ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > 分類でさがす > 市政情報 > 広報広聴 > 広聴 > 市長の部屋 > 第16回移動市長室(平成24年11月)

本文

第16回移動市長室(平成24年11月)

記事ID:0001409 更新日:2020年11月30日更新 印刷ページ表示

地元農産物の振興について

概要
日時 平成24年11月6日(火曜日) 14時から15時20分
対象 筑紫野市農業女性グループ協議会
懇談会の場所 JA筑紫 物流(資材)配送センター2F 会議室
内容 懇談(80分)
懇談会の参加者 団体12人、市9人

 第16回目となる移動市長室をJA筑紫物流(資材)配送センター会議室で開催し、筑紫野市農業女性グループ協議会と懇談を行いました。同協議会からは、楢木美智子会長をはじめとした12人の役員・会員の皆さんに出席していただきました。
 筑紫野市農業女性グループ協議会には現在6グループ(双葉会、五月会、つくし会、ひまわり会、山家の宿、農事組合法人山口農産)が加盟しています。
 主な活動として「農業女性と消費者のつどい」を毎年開催しています。地元農産物のおいしさを知ってもらい、地域の食文化を育むとともに消費拡大へつなげようとするもので、自ら生産した農産物を食材に、がめ煮などの郷土料理を消費者と一緒に調理しながら、意見交換をしています。
 そのほかにも農業経営者意識を高めるとともに食の大切さの認識をさらに深めるため、「先進地視察研修」などを実施しています。
 懇談では、筑紫野市農業女性グループ協議会の活動内容をスライドを使って分かりやすく説明していただきました。また、活動当初に比べると会員数が減っていること、会員の高齢化が進んでいること、後継者問題などの課題や、市から協議会への支援継続、市主催イベントへの出店などの要望について意見交換を行いました。

 懇談会でうかがった大切な提案や意見は、可能なものについては実施に向けて検討を進めるとともに、今後の市政に生かしてまいります。

移動市長室の様子その1
移動市長室の様子その2
移動市長室の様子その3

市長の一言

移動市長室の様子その4集合写真

 筑紫野市農業女性グループ協議会の皆さんには、日頃から安心安全な農産物の生産、地産地消の推進などの活動を継続していただき、心から感謝申し上げます。
 本日の移動市長室を通して、皆さんが御自分の生産する農産物に自信を持ち、地元農産物の美味しさや安全性を多くの人に知ってもらうために、さまざまな工夫や活動をされていることを知ることができました。
 活動の一つである「農業女性と消費者のつどい」は、次で第24回目となります。ぜひ私も参加させていただき、消費者と直接意見を交換しながら、より良い農産物を生産しようとする取り組みの様子を拝見させていただきたいと思っております。
 筑紫野市農業女性グループ協議会の皆さんには、地元農産物の消費拡大にこれからも御協力いただきますようお願いいたします。

議事録

 懇談会の議事録はこちらからご覧ください。[PDFファイル/244KB]

 

Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)

皆さまのご意見をお聞かせください

お求めの情報が充分掲載されていましたでしょうか?
ページの構成や内容、表現はわかりやすかったでしょうか?
この情報をすぐに見つけられましたか?