ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > 分類でさがす > 健康・福祉 > 医療・健康・福祉 > 健診・予防接種 > 新型コロナワクチン集団接種会場におけるワクチン製造番号シールの貼り間違えについて

本文

新型コロナワクチン集団接種会場におけるワクチン製造番号シールの貼り間違えについて

記事ID:0021281 更新日:2022年5月26日更新 印刷ページ表示

本市の集団接種会場におきまして、実際に使用したワクチンの製造番号とは異なる番号が記載されたシールを予防接種済証に貼付していたことが判明しました。

対象となるのは、令和4年5月21日(土曜日)カミーリヤで14時から17時までの間にモデルナ社製ワクチンを接種した123人です。

そのうち14時00分から15時10分までの間に接種を受けた52人については、当日使用する予定のワクチンの製造番号とは異なる製造番号のワクチンが混在していたため、2つの製造番号のうちどちらのワクチンを接種したか特定できない状況となっております。

なお、当日使用したワクチンはすべて有効期限内のものであり、ワクチンの取り扱いや保管は適切に行っておりますので、今回のことが原因でワクチンの効力および健康への影響はありません。

このことにつきまして、対象者の皆様にご迷惑をおかけしましたことを深くお詫び申し上げます。

対象者の皆様には、準備が整い次第、お詫びの文書をお送りするとともに、新たな予防接種済証を郵送させていただきます。

今後、このようなことがないよう、職員による確認作業の徹底を行い再発防止に努めてまいります。

 

【概要】
接種時間(※1) 接種者数 【誤】製造番号 【正】製造番号 対応内容

14時00分から

15時10分まで

52人 000021A

000021Aまたは

000211Aのいずれか

2つの製造番号を併記した

予防接種済証を発行します(※2)

15時10分から

17時00分まで

71人 000021A 000211A

正しい製造番号を記載した

予防接種済証を発行します

 (※1)接種時間とは、実際にワクチンを接種した時間であり、受付時間ではありません。

 (※2)接種証明書アプリでは、システムの関係上、1種類の製造番号しか表示されませんが、問題ございません。

 

 

皆さまのご意見をお聞かせください

お求めの情報が充分掲載されていましたでしょうか?
ページの構成や内容、表現はわかりやすかったでしょうか?
この情報をすぐに見つけられましたか?