったとする報告はなく、有効性に関しても問題ないとされています。

 ただし、該当のワクチンを接種された方でワクチンの有効性に不安を感じ、抗体検査(抗体が獲得できているかの確認)を希望される方は、抗体検査(無料)を受けることができます。抗体検査の結果、ポリオの追加免疫が必要と判断された場合は、不活化ポリオの予防接種を受けることができます。

下記の該当ワクチンを接種した方で、抗体検査を希望される場合は、接種を受けた医療機関またはかかりつけ医など、お近くの医療機関へお問い合わせください。

該当ワクチン

ロット番号が

  • 「4K23A」(製造年月日 2017年3月9日)
  • 「4K23B」(製造年月日 2017年3月10日)
  • 「4K23C」(製造年月日 2017年3月11日)
  • 「4K24A」(製造年月日 2017年5月10日)
  • 「4K24B」(製造年月日 2017年5月11日)
  • 「4K24C」(製造年月日 2017年5月12日) のワクチン

※接種したワクチンのロット番号は母子手帳などで予防接種の記録をご確認ください。

抗体検査をご希望の方

 抗体検査を希望される方は、接種を受けた医療機関またはかかりつけ医など、お近くの医療機関へお問い合わせください。
 より確実に検査結果を評価するため、また、ほかの定期予防委接種のスケジュールへの影響を考慮して、四種混合ワクチンの4回接種完了後4週以降に抗体検査を実施することがおすすめされています。

四種混合ワクチンの自主回収についての詳細

 下記をご参照ください。

「テトラビック皮下注シリンジ」一部ロットの製品(製造番号4K23及び4K24)自主回収のお詫びとご協力のお願い[PDFファイル/95KB]

Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)

皆さまのご意見をお聞かせください

お求めの情報が充分掲載されていましたでしょうか?
ページの構成や内容、表現はわかりやすかったでしょうか?
この情報をすぐに見つけられましたか?