ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > 分類でさがす > 市政情報 > 広報広聴 > 広聴 > 市長の部屋 > 第90回移動市長室(令和元年5月)

本文

第90回移動市長室(令和元年5月)

記事ID:0002861 更新日:2020年11月30日更新 印刷ページ表示

本でつながる居場所づくりをめざして

概要
日時 令和元年5月23日(木曜日) 10時から11時30分
対象 はらっぱの会
場所 筑紫南コミュニティセンター 会議室
内容 懇談90分
参加者 団体16人、市9人

懇談の内容

 通算90回目の移動市長室を開催し、はらっぱの会の会員16人と懇談を行いました。

 はらっぱの会は、市の委託で筑紫南コミュニティセンターの図書室を運営するほか、絵本の読み聞かせなどの活動をするボランティア団体です。平成30年度には「福岡県青少年健全育成対策推進本部顕彰」と「福岡県教育文化表彰」を受けるなど、その活動の功績が広く認められました。
 平成24年4月以来2度目となる今回の懇談では、「本でつながる居場所づくりをめざして」をテーマに、多岐にわたる活動の紹介や意見交換、おはなし会の見学などを行いました。

 平成20年に市の委託を受けて図書室の運営、読書活動の推進に取り組み、委託が始まった当初から比べて、利用者数・貸出冊数ともに約2倍から3倍と大きく伸びたこと、地域の居場所として雰囲気づくりを意識していることが報告されました。

 また、月3回のおはなし会をはじめとする、本に興味を持ってもらうためのさまざまな取り組みの紹介がありました。活動は図書室だけに留まらず、近隣の公民館などへの出張おはなし会も実施しているとのことです。

 近年は、地域交流や子育て支援に関する活動にも力を入れており、イクジイ・イクメンのおはなし会や、筑紫南コミュニティ運営協議会と連携して人形劇を開催。また、春の子ども祭りにも参加し、紙芝居を行うなどしています。会員にとっても、子どもたちと関わることが活動のモチベーションになっているなどの感想が挙がりました。
 これからも「やれる人が、やれるときに、やれることをやる」をモットーに、会員一人ひとりがいきいきと活動できる会でありたいと抱負を語られました。

 盛んな意見交換を行い、交流を深めることができました。いただいた貴重なご意見は、今後の市政に生かしていきます。

本でつながる居場所づくりをめざしての画像1
本でつながる居場所づくりをめざしての画像2
本でつながる居場所づくりをめざしての画像3
本でつながる居場所づくりをめざしての画像4
本でつながる居場所づくりをめざしての画像5
本でつながる居場所づくりをめざしての画像6

市長の一言

市長の一言の画像

 お話を聞く中で、皆さんはこのはらっぱの会で自分づくりをしてある、人づくりをしてある、そして生きがいづくりをしてあると強く感じました。代表を中心に、この素晴らしい結束力と豊かな人間愛で、子育て、地域づくり、まちづくりにご貢献をいただければ、市長としてこの上のない喜びであります。
 本当にありがとうございました。

議事録

議事録[PDFファイル/359KB]

あいさつ動画

Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)

皆さまのご意見をお聞かせください

お求めの情報が充分掲載されていましたでしょうか?
ページの構成や内容、表現はわかりやすかったでしょうか?
この情報をすぐに見つけられましたか?