ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > 分類でさがす > 市政情報 > 広報広聴 > 広聴 > 市長の部屋 > 第93回移動市長室(令和元年9月)

本文

第93回移動市長室(令和元年9月)

記事ID:0003157 更新日:2020年11月30日更新 印刷ページ表示

輝 ~仲間と向き合い、高め合う~

概要
日時 令和元年9月27日(金曜日) 15時30分から17時まで
対象 筑山中学校生徒会役員
場所 筑山中学校 会議室
内容 懇談90分
参加者 団体9人、市7人

 通算93回目となる移動市長室を、9月27日(金曜日)に筑山中学校会議室で開催し、筑山中学校生徒会の役員9人と懇談を行いました。

 筑山中学校は、生徒数が549人、校訓「自学・友愛・実践」のもと、生徒会を中心に執行部以下、各専門委員会、部活動など日々の活動を行っています。
 第73期生徒会スローガンは「輝~仲間と向き合い、高め合う~」。一人ひとりが輝くために、仲間の気持ちを考え、お互いに切磋琢磨することを目標として設定されました。

 筑山中では生徒の基本姿勢として「聴く・あ・じ・み・そ」を掲げています。「あじみそ」とは、あいさつ、時間を守る、身だしなみ、掃除の頭文字を取った言葉です。
 これらを意識して、生徒会では、あいさつ運動やチャイム席の呼びかけ、無言清掃などに取り組んでいます。継続して活動したことにより、少しずつ成果が出てきたと報告がありました。

 「世界一人権を大切にする学校」をめざし、その一環として行われているのが「KIZUKIの時間」です。これには、人権や平和について「気付く」、人権を大切にした学校を「築く」という二つの意味が込められています。人権・平和委員が中心となって学校と相談しながら企画を考え、発信しています。生徒も「人権や平和について考える時間が多く、筑山中の生徒でよかったと思います」と誇りを持っていました。

 生徒会活動を通して自分が変わったと思うことを尋ねると、生徒からは、人前で自信を持って話せるようになった、言われてからでなく自分で先のことを考えて行動できるようになった、人に伝える力がついた、などの回答がありました。堂々と答える姿からは、生徒会活動を通して培ってきた自信が垣間見えるようでした。

 最後に、市の取り組みについて説明しました。生徒会の皆さんからは、市長に対してや、市政に関する質問がありました。市長からは、市民の皆さんの声をよく聞くこと、財源を確保すること、そうしてやり遂げた事業で筑紫野市がよりよくなっていくことを目指しています、と回答しました。

 中学生の皆さんの若く、熱い意見をいただき、大変参考になりました。懇談の中での意見は、今後の市政に生かしていきます。

移動市長室のようす

移動市長室のようす2

移動市長室のようす3

移動市長室のようす4

集合写真

市長の一言

藤田市長

 まず皆さんのあいさつの素晴らしさに驚きました。そして黒川生徒会長のもと、生徒会の皆さんが強い結束でまとまっていると感じました。
 生徒会のスローガン「輝」を達成していくため、今後とも生徒会が中心となって活動されること、そして皆さんのその誇りを後輩へと引き継いでいただき、今以上に活発な生徒会活動へ発展していくことを心から期待しています。
 私自身も皆さんに負けない熱い心、「輝」を持ってこれからの市政に取り組んでいきたいと思います。

議事録

議事録[PDFファイル/335KB]

あいさつ動画

Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)

皆さまのご意見をお聞かせください

お求めの情報が充分掲載されていましたでしょうか?
ページの構成や内容、表現はわかりやすかったでしょうか?
この情報をすぐに見つけられましたか?