ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > 分類でさがす > 市政情報 > 広報広聴 > 広聴 > 市長の部屋 > 第14回移動市長室(平成24年9月)

本文

第14回移動市長室(平成24年9月)

記事ID:0001411 更新日:2020年11月30日更新 印刷ページ表示

青少年の健全育成について

概要
日時 平成24年9月28日(金曜日) 10時から11時
対象 筑紫野市青少年育成市民会議
懇談会の場所 生涯学習センター1階 会議室
内容 懇談(60分)
懇談会の参加者 団体9人、市7人

 第14回目となる移動市長室を生涯学習センターの会議室で開催し、筑紫野市青少年育成市民会議と懇談を行いました。青少年育成市民会議からは、近本顧問や久原会長をはじめとした9人の役員・事務局員の皆様に出席していただきました。
 青少年育成市民会議は市内44の機関・団体および6人の個人会員で組織されており、青少年の健全育成を図るために定期的に会議や研修会などを開催し、加盟機関・団体間の情報共有や会員の資質向上などに積極的に取り組んでいます。また、中高生の意見表明の場として市民フォーラムを実施してあり、青少年の真摯な考えや態度を広く市民に伝えています。
 懇談では、市民フォーラムへの参加者が少ないため、もっと多くの市民が参加できるように市民フォーラムの実施日を変更したり、参加者を増やすために呼びかけをするなどの努力をしていることを聞かせていただきました。
 また、青少年健全育成団体との連携・協働の促進が課題であるため、電話相談員や児童相談所等との密接な関係づくりをすすめていこうとしてあり、青少年の健全育成のために積極的に取り組もうとする意思が伝わってきました。

懇談会でうかがった大切な意見は、今後の市政に生かしてまいります。

移動市長室の様子その1
移動市長室の様子その2
移動市長室の様子その3

市長の一言

移動市長室の様子その4

 「大人が変われば子どもも変わる」というテーマのもとで積極的に活動している筑紫野市青少年育成市民会議は、本市の青少年健全育成を推進するにあたって、なくてはならない素晴らしい団体だと感じました。
 筑紫野市青少年育成市民会議は34年の歴史を持っております。社会情勢の変化によって、大きく変わってきている青少年をとりまく環境の変化を踏まえながら、多くの団体を一つにまとめ、どのようにしたら青少年の健全育成につながる取り組みができるかを考え、活動をされてきております。
 本日は活動内容の報告だけではなく、抱えている課題に対する取り組みの状況についてもお聞かせいただき、皆様の青少年健全育成に対する熱意を感じました。
 市といたしましても、青少年の健全育成に取り組むうえで、本日の懇談でお聞かせいただいたことを役立てていきます。

議事録

 懇談会の議事録はこちらからご覧ください。[PDFファイル/202KB]

 

Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)

皆さまのご意見をお聞かせください

お求めの情報が充分掲載されていましたでしょうか?
ページの構成や内容、表現はわかりやすかったでしょうか?
この情報をすぐに見つけられましたか?