ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > 分類でさがす > 健康・福祉 > 医療・健康・福祉 > 健診・予防接種 > <集団接種>筑紫野市の接種スケジュール

本文

<集団接種>筑紫野市の接種スケジュール

記事ID:0012984 更新日:2021年8月27日更新 印刷ページ表示

筑紫野市の接種スケジュール

本市では、下表「接種スケジュール」のとおり、優先順位を定めて実施しています。

接種スケジュールの表(年齢は、令和4年3月31日時点の満年齢です)
接種順位 対象者 予約開始日
1 医療従事者など(注1) 予約受付中
2 65歳以上の人で高齢者施設等の入所者や従事者 実施できる体制が整った施設から、順次、各施設で実施中
65歳以上の人 予約受付中
3 64歳以下の基礎疾患がある人(注2) 予約受付中
64歳以下の高齢者施設等従事者(通所・訪問系を含む)(注3)
64歳以下の区長、民生委員・児童委員(注4)
60歳から64歳の人
4 重度障がい者(児)や医療的ケア児を在宅で介護している家族(注5) 予約受付中
妊婦とその夫やパートナー 予約受付中
5 55歳から59歳 予約受付中
50歳から54歳 予約受付中
45歳から49歳 予約受付中
40歳から44歳 予約受付中
30歳から39歳 予約受付中
12歳から29歳(注6)

8月31日(火曜日)9時

※ワクチンの入荷量等により、日程は変更になる場合があります
※接種する日に12歳以上の人が対象です

(注1)医療従事者など

新たに医療従事者になる人や、個別の事情により優先接種期間中に接種ができなかった人は、優先的に予約を受け付けます。
希望する人は、コールセンターにて予約をお願いします。
※優先接種の対象者は、インターネットからの予約受付はできません。

医療従事者の確認について

医療従事者であることを示すものを当日接種会場にお持ちください。

医療従事者の範囲

 医療従事者等の範囲について [PDFファイル/910KB]

(注2)64歳以下の基礎疾患がある人

64歳以下の基礎疾患がある人は、優先的に予約を受け付けます。
希望する人は、コールセンターにて予約をお願いします。
※優先接種の対象者は、インターネットからの予約受付はできません。

基礎疾患の確認について

基礎疾患は、基本的にご本人による申告です。
基礎疾患を証明する診断書などの提出は不要ですが、予診票に疾患名をご記入ください。
※基礎疾患に該当するかどうかは市やコールセンターで判断することはできません。ご不明な場合は事前にかかりつけ医にご相談ください。

「基礎疾患を有する人」とは

1.以下の病気や状態の人で、通院・入院している人
  • 慢性の呼吸器の病気
  • 慢性の心臓病(高血圧を含む。)
  • 慢性の腎臓病
  • 慢性の肝臓病(肝硬変など)
  • インスリンや飲み薬で治療中の糖尿病または他の病気を併発している糖尿病
  • 血液の病気(ただし、鉄欠乏性貧血を除く。)
  • 免疫の機能が低下する病気(治療中の悪性腫瘍を含む。)
  • ステロイドなど、免疫の機能を低下させる治療を受けている
  • 免疫の異常に伴う神経疾患や神経筋疾患
  • 神経疾患や神経筋疾患が原因で身体の機能が衰えた状態(呼吸障害など)
  • 染色体異常
  • 重症心身障がい(重度の肢体不自由と重度の知的障がいが重複した状態)
  • 睡眠時無呼吸症候群
  • 重い精神疾患(精神疾患の治療のため入院している、精神障害者保健福祉手帳を所持している、または自立支援医療(精神通院医療)で「重度かつ継続」に該当する場合)や知的障がい(療育手帳を所持している場合)
2.基準(BMI30以上)を満たす肥満の人
  • BMI30の目安:身長170センチメートルで体重約87キログラム、身長160センチメートルで体重約77キログラム
  • BMI30の体重は、身長(メートル)×身長(メートル)×30で計算できます

(注3)64歳以下の高齢者施設等従事者(通所・訪問系を含む)

64歳以下の高齢者施設等従事者(通所・訪問系を含む)は、優先的に予約を受け付けます。
希望する人は、コールセンターにて予約をお願いします。
※優先接種の対象者は、インターネットからの予約受付はできません。

高齢者施設等従事者の確認について

高齢者施設等の従事者が優先的に接種を受けるためには、勤務先の高齢者施設等から発行された証明書(指定様式)が必要です。
証明書は、当日接種会場にお持ちください。

証明書(指定様式)はこちら [Wordファイル/17KB]

高齢者施設等従事者の範囲

下記の施設の職員で、利用者と直接接する人

  • 介護老人福祉施設、地域密着型介護老人福祉施設入所者生活介護、介護老人保健施設、介護療養型医療施設、介護医療院
  • 特定施設入居者生活介護、地域密着型特定施設入居者生活介護、認知症対応型共同生活介護  
  • 養護老人ホーム、軽費老人ホーム、有料老人ホーム            
  • サービス付き高齢者向け住宅      
  • 生活支援ハウス

※上記施設のほか、通所系・訪問系サービス事業所の従事者も含みます。
※65歳以上の高齢者が入所・居住する障がい者施設において、利用者に直接接する職員についても、高齢者施設従事者として優先的に接種を受けることができます。(通所系・訪問系サービス事業所等の従事者も含みます。)

(注4)64歳以下の区長、民生委員・児童委員

64歳以下の区長、民生委員・児童委員は、優先的に予約を受け付けます。
希望する人は、コールセンターにて予約をお願いします。
※優先接種の対象者は、インターネットからの予約受付はできません。

(注5)重度障がい者(児)や医療的ケア児を在宅で介護している家族

次の人を在宅で介護している家族は、優先的に予約を受け付けます。

  • 重度障がい者(児)…身体障害者手帳 肢体不自由 1級、2級かつ療育手帳A
  • 医療的ケア児…人工呼吸器や胃ろう、たんの吸引や経管栄養等の特別な医療を受けてる児童

希望する人は、コールセンターにて予約をお願いします。
※優先接種の対象者は、インターネットからの予約受付はできません。

(注6)16歳未満の人のワクチン接種について

下記の留意点を事前にご確認のうえ、接種を受けてください。
16歳未満の人がワクチン接種を受ける場合の留意点はこちら

 

筑紫野市内に所在する子どもに関わる施設等の従事者の接種について

 筑紫野市内に所在する子どもに関わる施設等(小中学校、高等学校、保育所、幼稚園、学童保育所、障がい者施設等)の従事者については、市独自の優先接種を実施しています。対象となる施設には、市から通知を発送していますので、通知をご確認ください。

 

集団接種でワクチンの余りが出た場合の取り扱いについて

 本市では、新型コロナワクチンの接種予約がキャンセルされた等の理由で、接種日当日にワクチンの残余が生じた場合は、「新型コロナ対策業務統括者」、「集団接種会場の予防接種業務従事者」、「新型コロナ対策業務、危機管理・災害対策業務および窓口業務に従事する行政職員」、「高齢者と業務上接触する機会の多い者」、「その他の市長が特に必要と認める者」に接種を行い、廃棄することなく活用します。

 

Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)

皆さまのご意見をお聞かせください

お求めの情報が充分掲載されていましたでしょうか?
ページの構成や内容、表現はわかりやすかったでしょうか?
この情報をすぐに見つけられましたか?