ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > 分類でさがす > 市政情報 > 広報広聴 > 広聴 > 市長の部屋 > 第6回移動市長室(平成24年2月)

本文

第6回移動市長室(平成24年2月)

記事ID:0001748 更新日:2020年11月30日更新 印刷ページ表示

第6回移動市長室 ~地域振興について~

概要
日時 平成24年2月3日(金曜日) 14時から15時15分
対象 御笠振興会
懇談会の場所 御笠コミュティセンター会議室
内容 懇談(75分)
懇談会の参加者 団体16人、市6人

 第6回目となる移動市長室を御笠コミュニティセンターにて開催し、御笠振興会との懇談を行いました。
 御笠振興会は、昭和44年に会を発足されて以来、今日まで御笠地区の発展と幸福を願われ、住みやすい、住み続けたい地域にするための事業活動を行っています。
 懇談では、安全防犯・自然環境・文化遺産・地産地消の4部会の活動のほか、新米フェア・みかさの朝市・市民文化祭・自主制作映画『宝満山の恵み』などの主な全体活動の状況について、パネル展示なども活用しながら熱心な説明をいただきました。
 また、森木会長からは、宝満山の遺跡の公的活用と保存に関する取り組みについてのご意見もいただきました。この件については、平成23年6月議会において、「宝満山の遺跡の公的活用と保存に関する請願」が採択されており、国指定に向けて県や太宰府市とも協議を行うなど連携した取り組みを行っています。
 懇談会でうかがった大切な提案や意見は、可能なものについては実施に向けて検討を進めるとともに、今後の市政に生かしてまいります。

移動市長室の様子その1

移動市長室の様子その2

市長の一言

移動市長室の様子その3

 長時間にわたる懇談の中、御笠地区のまちづくりに向けた話を直接にお聞ききし、御笠振興会の皆さま方の熱い思いが伝わってまいりました。
 御笠地区は、宝満山をはじめとする山々に抱かれ、宝満川を主流とする清らかな水に恵まれた山紫水明の地です。その豊かな自然を護り、また、防犯・史跡保存・農業の振興・地産地消の推進など、御笠地区の振興のために御笠振興会の皆さまが大変なご苦労をいただいていることに、心からの敬意と感謝を申し上げます。
 いずれの活動についてもそれぞれ課題はあるとのことですが、遊歩道の保全整備・散策道の整備強化・「みかさの朝市」等の計画的な開催など、課題の解決に向け、自分達の今後の方向性をはっきりと持っておられることに感服しました。
 今後とも、市政全般にわたりまして、今まで同様にご理解とご協力をいただきますようお願いいたします。

議事録

 懇談会の議事録はこちらからご覧ください。[PDFファイル/140KB]

 

Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)

皆さまのご意見をお聞かせください

お求めの情報が充分掲載されていましたでしょうか?
ページの構成や内容、表現はわかりやすかったでしょうか?
この情報をすぐに見つけられましたか?