ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > 分類でさがす > 市政情報 > 広報広聴 > 広聴 > 市長の部屋 > 第78回移動市長室(平成30年3月)

本文

第78回移動市長室(平成30年3月)

記事ID:0002145 更新日:2020年11月30日更新 印刷ページ表示

地域に根差した伝統文化の継承について

概要
日時 平成30年3月22日(木曜日)14時から15時35分
対象 山家岩戸神楽保存会
場所 山家コミュニティセンター
内容 懇談95分
参加者 団体10人、市7人

 通算78回目となる移動市長室を開催しました。山家岩戸神楽保存会と懇談を行い、森木会長をはじめ10人の会員の皆さんに出席していただきました。

 筑紫野市指定無形民俗文化財である山家岩戸神楽は、山家岩戸神楽保存会により継承、保存されています。保存会の現在の会員数は20人、毎年10月17日の山家宝満宮への神楽奉納をはじめ、伝統文化の継承並びに後進の育成に努める活動を行っています。現在、命割(みことわり)(演目)は、18番のうち13番が奉納されています。

 懇談では、山家岩戸神楽保存会の成り立ちや現在の活動状況などの報告を受け、意見交換を行いました。
 山家岩戸神楽は、山家宝満宮に伝わるもので、国家安泰や五穀豊穣を願い、宮座の日にあたる毎年10月17日に奉納されます。その起源は古く、弘治(こうじ)3年(1557年)には奉納されていたという記録が残っています。社家神楽として神職だけで舞われていましたが、明治以降は神職による維持が困難になり、山家岩戸神楽社として宮座で神楽を継承してきました。戦中・戦後、継承者の高齢化や衣装・道具の老朽化などで存亡の危機があったものの、昭和49年に神楽面の奉納があったことをきっかけに継続を決め、現在に至ります。筑紫野市唯一の郷土芸能であることから、昭和51年4月16日に筑紫野市無形民俗文化財に指定されました。平成4年に神楽社から山家岩戸神楽保存会に改組し、山家住民から広く会員を募集することとしました。

 地元の山家小学校では、地域の伝統文化を学ぶため神楽の勉強をしていましたが、平成14年ごろから創作神楽に取り組むようになり、保存会が舞や道具作りの指導を行ったこと、平成17年には小学校のクラブ活動として山家岩戸神楽クラブが開設され、その指導を行うようになったこと、学ぶだけでなく学習成果発表の場として10月17日の奉納を神楽クラブの児童が行うようになったことなどの報告がありました。さらに、平成26年度から長崎街道筑前六宿子どもサミットに山家小学校が参加、各校が郷土の歴史や祭りを紹介する中で山家小学校では神楽を発表し、保存会がそれらの支援をすることで神楽クラブの児童以外にも伝えることができているとの報告がありました。
 また、平成20年から小学3年生社会科で伝統文化の継承を伝える授業として山家小学校以外の小学校にもゲストティーチャーとして指導に行くようになったこと、長年にわたる活動により平成28年度福岡県青少年健全育成対策推進本部長顕彰を受賞したことなどが紹介されました。


 その後、参加者の思いを話していただき、交流を深めました。神楽クラブから継続参加している中学生の会員からは、「地域の文化である神楽をやってみたいと思った」「神楽を舞った後、上手だったと褒めてもらえるのがうれしい」「夜の練習は塾などもあって大変だったけど、やさしく指導してくれて楽しかった」「大人と一緒に活動することで学ぶことも多いし、小学生の指導をすることで自分のためになってよかった」などの発言がありました。その他にも、「親がやっていたのを見ていて自分も関わるようになったが日々勉強である」「山家を離れたとしても山家には神楽があって友人が続けているという認識を持ってもらえるようになればうれしい」「三世代に渡る会員が1つのことに向かって取り組むのが楽しい」「神楽奉納は季節の風物詩であり、それを地域で見守って応援する一体感がある」など、たくさんの意見を伺うことができました。

 最後に、市からの施策報告として、予算や第五次総合計画の事業についての報告と山家が長崎街道や宝満山への祈りの道として物心両面で交通の十字路であったという歴史的な解説などを行い、出席者で認識を深めることができました。
 懇談の中でのご意見は、今後の市政に生かしてまいります。

移動市長室の様子その1
移動市長室の様子その2
移動市長室の様子その3
移動市長室の様子その4
移動市長室の様子その5
移動市長室の様子その6
移動市長室の様子その7
移動市長室の様子その8
移動市長室の様子その9

市長の一言

移動市長室の様子その10

 歴史、文化を地元でずっと保存しながら守り続け、そして、後世に継承していく努力が皆さんの心の中にしっかりと根付き、育ててきていただいているという様子がよく分かりました。今、取り組みを行っているコミュニティの中にも、地域の大切にしている思いを大事にさせていただきながら、発展に結びつけていくような行政を進めていきたいと感じました。
 皆さん方の貴重な経験の中から、山家に長く伝わる山家岩戸神楽の文化や思い、心についてのお話を聞かせていただいたことに心から感謝申し上げます。本日は誠にありがとうございました。

議事録

 懇談会の議事録はこちらからご覧ください。[PDFファイル/273KB]

あいさつ動画

Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)

皆さまのご意見をお聞かせください

お求めの情報が充分掲載されていましたでしょうか?
ページの構成や内容、表現はわかりやすかったでしょうか?
この情報をすぐに見つけられましたか?