ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > 分類でさがす > 市政情報 > 広報広聴 > 広聴 > 市長の部屋 > 第10回移動市長室(平成24年5月)

本文

第10回移動市長室(平成24年5月)

記事ID:0001414 更新日:2020年11月30日更新 印刷ページ表示

障害者への支援について

概要
日時 平成24年5月17日(木曜日) 14時から16時
対象 天心園
懇談会の場所 天心園内会議室
内容 視察(60分)懇談(60分)
懇談会の参加者 団体4人、市10人

 10回目となる移動市長室を天心園で開催し、関連施設の見学と懇談を行いました。
 天心園は、障がいのある人に食事や入浴など必要な介護および日常生活の支援などの障害福祉サービスを提供しているほか、社会生活への適応や生活習慣の確立のための生活訓練、各種職業訓練を実施するなど、地域で自立した生活をおくることを目的とした支援サービスも行っています。
 この日の移動市長室では、ケアホーム「原田ホーム」とパン工房「PANNE(パンネ)」、そして「天心園」を見学し、設備や利用者の方々が明るく元気に活動している姿を見ることができました。
 懇談会には、天心園の千代田園長をはじめとした職員4人に出席していただきました。懇談では、利用者の高齢化や、福祉制度の矛盾や疑問点、現場での苦労や悩みなどについて、意見交換を行いました。
 懇談でうかがった大切な提案や意見は、可能なものについては実施に向けて検討を進めるとともに、今後の市政に生かしてまいります。

移動市長室の様子その1
移動市長室の様子その2

市長の一言

 今回の訪問を通して、天心園も、利用者の方々も、さまざまな活動をされているということを改めて知ることができました。
 本日は、原田のケアホームやパン工房等を見せていただきました。利用者への職員の細やかな気配りと目配りによって、非常に住みやすい環境作りがされていることに感銘を受けました。
 天心園は、障害者が地域の中で暮らせるようにするための活動に積極的に取り組んでいらっしゃいます。職員の皆様の利用者に対する考えが、家族に対するように温かみがあり、利用者もそれに応じて、自立に向けてとても努力されています。こういったことは、非常にすばらしいことだと感じております。
 国の法や制度改正が行われていくなかで、今までとは違った課題や利用者への支援の必要があるとのことで、市としましては、お手伝いできることがあるならば、協力のできる範囲で尽力させていただきたいと考えています。
 千代田園長をはじめ、天心園の皆様、ありがとうございました。

 

議事録

 懇談会の議事録はこちらからご覧ください。[PDFファイル/223KB]

あいさつ動画

Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)

皆さまのご意見をお聞かせください

お求めの情報が充分掲載されていましたでしょうか?
ページの構成や内容、表現はわかりやすかったでしょうか?
この情報をすぐに見つけられましたか?